電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 19件中 1〜19件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SIS 2016-06-09
13:20
北海道 釧路市観光国際交流センター [チュートリアル講演]国際標準メディアトランスポートMPEG-H MMT 〜 規格概要と通信・放送への応用 〜
仲地孝之NTT
MMT (MPEG Media Transport) は、ISO/IECのワーキンググループMPEGが制定する次世代メデ... [more] SIS2016-4
pp.17-22
SIS 2015-06-09
11:10
長崎 アルカスSASEBO(長崎佐世保) 分散ストレージにおけるディスク修復時の通信量を削減する非正則Flat XOR符号の構成法
吉田由唯外村喜秀仲地孝之白井大介藤井竜也NTT
分散ストレージシステムの信頼性を高めるため,再生成符号やPyramid符号などの消失訂正符号が研究されている.これらの符... [more] SIS2015-12
pp.63-68
SIS 2015-06-09
11:30
長崎 アルカスSASEBO(長崎佐世保) 分散情報源符号化定理に基づく階層型ロスレス映像符号化
仲地孝之藤井竜也NTT
分散情報源符号化(DSC: Distributed Source Coding)が対象とするモデルでは、相関のある情報源... [more] SIS2015-13
pp.69-74
SIS 2014-12-19
14:50
京都 京都リサーチパーク(京都市) ネットワーク型多チャンネルエコーキャンセラの検討
岡田 敦仲地孝之江村 暁藤井竜也NTT
多チャンネルエコーキャンセラは、遠隔協調作業NSCWを実現する重要な高臨場感音響処理技術の一つである。先に著者らは、多チ... [more] SIS2014-90
pp.131-136
SIS, IPSJ-AVM
(連催)
2014-09-11
15:10
山形 庄内産業振興センター(山形県鶴岡市) 可搬型リソースユニットを用いたロバスト分散ストレージシステム
仲地孝之岡田 敦藤井竜也NTT
東日本大震災では、通信設備が大きな被害を受け、情報通信サービスの停止もしくは機能停止の状態が続いた。その教訓から、迅速に... [more] SIS2014-58
pp.51-56
IPSJ-DPS, IPSJ-GN, IPSJ-EIP
(共催)
CQ, MoNA
(併催) [詳細]
2013-09-12
08:55
石川 金沢工業大学 遠隔協調作業環境において伝搬遅延が協調作業に及ぼす影響
北端美紀持田康弘仲地孝之藤井竜也NTT
高精細マルチ映像伝送と6チャンネルエコーキャンセラを組み合わせた遠隔会議環境を,PCの操作と画面を遠隔共有し協調作業を行... [more] CQ2013-29
pp.5-10
CS 2013-07-04
09:50
沖縄 複合型公共施設(与那国島) MMTを利用したNSCW伝送方式の検討
仲地孝之外村喜秀藤井竜也NTT
先に著者らは、超高精細映像の伝送符号化に関わる様々な技術を基に、デジタルシネマ、4K-ODS配信、4Kマルチテレプレゼン... [more] CS2013-10
pp.15-20
SIS 2013-06-13
10:30
鹿児島 宝山ホール(鹿児島) 耐災害ICT機能を有するストレージデータ階層的伝送システム
仲地孝之金 順暎藤井竜也NTT
先の東日本大震災では、情報通信ネットワークが広い地域で壊滅的な被害を受けるとともに、情報通信に対する需要が爆発的に発生し... [more] SIS2013-1
pp.1-6
IT, ISEC, WBS
(共催)
2013-03-08
13:40
大阪 関西学院大学 大阪梅田キャンパス [招待講演]分散情報源定理とメディア処理への応用
仲地孝之NTT
分散情報源符号化定理は 1970 年代に確立された古典的なものであるが、シャノン限界に近づく優れた通信路符号化方式の発見... [more] IT2012-100 ISEC2012-118 WBS2012-86
pp.241-246
ISEC, LOIS
(共催)
2012-11-21
15:05
静岡 静岡市産学交流センター 秘密分散法を利用した乗算が可能な秘密計算の提案
中田亮太仲地孝之NTT
本報告では、Shamirの秘密分散法を利用した秘密計算の提案を行う.
