電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 26件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
QIT
(第二種研究会)
2017-05-30
14:30
京都 立命館大学 朱雀キャンパス Phase estimation problem in open quantum systems with nuisance parameters -- An analysis on the memory effect and achievability of the quantum Cramer-Rao bound --
Jun SuzukiUEC
 [more]
MVE, IE, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2017-03-07
13:50
福岡 九州大学大橋キャンパス 5号館 歩行状態対応型マイクスルーイヤホンの研究 〜 音楽プレイヤー使用時の外部音声と音楽再生レベルのバランスの検討 〜
鈴木 諄坂野秀樹柳田康幸名城大
雑踏の中でイヤホンを使用する時の周囲音の知覚は,音楽レベルによって,大きく左右され,危険やリスクを伴う.しかし,ユーザの... [more] IMQ2016-51 IE2016-166 MVE2016-74
pp.183-186
NLC 2016-09-09
13:25
東京 コンベンションルーム AP渋谷道玄坂 [依頼講演]NAACL-HLT 2016 参加報告 〜 会議概要と研究傾向分析 〜
鈴木 潤NTT
今年6月にサンディエゴで開催されたNAACL-HTL 2016(正式名称: The 15th Annual Confer... [more] NLC2016-24
p.69
QIT
(第二種研究会)
2015-11-25
16:00
神奈川 NTT厚木研究開発センタ講堂 Nuisance parameter problem in quantum parameter estimation theory
Jun SuzukiUEC
 [more]
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
DC
(併催) [詳細]
2015-08-05
15:45
大分 ビーコンプラザ(別府) リソース分離アーキテクチャにおける分散キーバリューストア
菅 真樹鈴木 順林 佑樹吉川隆士宮川伸也NEC
今後コンピュータアーキテクチャにおいて主流となるリソース分離型アーキテクチャやNVMeデバイスを活用して,コスト対容量,... [more] CPSY2015-31
pp.167-172
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
DC
(併催) [詳細]
2015-08-05
18:00
大分 ビーコンプラザ(別府) 複数GPU向けミドルウェアにおけるデータ管理手法の検討
鈴木 順NEC/東大)・菅 真樹林 佑樹宮川伸也NEC)・喜連川 優東大
ホスト内で複数のアクセラレータやフラッシュデバイスを組み合わせてデータ処理を行う需要が増加している.データ処理の実行性能... [more] CPSY2015-35
pp.191-196
QIT
(第二種研究会)
2015-05-26
16:20
大阪 大阪大学 Explicit formula for the Holevo bound for two-parameter qubit estimation problems
Jun SuzukiUEC
 [more]
NS 2015-05-21
11:45
東京 東京大学 石橋信夫記念ホール フローグルーピングを考慮した帯域予約方式の提案
林 佑樹鈴木 順菅 真樹宮川伸也NEC
従来の産業システム向けネットワークでは独自の通信プロトコルで機器間の通信を実現していた.しかしながらイーサネットの広帯域... [more] NS2015-19
pp.27-32
QIT
(第二種研究会)
2014-11-18
14:50
宮城 東北大学 Parameter estimation of qubit states with unknown phase parameter
Jun SuzukiUEC
 [more]
CPSY 2014-11-14
09:50
広島 広島大学 GPU-BOXにおける中規模グラフに適した並列幅優先探索手法
三石拓司慶大)・鈴木 順林 佑樹管 真樹NEC)・天野英晴慶大
グラフ探索アルゴリズムの1つである幅優先探索(BFS)は様々な分野で応用されており,マルチGPUシステムを用いた高速化が... [more] CPSY2014-66
pp.69-74
CPSY, DC
(併催)
2014-07-29
14:20
新潟 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター CPU/IO分離アーキテクチャの特性を活かしたミドルウェアの検討
菅 真樹鈴木 順林 佑樹吉川隆士宮川伸也NEC
各ベンダからCPU/IO分離型のアーキテクチャが提案されており,近い将来のサーバアーキテクチャの変遷が予想されている.C... [more] CPSY2014-25
pp.91-96
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-EMB, IPSJ-SLDM
(共催)
(連催) [詳細]
2014-03-16
09:25
沖縄 ICT文化ホール GPU-BOXにおける幅優先探索の高速化
三石拓司野村鎮平宮島敬明慶大)・鈴木 順林 佑樹菅 真樹NEC)・天野英晴慶大
グラフ処理は様々な分野で応用されており,近年盛んに研究されている.データの大規模化に伴い,これらグラフ処理の高速化が要求... [more] CPSY2013-108 DC2013-95
pp.235-240
ISEC, IT, WBS
(共催)
2014-03-11
10:35
愛知 名古屋大学 東山キャンパス 対称3量子ビット状態に対する最適な量子クローニングマシーンの数値的解析
小山 晃鈴木 淳電通大
本研究は対称3量子ビット状態モデルに対する最適な量子クローニングマシーンを数値計算により探索し,その性質について解析を行... [more] IT2013-76 ISEC2013-105 WBS2013-65
pp.135-140
NS, IN
(併催)
2014-03-07
11:20
宮崎 宮崎シーガイア イーサネット拡張I/Oバスにおける複数DMAパケット集約による帯域向上
鈴木 順林 佑樹菅 真樹宮川伸也吉川隆士NEC
 [more] NS2013-232
pp.323-328
QIT
(第二種研究会)
2013-11-18
- 2013-11-19
東京 早稲田大学 [ポスター講演]Qubit subalgebra from Weyl algebra of quantum angular momentum system
Jun SuzukiUEC
 [more]
NS, CQ, ICM, NV
(併催)
2013-11-15
15:20
長崎 福江文化会館(五島列島) レートレス符号を用いたパケット到達遅延保証方式
林 佑樹鈴木 順菅 真樹吉川隆士NEC
コンピュータからI/Oデバイスを分離し,CPUとI/Oデバイスを汎用イーサネットを用いて接続することでI/Oデバイスの管... [more] NS2013-132
pp.91-96
QIT
(第二種研究会)
2013-05-28
11:30
北海道 北海道大学 Quantum error correction with orbital angular momentum of single photons
Jun SuzukiUEC
 [more]
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(共催)
(連催) [詳細]
2013-03-14
10:35
長崎 対馬市交流センター 会議室 複数コンピュータによる仮想化IO共有技術におけるデバイス管理手法の拡張
林 佑樹樋口淳一鈴木 順吉川隆士NEC
 [more] CPSY2012-89 DC2012-95
pp.223-228
IT, ISEC, WBS
(共催)
2013-03-07
11:20
大阪 関西学院大学 大阪梅田キャンパス 量子通信路のノイズに関する順序と情報量に関する研究
岡澤太志鈴木 淳小川朋宏電通大
量子通信路のノイズに関する順序について研究を行い,一方の通信路が他方の通
信路にさらにノイズを付加したものとなる関係(... [more]
IT2012-64 ISEC2012-82 WBS2012-50
pp.13-17
QIT
(第二種研究会)
2012-11-27
- 2012-11-28
神奈川 慶応大学 日吉キャンパス [ポスター講演]Symmetric coupling of four spin-1/2 systems
Jun SuzukiUEC)・Berthold-Georg EnglertNUS
 [more]
 26件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会