電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 69件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ISEC, WBS, IT
(共催)
2017-03-09
15:00
東京 東海大学 高輪キャンパス 特殊な加算公式を持つ楕円曲線の安全性評価(2)
森島僚平阪大)・宮地充子阪大/北陸先端大
 [more] IT2016-109 ISEC2016-99 WBS2016-85
pp.67-72
ISEC, WBS, IT
(共催)
2017-03-10
10:00
東京 東海大学 高輪キャンパス 多機関の安全なset unionプロトコルについて
宍戸克成宮地充子阪大
 [more] IT2016-119 ISEC2016-109 WBS2016-95
pp.129-135
ISEC, WBS, IT
(共催)
2017-03-10
10:25
東京 東海大学 高輪キャンパス 共通鍵暗号方式におけるLinear Obfuscationを用いた効果的な難読化手法
ステュワート ギャヴィンレンジャイスト)・布田裕一東京工科大)・宮地充子ジャイスト/阪大
 [more] IT2016-100 ISEC2016-90 WBS2016-76
pp.7-14
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2016-03-04
13:30
京都 京都大学 学術情報メディアセンター 南館 ストリーム暗号RC4における新しい鍵相関
道廣大喜北陸先端大)・宮地充子阪大/北陸先端大/JST
ストリーム暗号RC4は1994年にアルゴリズムが判明して以来,様々な解析がなされてきた.特に,既知鍵ストリーム攻撃を想定... [more] ICSS2015-65
pp.111-116
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2016-03-04
15:10
京都 京都大学 学術情報メディアセンター 南館 協調型セキュアネットワークコーディング
石下寿美代北陸先端大)・宮地充子北陸先端大/阪大/JST
 [more] ICSS2015-70
pp.141-146
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2016-03-04
15:40
京都 京都大学 学術情報メディアセンター 南館 サイドチャネル攻撃耐性を持つスカラー倍算アルゴリズムの改良と実装
木藤圭亮北陸先端大)・宮地充子阪大/北陸先端大/JST
楕円曲線暗号は従来の暗号方式に比べて短い鍵長で実現でき,組込みシステムなどの省メモリ環境と相性が良い.
スカラー倍算は... [more]
ICSS2015-71
pp.147-152
ISEC 2015-09-04
14:30
東京 機械振興会館 多機関のPrivate Set Intersection Protocolの改良
西田昌平宮地充子北陸先端大
データ集合を持つ通信者同士が互いにその内容を開示することなく,共通する要素に関する情報だけを得るプロトコルを,Priva... [more] ISEC2015-31
pp.43-48
ISEC, SITE, ICSS, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2015-07-02
14:15
愛知 名古屋市中小企業振興会館 吹上ホール パス型ORAMの実装検証
カリン スモンカヨシン宮地充子蘇 春華北陸先端大)・スティーブ ゴードンタンマサート大
 [more] ISEC2015-15 SITE2015-13 ICSS2015-25 EMM2015-23
pp.73-79
ICSS 2015-03-04
09:50
沖縄 名桜大学(沖縄県名護市) RFIDにおける擬似乱数生成器の安全性に関する考察
佐藤洋之北陸先端大)・宮地充子北陸先端大/JST)・蘇 春華北陸先端大
ある擬似乱数生成器 (PRNG) がセキュリティ要件を満たしているかどうかを検証する方法の一つに,統計的乱数検定がある.... [more] ICSS2014-75
pp.73-78
ICSS 2015-03-04
09:00
沖縄 名桜大学(沖縄県名護市) 楕円曲線のトレースと埋め込み次数の関係について
宮地充子・○田中 覚北陸先端大
ペアリング暗号において, 有限体$F_{p^m}$上適切な埋め込み次数$k$を持つ楕円暗号が必要である. このような楕円... [more] ICSS2014-76
pp.79-84
ICSS 2015-03-04
09:25
沖縄 名桜大学(沖縄県名護市) サイドチャネル攻撃耐性を持つスカラー倍算アルゴリズム
木藤圭亮北陸先端大)・宮地充子北陸先端大/JST)・高橋良太北陸先端大
楕円曲線暗号は従来の暗号方式に比べ,同等の安全性の場合に鍵長が短いのが特徴である.その主な演算であるスカラー倍算は,効率... [more] ICSS2014-77
