電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1〜6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICD, CPM, ED, EID, EMD, MR, OME, SCE, SDM
(共催)
QIT
(併催) [詳細]
2017-01-30
13:55
広島 みやじま杜の宿(広島) 非古典的結合統計と偏光の量子測定
鈴木佑太朗飯沼昌隆ホフマン ホルガ広島大
量子統計の非古典的側面は、演算子として表現される物理量が非可換な場合、顕著である。これは量子状態を非可換物理量の結合確率... [more]
QIT
(第二種研究会)
2016-05-30
17:10
高知 高知工科大学永国寺キャンパス 連続測定における推定値と測定結果との相関の評価
飯沼昌隆鈴木佑太朗新居大紀ホフマン ホルガ広島大
 [more]
QIT
(第二種研究会)
2014-11-17
17:00
宮城 東北大学 光子の量子測定における測定誤差と反作用との非古典相関
飯沼昌隆鈴木佑太朗新居大記木下竜二ホフマン ホルガ広島大
Ozawaの不等式で定義された測定誤差は二準位系に限れば古典的誤差と等しくなるため、古典統計を用いて容易に評価できる。し... [more]
QIT
(第二種研究会)
2013-11-19
09:20
東京 早稲田大学 二準位系でのOzawa不等式の誤差と擾乱の実験的評価
飯沼昌隆鈴木佑太朗木下竜二ホフマン ホルガ広島大
誤差と擾乱の不確定性関係を表すOzawaの不等式は、近年の中性子スピンを用いた実験や光子の偏光を用いた実験で実証された。... [more]
QIT
(第二種研究会)
2013-11-19
09:40
東京 早稲田大学 偏光の連続測定で得られる複素結合確率の実験的検証
鈴木佑太朗飯沼昌隆木下竜二ホフマン ホルガ広島大
2つの非可換な物理量の固有値の関数としてKirkwood-Dirac型の複素結合確率分布は量子状態を表現する。我々は測定... [more]
QIT
(第二種研究会)
2012-11-28
10:00
神奈川 慶応大学 日吉キャンパス 偏光の連続測定にみる測定の不確定性がない結合量子統計
鈴木佑太朗飯沼昌隆広島大)・ホフマン ホルガ広島大/JST
非可換物理量の結合量子統計を実験的に検証するために、さまざまな測定の強さで偏光の連続測定を行った。実験で直接確認できる結... [more]
 6件中 1〜6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会