電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 32件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PRMU, SP
(共催)
2017-06-22
14:45
宮城 東北大学 敵対的学習に基づくSTFTスペクトログラムのポストフィルタリング
金子卓弘NTT)・高木信二NII)・亀岡弘和NTT)・山岸順一NII
本稿では,短時間フーリエ変換(STFT)スペクトログラム中のスペクトルのテクスチャを復元するための敵対的学習ベースのポス... [more] PRMU2017-28 SP2017-4
pp.17-22
SP, SIP, EA
(共催)
2017-03-01
09:45
沖縄 沖縄産業支援センター セグメント特徴量正則化NTFに基づく雑音環境下における非可聴つぶやき強調
田尻祐介名大)・亀岡弘和NTT)・戸田智基名大
サイレント音声通話の実現に向けて,非可聴つぶやき(Non-Audible Murmur:NAM)と呼ばれる微弱な体内伝導... [more] EA2016-83 SIP2016-138 SP2016-78
pp.7-12
SP, SIP, EA
(共催)
2017-03-01
10:50
沖縄 沖縄産業支援センター 時間領域信号推定に基づく音声スペクトログラムの欠損成分復元
関 翔悟名大)・亀岡弘和NTT)・戸田智基武田一哉名大
本研究では,時間周波数マスキングにより生じる音声スペクトログラムの欠損成分の復元を目的とした,時間領域信号推定に基づく復... [more] EA2016-85 SIP2016-140 SP2016-80
pp.19-24
SP, SIP, EA
(共催)
2017-03-02
09:00
沖縄 沖縄産業支援センター [ポスター講演]Acoustic-to-articulatory inversion mapping with variational latent trajectory Gaussian mixture model
Patrick Lumban TobingNagoya Univ.)・Hirokazu KameokaNTT)・Tomoki TodaNagoya Univ.
 [more] EA2016-134 SIP2016-189 SP2016-129
pp.291-296
SP, SIP, EA
(共催)
2017-03-02
12:45
沖縄 沖縄産業支援センター 無矛盾逐次変換ネットワークと敵対的生成ネットワークを用いた非母語話者音声変換
小山田圭佑筑波大)・亀岡弘和金子卓弘NTT)・安東弘泰筑波大)・平松 薫柏野邦夫NTT
本稿では,非母語話者音声を母語話者らしい発音の音声に自動変換する問題を扱う.
非母語話者の発音の癖や傾向は前後の文脈(... [more]
EA2016-139 SIP2016-194 SP2016-134
pp.315-320
SP, IPSJ-SLP
(連催)
NLC, IPSJ-NL
(連催)
(併催) [詳細]
2016-12-20
15:10
東京 NTT武蔵野研究開発センタ [ポスター講演]基本周波数パターンと音韻特徴量系列の同時生成モデルによる韻律指令列推定
佐藤遼太郎東大)・亀岡弘和柏野邦夫NTT
基本周波数($F_0$)パターンの物理的な生成過程を記述した藤崎モデルのパラメータであるフレーズ・アクセント指令は音声の... [more] SP2016-56
pp.43-48
SP, IPSJ-SLP
(連催)
NLC, IPSJ-NL
(連催)
(併催) [詳細]
2016-12-20
16:40
東京 NTT武蔵野研究開発センタ 統計的パラメトリック音声合成のための敵対的学習に基づくポストフィルタリング
金子卓弘亀岡弘和北条伸克井島勇祐平松 薫柏野邦夫NTT
統計的パラメトリック音声合成は,その柔軟性と省メモリ性などの利点により広く使われている.しかし,この手法で生成した音声パ... [more] SP2016-61
pp.89-94
SP 2016-08-24
16:15
京都 京都大学学術情報メディアセンター [ポスター講演]音声のスペクトル領域とケプストラム領域における同時強調
李 莉筑波大)・亀岡弘和樋口卓哉NTT)・猿渡 洋東大)・牧野昭二筑波大
従来の音声強調法は特徴量強調法と信号強調法に大別される.
