電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 28件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
VLD, DC
(共催)
CPM, ICD, IE
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2016-11-28
10:30
大阪 立命館大学大阪いばらきキャンパス 最小の入力数でStochastic Numberを生成する回路設計手法
六車利都子山下 茂立命館大
Stochastic Computing (以降,SC)は,1 の存在確率を用いて数値を表すStochastic Num... [more] VLD2016-44 DC2016-38
pp.1-6
QIT
(第二種研究会)
2014-11-17
13:30
宮城 東北大学 [ポスター講演]Mapping Patterns with More Than Two Gates for Quantum Cost Reduction
Nurul Ain Binti AdnanKoutarou HoshiShigeru YamashitaRitsumeikan University
 [more]
VLD 2014-03-04
15:45
沖縄 沖縄県青年会館 [記念講演]Digital Microuidic Biochip向けのネットワークフローベースの最適な試料生成アルゴリズム
ディン アイン チュン・○山下 茂立命館大)・ホー ツン イ国立成功大
試料生成とは,入力試薬から目的濃度の液滴を生成するためのフロントエンドプロセスである.このプロ
セスは医用生体工学と生... [more]
VLD2013-153
pp.111-112
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2013-11-27
11:15
鹿児島 鹿児島県文化センター Digital Microfluidic Biochip向けの最適な試料生成
ディン アイン チュン山下 茂立命館大)・ツン イ ホー国立成功大
試料生成とは,入力試薬から目的濃度の液滴を生成するためのフロントエンドプロセスである.
このプロセスは医用生体工学と生... [more]
VLD2013-64 DC2013-30
pp.19-24
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2013-11-27
14:05
鹿児島 鹿児島県文化センター PPCに基づく高歩留まり回路の発見的設計手法
早苗駿一原 祐子奈良先端大)・山下 茂立命館大)・中島康彦奈良先端大
PPC (Partially-Programmable Circuit)は組み合わせ回路の一部をLUT(Look Up ... [more] VLD2013-65 DC2013-31
pp.27-32
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2013-11-27
14:30
鹿児島 鹿児島県文化センター 二重化よりも面積オーバーヘッドが少ない耐故障化手法
松尾惇士山下 茂立命館大
本論文では,Partially-Programmable Circuits (PPC) を用いた歩留まり向上手法を新たに... [more] VLD2013-66 DC2013-32
pp.33-37
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2012-11-26
11:20
福岡 九州大学百年講堂 Partially-Programmable Circuits with CAMs
Atsushi MatsuoShigeru YamashitaRitsumeikan Univ.)・Hiroaki YoshidaFujitsu Laboratories of Amerika
本論文では回路製造後のECOを実現することが可能な新しいフレームワークを提案する.提案フレームワークでは,本来はLSIs... [more] VLD2012-64 DC2012-30
pp.31-36
COMP 2012-04-27
10:35
大阪 大阪府立大学 Reconstructing Strings from Substrings with Quantum Queries
Richard CleveUniv. of Waterloo)・Kazuo IwamaKyoto Univ.)・Francois Le GallUniv. of Tokyo)・Harumichi NishimuraNagoya Univ.)・Seiichiro TaniNTT)・○Junichi TeruyamaKyoto Univ.)・Shigeru YamashitaRitsumeikan Univ.
