電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 16件中 1〜16件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SS 2017-03-09
15:00
沖縄 てんぶす那覇 中大規模OSS開発時のInformation seekingのためのトレーサビリティ可視化ツールの試作
沓澤 脩学芸大)・橋浦弘明日本工大)・櫨山淳雄学芸大)・鷲崎弘宜早大
Github などのソーシャルコーディングツールの誕生により,誰でも興味のあるプロジェクトのプログラムの取得や,プロジェ... [more] SS2016-69
pp.55-60
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2016-07-15
10:40
北海道 北海道立道民活動センター 中大規模OSS開発時のInformation seekingのためのトレーサビリティ可視化ツールの開発
沓澤 脩櫨山淳雄学芸大)・鷲崎弘宜早大
取得したプログラムからアプリケーションの振る舞いを理解することは難しい.
また, このプログラム理解において, In... [more]
SS2016-16 KBSE2016-22
pp.163-168
KBSE 2015-03-05
15:25
東京 電通大(調布, 東3号館) ソフトウェアセキュリティ知識を活用したセキュアなソフトウェア開発のための事例ベース管理システムの開発
斉藤大仁櫨山淳雄学芸大)・吉岡信和NII)・小橋孝紀鷲崎弘宜早大)・海谷治彦神奈川大)・大久保隆夫情報セキュリティ大
近年,ソフトウェアセキュリティに関する技術開発が進められてきた.一方で,ライフサイクル全体を扱ったセキュアなソフトウェア... [more] KBSE2014-57
pp.31-36
KBSE 2015-01-27
11:15
東京 機械振興会館 B3F-2 ソフトウェアセキュリティ知識ベースを活用したセキュアなWebアプリケーション開発事例ベースの試作
櫨山淳雄齊藤大仁学芸大)・吉岡信和NII)・熊谷 梓学芸大)・小橋孝紀鷲崎弘宜早大)・海谷治彦神奈川大)・大久保隆夫情報セキュリティ大
インターネット上でのサービスの増大に伴いソフトウェアセキュリティの重要性が認識されている。そのような背景のもとソフトウェ... [more] KBSE2014-47
pp.49-54
SS 2014-10-23
15:15
高知 高知市文化プラザかるぽーと リポジトリシステムとソフトウェア信頼性モデルを用いた欠陥数予測
本田 澄鷲崎弘宜深澤良彰早大
ソフトウェアの欠陥はリポジトリシステムによって管理されることが多くなっており,開発からテストとい
ったソフトウェア開発... [more]
SS2014-27
pp.13-16
SS 2014-03-11
15:45
沖縄 てんぷす那覇:第1・2会議室 得点による競争原理を用いた静的解析ツールによる欠陥除去の促進
新井 慧早大)・坂本一憲NII)・鷲崎弘宜深澤良彰早大
プログラムの欠陥を検出する静的解析ツールは,ソフトウェアに作りこまれた欠陥の早期発見に役立つことが知られている.
一方... [more]
SS2013-81
pp.55-60
SS, MSS
(共催)
2014-01-30
15:15
愛知 豊田中央研究所 アスペクト指向プログラミングによる高性能・低消費電力化
鷲崎弘宜大河原洸太原 章浩深澤良彰早大
 [more] MSS2013-56 SS2013-53
pp.29-34
SS, KBSE
(共催)
2013-07-25
15:00
北海道 北海道立道民活動センター [かでる2.7] 710会議室(7階) Portland Pattern Repositoryにおけるソフトウェアパターンに対するネットワーク分析
鷲崎弘宜早大)・川村 健USOL東京)・角谷将司深澤良彰早大
ソフトウェアパターンの収集サイトPortland Pattern Repository(以下PPR)にネットワーク分析の... [more] SS2013-18 KBSE2013-18
pp.31-36
SS 2013-05-10
11:15
香川 香川大学(幸町) Influence of Organizational Change on Product Metrics and Defects
Seiji SatoHironori WashizakiYoshiaki FukazawaWaseda Univ.)・Sakae InoueHiroyuki OnoYoshiiku HanaiMikihiko YamamotoFujitsu
In software development, the development organization someti... [more] SS2013-11
pp.61-66
MSS, SS
(共催)
2013-03-06
16:20
福岡 休暇村志賀島 複数言語対応かつ算出式変更可能なバグローカリゼーションフレームワークの提案
下條清史坂本一憲鷲崎弘宜深澤良彰早大
バグローカリゼーションとは,ソフトウェアテスティングで得られる情報からコード内のバグの位置を推定する手法で,近年その有用... [more] MSS2012-67 SS2012-67
pp.45-50
SS 2013-01-11
09:30
沖縄 沖縄県石垣市民会館 Simulinkモデルの保守性向上に向けたクラスタリングおよびUMLモデルとの双方向変換に関する研究
小澤貴之鷲崎弘宜深澤良彰早大
Simulinkモデルは組み込みソフトウェア開発に適している.一方,大規模で煩雑なモデルになりやすく検討・修正が困難であ... [more] SS2012-54
pp.49-53
SS, IPSJ-SE
(連催)
2012-11-02
13:00
広島 広島市立大学、講堂 小ホール 派生プロダクト群における要求・実装間のトレーサビリティリンク抽出
土屋良介鷲崎弘宜深澤良彰早大)・加藤正恭川上真澄吉村健太郎日立
派生開発されてきたプロダクト群に対して,保守や拡張を行う際には,要求と実装の間でトレーサビリティが明確化されていることが... [more] SS2012-44
pp.123-128
KBSE, SS
(共催)
2012-07-27
11:30
北海道 公立はこだて未来大学 Simulinkモデルにおけるグラフに基づく非完全一致モデルクローン検出
鷲崎弘宜村上真一深澤良彰早大
Simulinkモデルは,ブロック線図としてプログラムを表現したモデルであり,制御系を中心として組込みソフトウェア開発に... [more] SS2012-11 KBSE2012-13
pp.7-12
SS 2012-03-13
17:10
沖縄 てんぶす那覇 プログラムの構造に着目したFault-Localizationとデバッグ支援
下條清史坂本一憲鷲崎弘宜深澤良彰早大
Fault-Localizationはテスト結果からテスト失敗の原因となるコードの箇所を推定する手法で,デバッグ作業の支... [more] SS2011-73
pp.97-102
SS 2011-06-30
16:30
海外 高麗大(韓国) A Tool For Detecting Duplicated Test Code Based On Test Coverage to Assist TDD
Kazunori SakamotoWaseda Univ.)・Takuto WadaTowers Quest)・Hironori WashizakiYoshiaki FukazawaWaseda Univ.
The amount of test code has increased as the test technology... [more] SS2011-8
pp.41-46
SS 2005-04-21
13:35
和歌山 和歌山県立情報交流センター オブジェクト指向フレームワーク上のコンポーネントに対する精度の高いテスト網羅率計測方式の提案
坂田祐司岡本隆史横山和俊松田栄之NTTデータ)・鷲崎弘宜NII)・深澤良彰早大
コンポーネントは,組み込まれるシステムによって,その機能の利用範囲が異なる.よって,構造テストによりコンポーネントに対す... [more] SS2005-2
pp.7-12
 16件中 1〜16件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会