電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 18件中 1〜18件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, IN
(併催)
2017-03-03
14:50
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル 自律分散型インターネットセキュリティ基盤とその攻撃遮断法
君山博之江口 健堤 智昭佐野 香八槇博史上野洋一郎米直樹佐々木良一小林 浩東京電機大
Internetに接続された装置(サーバ,PC,IoT機器など)へのサイバー攻撃が後を絶たない.最近のDDoS攻撃におい... [more] NS2016-251
pp.541-546
IA, IN
(併催)
2016-12-15
16:20
広島 広島市立大学 講堂小ホール 攻撃パケットの送信元アドレスと属性情報の特定による廃棄要請メッセージの生成
與五澤 守宮口侑己江口 健岸 有哉石川 毅堤智 昭佐野 香八槇博史上野洋一郎君山博之米崎直樹佐々木良一小林 浩東京電機大
年々巧妙化・組織化している世界規模でのサイバー攻撃は,インターネット利用における大きな脅威となっており,... [more] IA2016-69
pp.35-40
IA 2016-08-29
13:00
東京 IIJセミナールーム 自律分散型インターネットセキュリティ基盤を模擬したテストベッドでの帯域幅攻撃の遮断実験
宮口侑己江口 健岸 有哉與五澤 守工藤 渉鈴木竜生大澤一生石川 毅芦川大地堤 智昭佐野 香八槇博史上野洋一郎佐々木良一小林 浩東京電機大
 [more] IA2016-14
pp.7-12
ICSS, IA
(共催)
2016-06-07
10:35
佐賀 佐賀大学 自律分散型インターネットセキュリティ基盤を模擬したテストベッドでのDDoS攻撃の遮断実験
岸 有哉江口 健石川 毅鈴木竜生宮口侑己大澤一生與五澤 守佐野 香八槇博史上野洋一郎佐々木良一小林 浩東京電機大
年々巧妙化・組織化しているサイバー攻撃は,地球規模での大きな脅威となっている.これまでの“自分を守るセキュリティ”では限... [more] IA2016-9 ICSS2016-9
pp.45-50
IA 2016-01-29
15:45
東京 機械振興会館 B3 研修2号室 MLBルータを用いた通信相手限定によるマルウェア汚染IoTの無害化
山本優人川下壮周田中伸吾八槇博史小林 浩東京電機大
IoT機器や社会インフラのセキュリティ対策が急務となっている.通信相手を限定する双方向ホワイトリストは,マルウェア感染リ... [more] IA2015-86
pp.43-48
LOIS, ISEC, SITE
(共催)
2015-11-06
16:20
神奈川 神奈川大学 1号館804会議室 自律分散型インターネットセキュリティ基盤の実現性検討
小林 浩八槇博史上野洋一郎佐野 香佐々木良一東京電機大
年々過激化・巧妙化するサイバー攻撃が,大きな脅威になっている.これまでの自分を守るセキュリティでは限界がある.攻撃や不正... [more] ISEC2015-46 SITE2015-33 LOIS2015-40
pp.67-74
ICSS 2015-03-03
13:50
沖縄 名桜大学(沖縄県名護市) マルチレイヤ・バインディング(MLB)ルータによるサイバー攻撃対策技術 〜 廃棄要請プロトコル(DRP)の提案とOpenFlowを用いた実装評価 〜
江口 健長友勝太横山裕士佐野 香八槇博史上野洋一郎小林 浩東京電機大
近年のサイバー攻撃はこれまでの「自分を守る」セキュリティ技術では防ぐことは難しく,「インターネット全体での取り組み」が必... [more] ICSS2014-65
pp.13-18
IA 2014-09-12
10:00
東京 東工大蔵前会館 マルチレイヤ・バインディング・ルータによるサイバー攻撃対策の提案
小林 浩八槇博史末廣友貴上野洋一郎佐野 香佐々木良一東京電機大
サイバー攻撃パケットのインターネットへの流出/流入を阻止するマルチレイヤ・バインディング(MLB)ルータを提案する.ポイ... [more] IA2014-14
pp.1-6
IA 2014-09-12
10:30
東京 東工大蔵前会館 OpenFlowを用いたマルチレイヤ・バインディング・ルータの実装と評価
小林 浩八槇博史末廣友貴上野洋一郎佐野 香佐々木良一東京電機大
