電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1〜8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IA, ICSS
(共催)
2017-06-08
14:50
高知 高知工科大学 永国寺キャンパス おとりを利用した無料サービスによるメールアドレスの漏洩調査に関する研究
橋田啓佑川北 将島 成佳NEC
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2016-03-03
16:00
京都 京都大学 学術情報メディアセンター 南館 効率的なインシデントハンドリングを支えるフォレンジック収集基盤実現に向けた課題分析
羽角太地島 成佳角丸貴洋NEC
ICTシステムを扱う組織は,情報セキュリティインシデントに関する対策が求められている.しかし,近年のサイバー攻撃は高度化... [more] ICSS2015-53
pp.35-40
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2016-03-03
16:30
京都 京都大学 学術情報メディアセンター 南館 テクニカル分析によるサイバーインシデント予測手法の検討
川北 将島 成佳NEC
 [more] ICSS2015-57
pp.59-64
ICSS 2015-03-04
13:40
沖縄 名桜大学(沖縄県名護市) 言語情報に着目したマルウェアの原産国推定手法
川北 将島 成佳NEC
マルウェアを用いたサイバー攻撃が社会問題となっており,国家における意思決定に影響を及ぼしている.ファイルがマルウェアか否... [more] ICSS2014-88
pp.151-156
ICSS, ISEC, SITE, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2014-07-03
10:40
北海道 サン・リフレ函館 標的型攻撃対策に向けた欺瞞機構を用いた防御アーキテクチャ
角丸貴洋島 成佳渡部正文NEC)・吉岡克成横浜国大
近年,サイバー攻撃は巧妙化,多様化しており,組織内ネットワークへの侵入を完全に防ぐことが困難な状況となっている.このため... [more] ISEC2014-15 SITE2014-10 ICSS2014-19 EMM2014-15
pp.69-74
IN 2008-07-17
15:35
兵庫 神戸大学 サービス専用アドレス情報の伝播機構(DNSO)を基盤としたIPv6グローバル通信アーキテクチャ
島 成佳北村 浩NEC/電通大
 [more] IN2008-29
pp.17-22
NS, IN
(併催)
2008-03-07
10:25
沖縄 万国津梁館(沖縄) サービス専用のアドレスをシームレスに提供するグローバル通信セキュリティ機構
島 成佳北村 浩NEC/電通大
 [more] IN2007-237
pp.467-472
IN 2007-06-22
15:00
北海道 はこだて未来大学 新型サービス提供方式によるIPv6グローバル通信セキュリティ機構
島 成佳北村 浩NEC/電通大
IPv6ネットワークでは,すべてのホストがグローバルアドレスを用いてサーバになれる特長がある.しかしそれは同時に攻撃や情... [more] IN2007-25
pp.85-90
 8件中 1〜8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会