電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 15件中 1〜15件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CAS 2016-01-29
11:55
東京 機械振興会館 ハードウェア非線形振動子モデルの結合系を用いた四肢歩行パターンの再現
小宅智史丸山陽央新潟大)・野村泰伸阪大)・前田義信新潟大
歩行運動を行う哺乳類の脊髄には中枢パターン発生器(CPG)の存在が仮定されている.CPGは運動リズムを周期的に発生させ,... [more] CAS2015-75
pp.79-83
NC, MBE
(共催)
2013-09-24
10:55
新潟 新潟大学 駅南キャンパス CPGネットワークを用いた四肢歩行シミュレーション研究
小島 颯新潟大)・市村智康小山高専)・塚田 章富山高専)・野村泰伸阪大)・前田義信新潟大
歩行運動を行う哺乳類の脊髄には中枢パターン発生器(CPG)の存在が仮定されている.CPGは運動リズムを周期的に発生させ,... [more] MBE2013-39 NC2013-25
pp.17-22
SIP, CAS, MSS, VLD
(共催)
2013-07-11
13:50
熊本 熊本大学 [招待講演]サドル型平衡点を伴うシステムを含むハイブリッド力学系の安定化制御 〜 ヒト立位姿勢・歩行運動制御および前立腺がんの間欠制御 〜
野村泰伸阪大
ヒト直立姿勢の機械力学や前立腺がん細胞の個体数変動を数理モデル化すると,その平衡状態はサドル型不安定平衡点となる.前者で... [more] CAS2013-11 VLD2013-21 SIP2013-41 MSS2013-11
pp.59-62
MBE, NC
(併催)
2012-11-16
10:25
宮城 東北大学 四肢動物の歩行パターンを制御する電子回路ネットワークの設計
小島 颯久保田真仁土門立志新潟大)・鈴木康之野村泰伸阪大)・前田義信新潟大
本稿では四肢動物の歩行パターンの幾つかを再現する回路ネットワークモデルを提案する.四肢動物は歩行速度に依存して,walk... [more] MBE2012-46
pp.5-10
NLP, CAS
(共催)
2012-09-20
13:05
高知 高知県立大学 永国寺キャンパス 四足歩行運動パターンを制御するアナログ回路設計の試み
前田義信久保田真仁新潟大)・鈴木康之野村泰伸阪大
歩行のようなリズム運動は中枢パターン発生器(CPG)によって生成されると考えられている.Rybakら(2006)は生理学... [more] CAS2012-31 NLP2012-57
pp.7-12
NC, MBE
(併催)
2011-03-07
10:40
東京 玉川大学 Physiome.jpにおける汎用マルチエージェントモデル開発システムの構築
弓倉陽介阪大)・浅井義之沖縄科学技研基盤整備機構)・鈴木康之安部武志野村泰伸阪大
 [more] NC2010-132
pp.29-34
MBE, NC
(併催)
2010-11-19
13:05
宮城 東北大学 ペースメーカ仮説とネットワーク仮説に基づく脊髄神経回路モデルを用いた交互バースト生成メカニズムの解析
冨永圭祐野村泰伸阪大
脊椎動物の脊髄内には複雑な神経回路網が存在し,その中には歩行のような周期的運動を駆動させる中枢パターン生成回路(CPG)... [more] MBE2010-47
pp.63-68
MBE, NC
(併催)
2010-11-19
13:30
宮城 東北大学 ヒト静止立位姿勢の倒立二重振子間欠制御モデル
鈴木康之阪大)・Pietro MorassoUniv. of Genova)・野村泰伸阪大
ヒトは機械力学的に不安定な静止立位姿勢を巧みに維持している.しかし,その制御メカニズムは十分に理解されていない.近年の計... [more] MBE2010-48
pp.69-74
NC, MBE
(併催)
2010-03-10
13:20
東京 玉川大学 ヒト静止立位時の重心動揺と下腿筋活動の立位条件依存性と制御モデルに基づくその解釈
竹内康浩立山翔太阪大)・野村国彦阪経済大)・浅井義之深田 慶佐古田三郎野村泰伸阪大
開眼,閉眼あるいは視覚的目標追随タスクを含むような種々の立位条件におけるヒト静止立位時の重心動揺(姿勢動揺)およびそのと... [more] NC2009-122
pp.201-206
NC, MBE
(併催)
2010-03-09
14:35
東京 玉川大学 足裏への微小機械刺激がヒト静止立位時の重心動揺に与える影響
小松一貴立山翔太阪大)・野村国彦阪経済大)・浅井義之佐古田三郎野村泰伸阪大
本研究の目的は,ヒト静止立位姿勢の制御メカニズムに関する仮説である,PD制御モデルおよび間欠制御モデルの妥当性を検証する... [more] MBE2009-107
pp.37-42
MBE 2009-05-22
15:20
富山 富山大学 アナログ・デジタルハイブリッドモデルを用いた心筋興奮の実時間シミュレーション
ファルハナハニ マハムッド咲花 騰阪大)・塩澤成弘立命館大)・野村泰伸阪大
心臓の収縮は心筋細胞膜の電気的興奮によって制御される.心臓における興奮伝播特性の異常は不整脈を引き起こす.単一細胞の特性... [more] MBE2009-9
pp.45-49
MBE 2006-10-27
13:40
大阪 大阪大学中之島センター Intermittent Neural Intervention during Human Quiet Stance
Youko YasutakeToru Nakamura・○Taishin NomuraOsaka Univ.
 [more] MBE2006-61
pp.17-20
NC 2006-03-17
13:25
東京 玉川大学 バランス課題の運動学習過程で獲得される低フィードバックゲインによる予測的立位安定化戦略
谷口悟史野村泰伸阪大
静止立位のスティッフネス制御をモデル化した倒立振子の
遅延PIDフィードバック制御系の振舞いと,ヒト被験者に対する
... [more]
NC2005-157
pp.37-42
MBE 2005-11-17
15:25
宮城 東北大工学部 階層および機能的ネットワーク構造モデリング支援ツールの開発(第1報)
渋谷典子尾臺晋介河津俊宏野村泰伸阪大
生体は分子から,細胞,組織,器官,個体に至る複数の空間スケールで特徴付けられる構造をもつ.あるスケールの要素の集合が,一... [more] MBE2005-90
pp.21-24
MBE 2004-11-03
15:15
大阪 大阪電通大 Winters骨格筋モデルの動特性解析
谷口悟史野村泰伸阪大
 [more] MBE2004-50
pp.19-22
 15件中 1〜15件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会