サイバー攻撃パケットのインターネットへの流出/流入を阻止するマルチレイヤ・バインディング(MLB)ルータを,OpenFl... [more] IA2014-15
pp.7-12
AI 2013-11-29
13:00
福岡 九州大学 伊都キャンパス ウエスト2号館 プログラム依存グラフを用いたマルチエージェントシミュレーションモデル改造支援
中嶋俊貴名大)・八槇博史東京電機大
マルチエージェントシミュレーション研究を行う際の問題の一つとして,シミュ レーションモデル作成のためのコストがある.モデ... [more] AI2013-30
pp.65-70
IA, ICSS
(共催)
2013-06-21
13:00
新潟 アオーレ長岡 擬似インターネットを用いたマルウェア動的解析のためのパケット転送制御方式の開発
廣野壮志名大)・大平健司奈良先端大)・山口由紀子名大)・八槇博史東京電機大)・高倉弘喜名大
マルウェアの動的解析では,インターネット接続を有する環境で解析を行わないと十分な解析結果が得られないマルウェアが存在する... [more] IA2013-12 ICSS2013-12
pp.67-72
ICSS 2012-11-22
14:30
広島 国民宿舎みやじま杜の宿(広島県廿日市市宮島町) 組織内部攻撃に対するリスク緩和のためのネットワーク設計支援システムの提案
長谷川皓一名大)・新 麗IIJ-II)・加藤雅彦IIJ)・山口由紀子八槇博史高倉弘喜名大
サイバー攻撃の巧妙化で,隔離ネットワークで保護された情報すら漏洩するようになった.これまでに様々な対策手法が提案されてい... [more] ICSS2012-51
pp.37-42
IA 2012-10-19
16:30
海外 プーケット Transparent Server Migration between Datacenters by Utilizing OpenFlow
Tatsuya FukushimaHirofumi YamakiYukiko YamaguchiHiroki TakakuraNagoya Univ.
For disaster mitigation, mechanisms that restore network ser... [more] IA2012-50
pp.95-100
ICSS, IA
(共催)
2012-06-22
09:50
東京 東海大学 高輪キャンパス 1号館2階 1206 教室 (1 日目) マルウェアのオペコードに着目した高速な分類手法
鐘 揚八槇博史山口由紀子高倉弘喜名大
ワーム,ウイルス,トロイの木馬などのマルウェアはネットワークシステムのセキュリティに大きな脅威を与えている.
マルウェ... [more]
IA2012-8 ICSS2012-8
pp.43-48
IA 2010-11-24
14:45
山梨 清泉寮 国際研修交流センター (山梨県) 準同型暗号系を用いた双方向ポリシマッチング
森 文宏八槇博史名大
インターネット上におけるサービス提供者,サービス利用者間のトラスト形成の仕組みとしてAutomated Trust Ne... [more] IA2010-52
pp.7-12
AI 2010-06-25
16:30
東京 関学東京キャンパス 言語グリッドにおける柔軟な用例対訳検索のためのオントロジーの構築
竹内育大鵜飼真充八槇博史名大
言語グリッドが提供するサービス基盤により,様々な言語資源を利用できるようになった.我々は用例対訳に焦点を当て,メタデータ... [more] AI2010-9
pp.49-54
AI 2009-02-27
18:05
東京 関学東京丸の内キャンパス 言語グリッドのためのメタデータオーサリング環境の開発
竹内育大八槇博史鵜飼真充名大
言語グリッドが提供する多言語サービス基盤は,インターネット上の言語資源を有効に利用できるように設計されている.我々は言語... [more] AI2008-61
pp.97-102
AI 2009-02-27
18:30
東京 関学東京丸の内キャンパス 言語グリッドにおけるシステム統合のためのディレクトリ機構の実現
古田卓也柳澤大祐鵜飼真充八槇博史名大
言語グリッドにおいて多言語の資源とアプリケーションを結合する際にそれらの精密な整合が問題となり,そのためにメタデータを用... [more] AI2008-62
pp.103-108
 18件中 1〜18件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会