pp.85-90
ICSS 2015-03-04
10:25
沖縄 名桜大学(沖縄県名護市) ブラウザにおけるSSL/TLSの証明書検証の改善
亀川 慧北陸先端大)・宮地充子北陸先端大/JST)・布田裕一北陸先端大
近年,偽造証明書を使用してMan in the middle Attackを行うために,認証局に対して不正アクセスを行う... [more] ICSS2014-84
pp.127-132
ICSS 2015-03-04
10:50
沖縄 名桜大学(沖縄県名護市) WPAにおけるRC4の鍵回復攻撃に向けた新しい線形相関と解析手法
道廣大喜北陸先端大)・宮地充子北陸先端大/ JST)・伊藤竜馬北陸先端大
WPA におけるRC4 秘密鍵の上位3 バイトは公開情報であるIV から導出されるので攻撃者も同様に得ることができる.こ... [more] ICSS2014-85
pp.133-138
ISEC, LOIS, SITE
(共催)
2014-11-22
13:20
兵庫 兵庫県立大学 神戸情報科学キャンパス SSL/TLSにおける証明書検証機能改善に関する研究
亀川 慧宮地充子布田裕一北陸先端大
Secure Socket Layer(SSL)/Transport Layer Security(TLS)はサーバとク... [more] ISEC2014-67 SITE2014-58 LOIS2014-37
pp.65-70
ICSS, ISEC, SITE, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2014-07-03
14:40
北海道 サン・リフレ函館 Perfect Conjugate-Addition Sequenceを用いた新たな事前計算テーブル計算手法について
高橋良太宮地充子北陸先端大
楕円曲線暗号における主要な演算は楕円曲線上の点$P$のスカラー倍算であり,
楕円曲線暗号の高速化のためにはこの演算の... [more]
ISEC2014-20 SITE2014-15 ICSS2014-24 EMM2014-20
pp.97-104
ICSS, ISEC, SITE, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2014-07-03
16:35
北海道 サン・リフレ函館 情報セキュリティの標準化動向について 〜 ISO/IEC JTC1/SC27/WG2 2014年4月香港会議報告 〜
宮地充子北陸先端大)・近澤 武情報処理推進機構)・竜田敏男情報セキュリティ大)・大熊建司東芝/情報処理推進機構)・渡辺 創産総研)・松尾真一郎NICT
情報社会の進展に伴い,安全な社会システムの構築が産官学において進められている.情報セキュリティ技術の国際標準化活動 は,... [more] ISEC2014-27 SITE2014-22 ICSS2014-31 EMM2014-27
pp.171-179
ISEC 2014-05-09
14:00
東京 機械振興会館 RC4のLong-Term Glimpseにおける新しいNegative Biases
伊藤竜馬宮地充子北陸先端大
RC4は1987年にRon Rivestによって提案され,SSL/TLS,WEP,WPA等の標準プロトコルに広く利用され... [more] ISEC2014-3
pp.13-19
ISEC, LOIS
(共催)
2013-11-28
15:25
宮城 東北大学 効率的なMulti-Party Private Set Intersection
三本知明宮地充子北陸先端大
Private Set Intersection Protocol(PSI)は,データ集合を持つ二者,あるいは複数者が互... [more] ISEC2013-63 LOIS2013-29
pp.29-34
ISEC 2013-09-13
17:05
東京 機械振興会館 Secure Dynamic Hourglass Protocol for Untrusted Server
Atsuko MiyajiRatemo Alice Harriet MwangoJAIST
 [more] ISEC2013-58
pp.43-51
EMM, ISEC, SITE, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2013-07-18
15:15
北海道 札幌コンベンションセンター AES-256を用いた倍ブロック長圧縮関数に対する衝突攻撃について
陳 嘉耕北陸先端大)・○廣瀬勝一福井大)・桑門秀典関西大)・宮地充子北陸先端大
本稿では,FSE 2006で提案されたブロック暗号を用いた圧縮関数のAES-256を用いた実現に対する衝突攻撃を提案する... [more] ISEC2013-19 SITE2013-14 ICSS2013-24 EMM2013-21
pp.59-66
 69件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会