電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

非線形問題研究会 (NLP)  (2016年度)

専門委員長 安達 雅春 (東京電機大)  副委員長 高橋 規一 (岡山大)
幹事 坪根 正 (長岡技科大), 山内 将行 (広島工大)
幹事補佐 橘 俊宏 (湘南工科大), 木村 真之 (京大)

「from:2016-10-27 to:2016-10-27」による検索結果

[非線形問題研究会ホームページへ] 
講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・昇順)
 20件中 1〜20件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CAS, NLP
(共催)
2016-10-27
09:30
東京 日立中央研究所 ダイナミックバイナリーニューラルネットのスパース化について
青木俊祐佐藤龍直斎藤利通法政大
動的バイナリーニューラルネットワーク(DBNN) の学習と動作解析について考察する.本ネットワークは様々な2 値周期軌道... [more] CAS2016-38 NLP2016-64
pp.1-4
CAS, NLP
(共催)
2016-10-27
09:55
東京 日立中央研究所 電化製品の稼働状況を考慮した電力線通信パラメータの最適化
保井俊祐神尾武司高野瑛菜藤坂尚登広島市大
電力線通信(PLC)はスマートグリッドを支える通信方式の1つであり,既存の電力線を使用できるため,その導入コストが極めて... [more] CAS2016-39 NLP2016-65
pp.5-10
CAS, NLP
(共催)
2016-10-27
10:20
東京 日立中央研究所 アナログ1Dマップに基づく簡素なデジタルマップの解析
草野弘之斎藤利通法政大
アナログマップを離散化することでデジタルマップを得ることができる。アナログマップは複雑なカオス軌道を呈してたり、周期軌道... [more] CAS2016-40 NLP2016-66
pp.11-15
CAS, NLP
(共催)
2016-10-27
11:00
東京 日立中央研究所 多変数の関数の区分線形区間包囲の陰関数定理について
岡崎秀晃中野秀夫湘南工科大
多変数の関数の区分線形区間包囲の陰関数定理の構築法について検討する [more] CAS2016-41 NLP2016-67
pp.17-21
CAS, NLP
(共催)
2016-10-27
11:25
東京 日立中央研究所 クアッドコプターのモデリングについて
磯貝海斗猪原 亮中野秀夫岡崎秀晃湘南工科大
本報告では,Hamilton力学系でクアッドコプターの運動を研究するための数学的方法について考察を行う. [more] CAS2016-42 NLP2016-68
pp.23-25
CAS, NLP
(共催)
2016-10-27
11:50
東京 日立中央研究所 水中ロボットのモデリングとシミュレーション
猪原 亮磯貝海斗中野秀夫岡崎秀晃湘南工科大
水中ロボットのモデリング、特に静止座標系と動座標系の関係をアーノルドの作用素で記述した場合のモデリングについて論じ、MA... [more] CAS2016-43 NLP2016-69
pp.27-31
CAS, NLP
(共催)
2016-10-27
13:30
東京 日立中央研究所 乾性摩擦を滑らかな関数で近似したスティック・スリップ運動の分岐解析
武藤亘平関川宗久宇都宮大
 [more] CAS2016-44 NLP2016-70
pp.33-37
CAS, NLP
(共催)
2016-10-27
13:55
東京 日立中央研究所 乱流火災の非線形ダイナミックス
高木一至後藤田 浩東京理科大)・徳田 功宮野尚哉立命館大
本研究では,記号力学と複雑ネットワークの視点から大規模乱流火災の非線形ダイナミックスを数値解析的に調べた.温度変動の時間... [more] CAS2016-45 NLP2016-71
pp.39-42
CAS, NLP
(共催)
2016-10-27
14:20
東京 日立中央研究所 マルチレイヤー・セルオートマトンを用いた耐故障性一斉射撃アルゴリズムの実装
上川直紀梅尾博司阪電通大
 [more] CAS2016-46 NLP2016-72
pp.43-47
CAS, NLP
(共催)
2016-10-27
15:00
東京 日立中央研究所 フィボナッチ数列重み付け逐次比較近似ADCと単峰関数の黄金分割探索法との関係
新井宏崇小林佑太朗小林春夫群馬大
