電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 62件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICTSSL 2017-07-13
13:50
香川 香川大学 情報フローティングによる移動体の誘導のための情報配信に関する考察
稲川優斗宮北和之中野敬介新潟大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
ICTSSL 2017-07-14
11:15
香川 香川大学 情報フローティングのシステム開発と実験による評価
柄沢直之中谷内健斗蒲生基司宮北和之中野敬介新潟大)・田村 裕中大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
ICTSSL 2017-05-30
13:00
宮城 NEXCO東日本 東北支社 仙台東管理事務所 ネットワーク化された情報フローティングについて
中野敬介宮北和之新潟大
エピデミック通信は移動体同士の直接無線通信と移動により情報を空間的に拡散する.情報フローティングは,情報の送信可能エリア... [more] ICTSSL2017-11
pp.51-56
ICTSSL 2017-03-02
13:55
新潟 新潟大学 情報フローティングによる交通制御に関する考察
宮北和之中野敬介新潟大
エピデミック通信における移動端末同士の直接通信を限られた領域(送信可能領域:TA)だけで行わせることにより,特定の領域に... [more] ICTSSL2016-70
pp.5-10
ICTSSL 2017-03-03
11:00
新潟 新潟大学 ホームセンター内における店員の配置による顧客動線の変化についてのマルチエージェントシミュレーション
谷 賢太朗事業創造大)・前田義信中野敬介新潟大)・仙石正和事業創造大
近年,ウェアラブルセンサーを用いた人間行動のビッグデータを用いた研究が盛んに行われている.ビッグデータを用いた研究の中で... [more] ICTSSL2016-79
pp.49-52
ICTSSL 2017-03-03
11:50
新潟 新潟大学 情報フローティングの送信可能領域制御に関する考察
成田郁也宮北和之中野敬介新潟大
情報フローティングは直接無線通信による送信を送信可能エリアだけに制限することにより,エピデミック通信における無秩序な情報... [more] ICTSSL2016-81
pp.59-62
CAS, ICTSSL
(共催)
2017-01-26
16:50
東京 機械振興会館 情報フローティングによる誘導に関する考察
稲川優斗宮北和之中野敬介新潟大
情報フローティングは直接無線通信による送信を送信可能エリアだけに制限することにより,エピデミック通信における無秩序な情報... [more] CAS2016-95 ICTSSL2016-49
pp.85-88
CAS, ICTSSL
(共催)
2017-01-27
13:25
東京 機械振興会館 プロジェクトマネジメントの観点に基づく災害対応業務配分検証システムの開発
菅原飛夢新潟大)・井ノ口宗成静岡大)・中野敬介新潟大
近年,日本は多くの自然災害を経験しながらも,災害対応の経験知は十分に継承されておらず,実際の災害時に効果的に機能する災害... [more] CAS2016-106 ICTSSL2016-60
pp.139-143
CAS, ICTSSL
(共催)
2017-01-27
13:45
東京 機械振興会館 形態素解析を用いた地震学研究の動向把握に資する研究 〜 地震学会10年間の研究題目を事例として 〜
阿部光樹新潟大)・井ノ口宗成静岡大)・加藤尚之森田裕一東大)・田村圭子新潟大)・木村玲欧兵庫県立大)・中野敬介新潟大
災害の研究分野では,理学・工学を中心として発展を遂げてきたが,近年では社会科学分野も融合し,学際的な分野として進化を続け... [more] CAS2016-107 ICTSSL2016-61
pp.145-150
CAS, ICTSSL
(共催)
2017-01-27
14:05
東京 機械振興会館 複合災害を想定したクラウド版避難経路決定支援シナリオの実装
関川貴大新潟大)・井ノ口宗成静岡大)・中野敬介新潟大
地域住民の減災行動力を向上させるためには,発災以前に避難計画を策定しておくことが有効である.そのためには,避難の過程で遭... [more] CAS2016-108 ICTSSL2016-62
pp.151-155
CAS, NLP
(共催)
2016-10-28
11:00
東京 日立中央研究所 [招待講演]移動ネットワーク問題に関する基礎研究 〜 情報フローティングの性能評価 〜
宮北和之中野敬介新潟大
移動端末間の直接無線通信と端末の移動により情報を拡散して宛先に情報を伝える手法として,エピデミック無線通信がある.エピデ... [more] CAS2016-54 NLP2016-80
pp.85-90
IN, ICTSSL, NWS
(併催)
2016-10-20
09:55
大阪 大阪大学 ながら充電と電気自動車シェアリングに関する一考察
中野敬介宮北和之新潟大
電気自動車(EV)の充電にはガソリン給油と比較して時間がかかるため,充電に関する様々な新しい考え方がある.「ながら充電」... [more] ICTSSL2016-21
pp.7-12
IN, ICTSSL, NWS
(併催)
2016-10-20
10:20
大阪 大阪大学 情報フローティングの基本性質に関する一考察
宮北和之・○中野敬介新潟大
エピデミック無線通信とは,移動端末間の直接無線通信と情報をもつ端末の移動により情報を拡散して宛先に情報を伝えるという手法... [more] ICTSSL2016-22
pp.13-18
ICTSSL 2016-06-15
13:00
宮城 東北大学 情報滞留における送信可能領域の数と大きさの影響に関する考察
高野詔弘宮北和之中野敬介新潟大
エピデミック通信とは,無線端末同士の直接無線通信と端末自身の移動により情報を広げる手法である.エピデミック通信において,... [more] ICTSSL2016-13
pp.73-77
ICTSSL 2016-06-15
13:25
宮城 東北大学 エピデミック通信における情報の更新と送信電力制御に関する考察
木下直紀宮北和之中野敬介新潟大
無線端末同士の情報交換および移動により情報拡散を行うエピデミック通信は,通信インフラを必要としないため,地域情報配信や災... [more] ICTSSL2016-14
pp.79-84
ICTSSL 2016-06-15
13:50
宮城 東北大学 グラフ彩色からみた無線通信におけるチャネル数の範囲について
田村 裕松本 峻中大)・中野敬介新潟大
無線通信におけるチャネル割当とグラフ理論における彩色問題は古くから関連性が示され,様々な研究がなされてきた.その中で多く... [more] ICTSSL2016-15
pp.85-90
CAS 2016-01-29
10:00
東京 機械振興会館 マルチエージェントシステムを用いた電力融通モデリングの試み
谷 賢太朗事業創造大)・前田義信中野敬介新潟大)・沼田秀穂仙石正和事業創造大
近年,普及の進む太陽光発電は今まで需要者だった一般家庭が電力供給を行う側となれる点で電力網における大きな転換といえる.そ... [more] CAS2015-71
pp.57-60
CAS 2016-01-29
11:30
東京 機械振興会館 インフォメーションフローティングにおける移動体の行動変化と性能評価
中野敬介宮北和之新潟大
エピデミック無線通信とは,移動端末間の直接無線通信と情報をもつ端末の移動により情報を拡散して宛先に情報を伝えるという手法... [more] CAS2015-74
pp.73-78
CAS 2016-01-29
14:30
東京 機械振興会館 二次元コードを用いたUAV飛行制御システム開発の試み
田邊早紀前田義信榎本洸一郎中野敬介山達也新潟大
 [more] CAS2015-79
pp.101-102
RCC, ASN, RCS, NS, SR
(併催)
2015-07-29
14:00
長野 JA長野県ビル 路上空間を用いたセンサネットワークのリレーノード配置方式について
今井博英間瀬憲一新潟大)・岡田 啓名大)・中野敬介新潟大
 [more] ASN2015-24
pp.21-26
 62件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会