電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 19件中 1〜19件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IT, ISEC, WBS
(共催)
2016-03-11
10:00
東京 電気通信大学 Fail-Stop署名方式およびそのUC安全性に関する再考察
野村昌弘元千葉大)・中村勝洋千葉大
Fail-Stop署名(Fail-Stop Signature,以後FSS)方式[1],[2]は,任意の(super-p... [more] IT2015-131 ISEC2015-90 WBS2015-114
pp.181-188
ISEC 2014-09-05
14:10
東京 機械振興会館 信頼できる第三者機関を用いたFail-Stop署名方式およびそのUC安全性
野村昌弘中村勝洋千葉大
Fail-Stop署名(FSS)方式の要件として,否認不可能性と偽造不可能性がある.本稿ではまず,莫大な計算能力を持つ(... [more] ISEC2014-49
pp.13-20
ISEC, IT, WBS
(共催)
2014-03-11
11:00
愛知 名古屋大学 東山キャンパス Fail-Stop署名方式の識別不可能性に関する一考察
野村昌弘中村勝洋千葉大
Fail-Stop署名方式(以下FSS方式)は,署名検証に通る署名が署名者のvalidな署名以外にも多数存在するように構... [more] IT2013-79 ISEC2013-108 WBS2013-68
pp.155-161
ICD, ITE-IST
(連催)
2013-07-04
10:20
北海道 サン・リフレ函館 共振周波数と独立にクロック周波数を設定可能な間欠型共振クロック分配技術
更田裕司東大)・野村昌弘半導体理工学研究センター)・高宮 真桜井貴康東大
本稿では,閾値電圧近傍の非常に低い電源電圧で動作するロジック回路向けの,共振周波数と独立にクロック周波数を設定可能な間欠... [more] ICD2013-26
pp.13-18
IT, ISEC, WBS
(共催)
2013-03-07
10:55
大阪 関西学院大学 大阪梅田キャンパス Fail-stop署名の安全性要件に関する考察
野村昌弘中村勝洋千葉大
Fail-stop署名は「敵による署名の偽造が発生した事を, 署名者が証明できる」機能を, ディジタル署名に加えたもので... [more] IT2012-67 ISEC2012-85 WBS2012-53
pp.31-38
SDM, ICD
(共催)
2011-08-26
12:55
富山 富山県民会館 [招待講演]エナジーハーベストを用いた無線センサノードに適用可能な0.5V極低電力回路技術
高宮 真石田光一更田裕司東大)・野村昌弘篠原尋史半導体理工学研究センター)・桜井貴康東大
エナジーハーベストを用いた無線センサノードに適用可能な0.5V極低電力回路技術について示す。ロジック回路の最低可動電圧(... [more] SDM2011-88 ICD2011-56
pp.87-92
SDM, ICD
(共催)
2011-08-26
16:05
富山 富山県民会館 自動選択電荷注入を用いたCMOSロジック回路の最低可動電圧(VDDmin)の低減
本田健太郎池内克之東大)・野村昌弘半導体理工学研究センター)・高宮 真桜井貴康東大
 [more] SDM2011-94 ICD2011-62
pp.121-126
SDM, ICD
(共催)
2011-08-26
16:30
富山 富山県民会館 低電圧動作可能なコンテンションレス・フリップフロップと2種の電源電圧による整数演算回路のエネルギー効率向上の実証
更田裕司東大)・平入孝二半導体理工学研究センター)・安福 正高宮 真東大)・野村昌弘篠原尋史半導体理工学研究センター)・桜井貴康東大
 [more] SDM2011-95 ICD2011-63
pp.127-132
ICD 2011-04-19
10:20
兵庫 神戸大学 瀧川記念館 [依頼講演]高密度SRAMの微細化を可能とする階層セルアーキテクチャと多段階ワード線制御方式
武田晃一斉藤寿男朝山 忍相本代志治小畑弘之伊藤信哉高橋寿史竹内 潔野村昌弘林 喜宏ルネサス エレクトロニクス
 [more] ICD2011-10
pp.55-58
ICD 2008-12-12
13:20
東京 東工大(大岡山)国際交流会館 [依頼講演] DVFSのための電圧ステップ幅制御およびリファレンス電圧制御を用いた高速電源電圧制御方式
池永佳史野村昌弘NECエレクトロニクス)・中澤陽悦NEC)・林 喜宏NECエレクトロニクス
 [more] ICD2008-121
pp.95-100
ICD, SDM
(共催)
2007-08-23
14:35
北海道 北見工業大学 消費エネルギー最小化のための最適電源電圧決定回路
池永佳史野村昌弘中澤陽悦萩原靖彦NEC
 [more] SDM2007-151 ICD2007-79
pp.57-62
ICD, SDM
(共催)
2007-08-23
16:00
北海道 北見工業大学 [パネル討論]Dynamic Voltage & Frequency Scaling;ディープサブ100-nmを救えるか!
