電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1〜9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICD, CPSY, CAS
(共催)
2017-12-15
11:00
沖縄 アートホテル石垣島 量子化雑音帰還機能を持つ逐次比較量子化器を用いるΔΣAD変調器
潘 春暉傘 昊東京都市大
本研究では量子化雑音帰還機能を持つ逐次比較量子化器 (QNF SAR ADC) を用いる ∆ΣAD 変調器を提案する.提... [more] CAS2017-105 ICD2017-93 CPSY2017-102
pp.165-170
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2017-11-07
10:30
熊本 くまもと県民交流館パレア β展開に基づくAD変換器のルックアップテーブル除去によるデジタル回路部の面積削減
進藤佑司瀬戸謙修傘 昊東京都市大
β展開に基づくAD変換器のデジタル回路部の面積削減手法を提案する。既存手法のデジタル回路部は、ルックアップテーブル(LU... [more] VLD2017-44 DC2017-50
pp.101-104
EST 2017-05-19
10:35
東京 東北大学東京分室(東京都千代田区) Si基板配線パッドの高周波損失解析
加藤善斗市川大地傘 昊柴田随道東京都市大
Siを基板とする集積回路構造について,Si基板の導電率に依存する高周波損失の発生メカニズムを調べている.具体的には,配線... [more] EST2017-1
pp.1-4
SIS 2016-03-10
13:20
東京 東京都市大学世田谷キャンパス [招待講演]β展開に基づく高精度AD変換器の設計容易化技術
傘 昊堀田正生東京都市大)・松浦達治東京理科大
 [more] SIS2015-54
pp.37-42
CAS, NLP
(共催)
2013-09-26
15:55
岐阜 岐阜大学サテライトキャンパス [招待講演]β変換器の量子化誤差に関する理論的解析
牧野貴樹東大)・岩田友紀子気象大)・實松 豊九大)・堀田正生傘 昊東京都市大)・合原一幸東大
非線形写像であるβ写像で構成される非二進A/D変換器であるβ変換器は、プロセス変動や広範囲な環境変化に対するロバスト性を... [more] CAS2013-43 NLP2013-55
pp.41-44
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2011-11-29
09:00
宮崎 ニューウェルシティ宮崎 DTFM信号除去システムのFPGA実現
後藤卓弥傘 昊堀田正生東京都市大)・馬場佳宏斎藤浩克小屋原寿明ナカヨ通信機
 [more] RECONF2011-44
pp.19-23
ICD 2009-12-15
14:20
静岡 静岡大学(浜松) 連続時間バンドバスΔΣAD変調器の高性能化の検討
林 海軍元澤篤史群馬大)・ロレ パスカル飯塚邦彦シャープ)・小林春夫群馬大)・傘 昊東京都市大)・高井伸和群馬大
この論文では高速サブサンプリング連続時間ΔΣAD変調回路の高性能化を実現のための解析と回路設計を論じる.ΔΣAD変調回路... [more] ICD2009-99
pp.127-132
ICD 2009-12-15
14:45
静岡 静岡大学(浜松) Sturdy-MASH-type ΔΣAD Modulator with Wide Dynamic Range
Takafumi YamadaHajime KonagayaGunma Univ)・Hao SanTokyo City Univ)・Haruo KobayashiGunma Univ
本論文では,新しいマルチステージノイズシェイプ(MASH)??AD変調器のアーキテクチャを提案し, 従来式MASH型??... [more] ICD2009-100
pp.133-137
ICD 2009-12-15
15:10
静岡 静岡大学(浜松) 冗長アルゴリズム逐次比較近似ADCでのコンパレータ・オフセットのデジタル補正技術
小川智彦群馬大)・松浦達治ルネサステクノロジ)・小林春夫高井伸和群馬大)・堀田正生傘 昊東京都市大
この論文では, 冗長アルゴリズムを用いることで逐次比較近似(SAR) ADC の低消費電力化を実現できる方式を提案する.... [more] ICD2009-101
pp.139-144
 9件中 1〜9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会