この論文では、「フィボナッチ数列重みづけ (約1.62進) 逐次比較近似AD変換器(SAR ADC)は、入力電圧と内部... [more] CAS2016-47 NLP2016-73
pp.49-54
CAS, NLP
(共催)
2016-10-27
15:25
東京 日立中央研究所 2ステップ逐次比較時間デジタイザの自己校正法とトリガ回路の検討
井田貴士小澤祐喜姜 日晨小林春夫群馬大)・塩田良治ソシオネクスト
本稿では、絶対(平均)遅延素子配列のばらつきに対する線形自己校正を備えた2ステップ逐次比較時間-デジタル変換器(SAR ... [more] CAS2016-48 NLP2016-74
pp.55-60
CAS, NLP
(共催)
2016-10-27
15:50
東京 日立中央研究所 二変数のフラクタル補間曲面を用いた絵画イメージに対する遠近法的解析について
小澤和也山田裕之中野秀夫岡崎秀晃湘南工科大
本報告では、個別の垂直スケーリングファクターを持つ反復関数系(IFS)によって生成される二変数のフラクタル補間曲面(BF... [more] CAS2016-49 NLP2016-75
pp.61-64
CAS, NLP
(共催)
2016-10-27
16:15
東京 日立中央研究所 個別の垂直スケーリングファクターを持つ2変数のフラクタル補間曲面のFPGAへの実装について
山田裕之小澤和也植野翔太中野秀夫岡崎秀晃湘南工科大
本報告では、個別の垂直スケーリングファクターを持つ反復関数系(IFS)によって生成される二変数のフラクタル補間曲面(BF... [more] CAS2016-50 NLP2016-76
pp.65-69
CAS, NLP
(共催)
2016-10-28
09:30
東京 日立中央研究所 Colexicographic順序によるk-分木のz列に対するランキングおよびアンランキング
明田川 卓高橋俊彦新潟大
 [more] CAS2016-51 NLP2016-77
pp.71-74
CAS, NLP
(共催)
2016-10-28
09:55
東京 日立中央研究所 頂点のもつ可変量均等化を利用した辺の重要度算出と特性の検証
高澤栄一濱田賢人篠宮紀彦創価大
これまで,情報の伝搬特性を考慮した辺の重要度の算出手法を提案してきた.この手法では,各頂点に与えられた可変量を均等化する... [more] CAS2016-52 NLP2016-78
pp.75-78
CAS, NLP
(共催)
2016-10-28
10:20
東京 日立中央研究所 Midoriに対する電力解析攻撃
野崎佑典吉川雅弥名城大
近年,IoT機器のセキュリティへの関心が高まっており,小回路規模・低消費電力が要求されるIoT機器で実装可能な軽量暗号が... [more] CAS2016-53 NLP2016-79
pp.79-84
CAS, NLP
(共催)
2016-10-28
11:00
東京 日立中央研究所 [招待講演]移動ネットワーク問題に関する基礎研究 ~ 情報フローティングの性能評価 ~
宮北和之中野敬介新潟大
移動端末間の直接無線通信と端末の移動により情報を拡散して宛先に情報を伝える手法として,エピデミック無線通信がある.エピデ... [more] CAS2016-54 NLP2016-80
pp.85-90
CAS, NLP
(共催)
2016-10-28
13:00
東京 日立中央研究所 直角三角形LPテストを用いた非線形回路の全解探索法
寺谷和輝山村清隆中大
非線形回路のすべての解(直流動作点)を求める効率的なアルゴリズムを確立することは,信頼性の高い回路設計を行う上で重要な課... [more] CAS2016-55 NLP2016-81
pp.91-96
CAS, NLP
(共催)
2016-10-28
13:25
東京 日立中央研究所 RLC回路の受動性・双対性を保存したモデル低次元化法
丹治裕一香川大
 [more] CAS2016-56 NLP2016-82
pp.97-102
CAS, NLP
(共催)
2016-10-28
13:50
東京 日立中央研究所 一般化位相モデルに基づいた自励振動子のシステム同定
佐藤孝之青森大)・白坂 将中尾裕也東工大)・紅林 亘青森大
我々が提案した一般化位相モデル[W. Kurebayashi et al., Phys. Rev. Lett., 201... [more] CAS2016-57 NLP2016-83
pp.103-106
 20件中 1〜20件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会