榎本忠儀中大)・入江直彦日立)・岡野 広富士通研)・崎山史朗松下電器)・中井將勝ソニー)・新居浩二ルネサステクノロジ)・野村昌弘NEC)・水野弘之日立
 [more] SDM2007-154 ICD2007-82
pp.75-78
MBE 2007-07-20
17:05
徳島 徳島大学工学部 継続的トレーニングをしている高齢者の頸動脈血流速度パターン
篠原康一アズラン アズヒム秋岡響平芥川正武徳島大)・田中弘之鳴門教大)・小原 繁野村昌弘吉? 和男徳島大)・山口久雄徳島文理大)・木内陽介徳島大
健康高齢化社会に向けて,病気予防,健康維持のために運動が勧められている.著者等の開発した携帯型動脈血流速度分布計測装置を... [more] MBE2007-31
pp.43-46
MBE 2007-07-21
14:15
徳島 徳島大学工学部 高精度体表面心電計の開発
乾 繁徳島大)・豊栖広雅ユーカリ)・野村昌弘佐竹 弘徳島大)・川邊富大川邊二郎豊栖康弘ユーカリ)・木内陽介徳島大
胸から背中にいたる体表面に等間隔に置いた124点の電極からバンドエリミネイトフィルタを使用せずに心電位を検出して二次元と... [more] MBE2007-38
pp.71-74
MBE 2006-07-14
13:55
岡山 岡山大学医学部 体表面心電図のバンドエリミネイトフィルタによる影響
豊栖広雅ユーカリ)・野村昌弘徳島大)・佐竹 弘研究連携推進機構)・川邊二郎豊栖康弘ユーカリ)・木内陽介徳島大
体表面心電図は、胸から背中にいたる体表面に等間隔に置いた124点の電極から心電位を検出して二次元と三次元の体表面電位分布... [more] MBE2006-33
pp.17-20
ICD 2006-04-14
11:40
大分 大分大学 次世代SRAMのために再定義した書き込みマージン
武田晃一池田秀寿萩原靖彦野村昌弘NEC)・小畑弘之NECエレクトロニクス
 [more] ICD2006-16
pp.85-90
ICD, SDM
(共催)
2005-08-18
14:55
北海道 函館国際ホテル 動作時および待機時における電源電圧およびしきい電圧の制御による消費電力最小化のためのモニタリング方式
池永佳史野村昌弘武田晃一中澤陽悦NEC)・相本代志治NECエレクトロニクス)・萩原靖彦NEC
(事前公開アブストラクト) 我々は回路の動作時および待機時において電源電圧VDDとしきい電圧Vthを動的に制御することに... [more] SDM2005-139 ICD2005-78
pp.67-72
MBE 2005-07-30
09:30
徳島 徳島大学工学部内工業会館 Simultaneous Measurement of Blood Flow Velocity and ECG for Cardiovascular Disease in Elder Subjects
Azran AzhimJun YamaguchiThe Univ. of Tokushima)・Yuji HiraoThe Univ. of Tokushima/Tokushima Pref. I. T. C.)・Yohsuke KinouchiThe Univ. of Tokushima)・Hisao YamaguchiTokushima Bunri Univ.)・Kazuo YoshizakiSusumu ItoMasahiro NomuraThe Univ. of Tokushima
 [more] MBE2005-39
pp.1-4
ICD 2005-04-14
09:00
福岡 福岡システムLSI 総合開発センター 低電圧時の安定高速動作を実現するノイズマージンフリーSRAM技術
武田晃一萩原靖彦NEC)・相本代志治NECエレクトロニクス)・野村昌弘中澤陽悦NEC)・石井利生小畑弘之NECエレクトロニクス
今後の微細化に伴うバラツキの増大によって、SRAMの読み出しノイズマージンと書き込みマージンとが共に減少し、通常の電源電... [more] ICD2005-1
pp.1-6
 19件中 1〜19件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会