Shamirの秘密分散法は秘匿にしたいデータを複... [more]
ISEC2012-59 LOIS2012-34
pp.15-20
NS 2012-10-11
10:35
京都 京都大学 攻撃・離脱に強い階層型P2Pネットワークトポロジに関する一考察
須藤克弥西山大樹加藤 寧東北大)・仲地孝之藤井竜也高原 厚NTT
P2P (Peer to Peer) ネットワークでは,各ノードが分散して役割を担うためノードは自由に参加・離脱できるが... [more] NS2012-83
pp.19-24
CS, CQ
(併催)
2012-04-20
11:40
沖縄 石垣島官公労八重山会館 4Kマルチ映像と6チャンネルエコーキャンセラを用いた超高臨場遠隔コラボレーションシステム
金 順暎仲地孝之江村 暁藤井竜也羽田陽一NTT
低遅延かつ高信頼な4K60p JPEG2000伝送装置3台と,6チャンネルエコーキャンセラを組み合わせた3面遠隔コラボレ... [more] CQ2012-16
pp.87-92
CAS, CS, SIP
(共催)
2012-03-08
12:20
新潟 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」 学習型カーネル回帰による超解像を用いた分散映像符号化法
中村遼太郎工藤 忍慶大)・仲地孝之NTT)・浜田 望慶大
分散映像符号化(Distributed Video Coding:DVC)は,復号側でフレーム間補間を行う映像符号化方式... [more] CAS2011-111 SIP2011-131 CS2011-103
pp.25-30
SIS 2011-06-09
15:50
沖縄 石垣市健康福祉センター [招待講演]分散情報源符号化:定理と応用
仲地孝之NTT
分散情報源符号化は、複数の相関のある情報源に対して互いを観測することなく分散して符号化し、受信側ではそれらの各データを一... [more] SIS2011-13
pp.63-68
CS, SIP, CAS
(共催)
2011-03-04
10:10
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) 超解像を利用したDVCにおける符号化効率の改善
宮澤 怜慶大)・仲地孝之NTT)・浜田 望慶大
Distributed Video Coding(DVC)は符号化側でフレーム間補間を行わない新しいパラダイムの符号化方... [more] CAS2010-158 SIP2010-174 CS2010-128
pp.329-334
CS, SIP, CAS
(共催)
2011-03-04
10:30
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) 分散映像符号化のための領域解析に基づく超解像度復元法
大串和正慶大)・仲地孝之NTT)・浜田 望慶大
軽量なエンコーダを実現する手法として分散映像符号化(Distributed Video Coding, DVC)に対する... [more] CAS2010-159 SIP2010-175 CS2010-129
pp.335-340
SIP, RCS
(共催)
2009-01-23
14:35
熊本 熊本大学 レイヤードマルチキャスト配信へ向けたMotion JPEG2000の階層的暗号化法
仲地孝之豊島 鑑外村喜秀藤井竜也NTT
 [more] SIP2008-163 RCS2008-211
pp.231-236
IT 2008-09-12
09:30
沖縄 カルチャーリゾート・フェストーネ(沖縄県宜野湾市) Distributed Video Codingにおけるレート推定に基づくRate-Adaptive LDPC符号の高効率化
外村喜秀仲地孝之藤井竜也NTT)・貴家仁志首都大東京
Distributed Video Coding(DVC)が新しい画像符号化パラダイムとして注目を集めている.しかし,D... [more] IT2008-31
pp.67-72
SIS 2008-06-13
13:40
北海道 旭川市国際会議場第2&第3会議室(旭川市大雪クリスタルホール内) ウェーブレット領域Distributed Video Codingのフレーム内/間適応モード選択手法の検討
仲地孝之外村喜秀藤井竜也NTT
Distributed Video Coding (DVC) は、近年研究者の注目を集めている新しいパラダイムの映像符号... [more] SIS2008-22
pp.45-50
 19件中 1〜19件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会