 [more] COMP2012-2
pp.7-14
COMP 2012-04-27
13:20
大阪 大阪府立大学 写像枝を用いた系列二分決定グラフ
青木洋士山下 茂立命館大)・湊 真一北大
二分決定グラフ (Binary Decision Diagram, BDD) は,論理関数を効率良く処理することができる... [more] COMP2012-4
pp.23-28
QIT
(第二種研究会)
2011-11-21
14:40
大阪 大阪大学基礎工学研究科国際棟 [ポスター講演]トポロジカル量子コンピュータ向けの量子回路の論理レベル最適化
山下 茂立命館大)・Simon Devitt根本香絵NII
本稿では,トポロジカル量子コンピュータ向けの量子回路の論理レベル最適化問題の定式化を行う.トポロジカル量子コンピュータの... [more]
COMP 2011-04-22
10:50
京都 京都大学 逆順の系列集合を表すSeqBDDの構築
青木洋士山下 茂立命館大)・湊 真一北大
トライなどの接頭辞の共通部分を同じグラフで表現する系列集合を表すデータ構造において,系列集合に含まれる全ての系列を逆順に... [more] COMP2011-3
pp.17-23
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2009-12-04
10:20
高知 高知市文化プラザ Increasing Yield Using Partially-Programmable Circuits
Shigeru YamashitaRitsumeikan Univ.)・Hiroaki YoshidaMasahiro FujitaUniv. of Tokyo
本論文では,回路の一部をLUT に置き換えたPartially-Programmable Circuits(PPCs)と... [more] VLD2009-59 DC2009-46
pp.125-130
CPSY, DC
(併催)
2009-08-04
- 2009-08-05
宮城 フォレスト仙台 An efficient middle-level framework for quantum circuit simulation on multiple simulator platforms
Antti VikmanTakashi NakadaNAIST)・Masaki NakanishiYamagata Univ.)・Shigeru YamashitaRitsumeikan Univ.)・Yasuhiko NakashimaNAIST
 [more] CPSY2009-14
pp.25-30
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(共催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2008-11-17
16:30
福岡 北九州学術研究都市 高信頼セルによる回路の信頼性評価
堀田敬一中田 尚中西正樹山下 茂中島康彦奈良先端大
近年のトランジスタ製造によるプロセス微細化によって,トランジスタの故障率の増加が問題となっている.そこで故障率の増加を抑... [more] VLD2008-75 DC2008-43
pp.91-96
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(共催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2008-11-17
16:15
福岡 北九州学術研究都市 FPGAのスイッチマトリクスを対象とするソフトエラー対策
洪 勇基中西正樹山下 茂中島康彦奈良先端大
近年,プロセス微細化によりソフトエラーの問題がさらに深刻化するといわれている.特にSRAMにおいてソフトエラーの問題は深... [more] RECONF2008-45
pp.39-44
DC, CPSY, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(共催)
2008-03-28
13:50
鹿児島 屋久島 離島総合開発センター 少品種高信頼セルによる演算器の提案と評価
鈴木一範中田 尚中西正樹山下 茂中島康彦奈良先端大
近年のトランジスタ製造プロセスの微細化によって,トランジスタの故障率の増加が無視できない問題となっている.故障率の増加を... [more] DC2007-112 CPSY2007-108
pp.167-172
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(共催)
CPSY, RECONF, IPSJ-ARC
(併催) [詳細]
2007-11-22
09:00
福岡 北九州国際会議場 SRAMベースFPGAにおける耐ソフトエラーLUT構成法
里山宏平中田 尚中西正樹山下 茂中島康彦奈良先端大
近年,プロセス微細化によりソフトエラーの問題がさらに深刻化するといわれている.特にSRAMにおいてソフトエラーの問題は深... [more] RECONF2007-43
pp.1-6
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(共催)
RECONF, CPSY, IPSJ-ARC
(併催) [詳細]
2006-11-28
10:55
福岡 北九州国際会議場 Decision Diagram Data Structure to Represent Quantum Circuit
Shigeru YamashitaNAIST)・D. Michael MillerUniv. of Victoria
 [more] VLD2006-58 DC2006-45
pp.41-46
COMP 2006-05-24
14:10
福岡 九州工業大学 (4,1)-Quantum Random Access Coding Does Not Exist
Masahito HayashiJST)・Kazuo IwamaKyoto Univ.)・○Harumichi NishimuraOsaka Prefecture Univ.)・Rudy RaymondKyoto Univ.)・Shigeru YamashitaNAIST
An (n,1,p)-Quantum Random Access (QRA) coding, introduced by... [more] COMP2006-14
pp.33-38
VLD, IPSJ-SLDM
(共催)
2006-05-11
14:00
愛媛 愛媛大学 Online FPGA Placement Using I/O Routing Information
Mitsuru Tomono・○Masaki NakanishiShigeru YamashitaNAIST)・Kazuo NakajimaUniv. of Maryland)・Katsumasa WatanabeNAIST
 [more] VLD2006-1
pp.1-6
 28件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会