前者は音声特徴量を直接的に強調するため,特に雑音特性が既知の... [more]
SP2016-32
pp.29-32
EA, SP, SIP
(共催)
2016-03-28
13:15
大分 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza [ポスター講演]非負値行列因子分解を用いた欠損データ補間による超解像声道スペクトル推定
中村友彦東大)・亀岡弘和東大/NTT
本報告では,音声信号から声道スペクトルを推定する問題を扱う.声道スペクトルは基本周波数($F_0$)間隔で周期的にサンプ... [more] EA2015-83 SIP2015-132 SP2015-111
pp.99-104
EA, SP, SIP
(共催)
2016-03-28
13:15
大分 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza [ポスター講演]An evaluation of acoustic-to-articulatory inversion mapping with latent trajectory Gaussian mixture model
Patrick Lumban TobingNAIST)・Tomoki TodaNagoya Univ./NAIST)・Hirokazu KameokaNTT)・Satoshi NakamuraNAIST
In this report, we present an evaluation of acoustic-to-arti... [more] EA2015-85 SIP2015-134 SP2015-113
pp.111-116
EA, SP, SIP
(共催)
2016-03-28
13:15
大分 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza [ポスター講演]空気/体内伝導信号の非負値テンソル分解に基づく実環境下における非可聴つぶやき強調
田尻祐介奈良先端大)・亀岡弘和NTT)・戸田智基名大/奈良先端大)・中村 哲奈良先端大
サイレント音声コミュニケーションの実現に向けて,非可聴つぶやき(Nonaudible murmur: NAM)と呼ばれる... [more] EA2015-86 SIP2015-135 SP2015-114
pp.117-122
EA, SP, SIP
(共催)
2016-03-28
15:00
大分 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza [特別招待講演]線形予測を用いた音響符号化の進展 〜 線形予測包絡の効率的表現法による量子化歪削減 〜
守谷健弘杉浦亮介鎌本 優亀岡弘和原田 登NTT
線形予測符号化技術は時間領域の音声符号化に不可欠な技術として長く使われてきているが,周波数領域の音響符号化でも重要な役割... [more] EA2015-99 SIP2015-148 SP2015-127
p.189
EA, SP, SIP
(共催)
2016-03-29
09:00
大分 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza [ポスター講演]Majorisation-minimization based composite autoregressive system optimization with a glottal source model prior
Lauri JuvelaAalto Univ.)・Hirokazu KameokaTokyo Univ.)・Junichi YamagishiNII
声帯音源逆フィルタリングにより音声から声帯音源波形を高精度に推定することができればパラメトリッ ク音声合成における駆動音... [more] EA2015-115 SIP2015-164 SP2015-143
pp.273-278
EA, SP, SIP
(共催)
2016-03-29
14:40
大分 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza 電気音声強調のための統計的F0予測におけるProduct-of-ExpertsによるF0パターン生成過程モデルの導入
田中 宏奈良先端大)・亀岡弘和Nippon Telegraph and Telephone Corporation)・戸田智基名大/奈良先端大)・中村 哲奈良先端大
これまで我々は,電気式人工喉頭を用いた音声(電気音声)の自然性改善のため,電気音声のスペクトル特徴量系列から通常音声の基... [more] EA2015-133 SIP2015-182 SP2015-161
pp.373-377
SIP, EA, SP
(共催)
2015-03-02
09:50
沖縄 ホテルミヤヒラ(石垣島) 多チャンネル階乗隠れマルコフモデルと混合DOAモデルによる音源分離・到来方向推定・音響イベント検出・残響除去の統合的アプローチ
樋口卓哉東大)・亀岡弘和東大/NTT
本稿では,ブラインド音源分離,残響除去,音響イベント検出,到来方向推定などの音響情景分析に関する諸問題を取り扱う.我々は... [more] EA2014-74 SIP2014-115 SP2014-137
pp.13-18
IBISML 2014-11-17
17:00
愛知 名古屋大学 [ポスター講演]補助関数法に基づく制約付きボルツマンマシンの学習アルゴリズム
高宗典玄東大)・亀岡弘和東大/NTT
深層学習の重要な一要素として,レイヤーワイズのpre-training がある.レイヤーワイズのpre-training... [more] IBISML2014-56
pp.161-168
IBISML 2014-11-17
17:00
愛知 名古屋大学 [ポスター講演]多チャンネル階乗隠れマルコフモデルによる音響情景分析のための統合的アプローチ
樋口卓哉東大)・亀岡弘和東大/NTT
本研究では,音源分離・音響イベント検出・残響除去・音源の到来方向推定という,音響情景分析に関する諸問題を取り扱う.これら... [more] IBISML2014-57
pp.169-176
SP, IPSJ-MUS
(連催)
2014-05-24
08:50
東京 日本大学文理学部キャンパス 百周年記念館 音学シンポジウム2014の開催にあたって
亀岡弘和東大/NTT)・饗庭絵里子電通大)・大石康智NTT)・北原鉄朗日大)・北村達也甲南大)・佐藤庄衛NHK)・戸上真人日立)・戸田智基奈良先端大)・吉井和佳京大
 [more] SP2014-1
pp.1-3
SP, IPSJ-MUS
(連催)
2014-05-24
11:30
東京 日本大学文理学部キャンパス 百周年記念館 [研究紹介]確率的モデル化に基づく移動音源の劣決定ブラインド音源分離
樋口卓哉高宗典玄中村友彦東大)・亀岡弘和東大/NTT
移動音源を対象とした劣決定ブラインド音源分離の問題を扱う.実環境では,音源が移動することによって,音源からマイクまでの伝... [more] SP2014-20
pp.211-216
SP, IPSJ-MUS
(連催)
2014-05-25
11:30
東京 日本大学文理学部キャンパス 百周年記念館 [研究紹介]音声F0パターン生成過程の確率モデルによるテキストからの韻律生成
門脇健人石原達馬北条伸克東大)・亀岡弘和東大/NTT
本研究では,テキスト音声合成を目的としてテキストからF0パターンを生成する問題を扱う.テキスト音声合成において隠れマルコ... [more] SP2014-28
pp.309-314
 32件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会