電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 44件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IEE-CMN, ITE-BCT
(共催)
OFT, OCS
(併催)
(連催) [詳細]
2016-11-11
09:30
長崎 長崎商工会議所 スラリーキャスト法を用いたマルチコアファイバの作製
山本 潤矢嶋 保木下祐輔石井 太湖北工業)・吉田真人廣岡俊彦中沢正隆東北大
高純度の石英粉末を出発材料としたスラリーキャスト法を用いて7コアのマルチコアファイバを作製した.作製したマルチコアファイ... [more] OFT2016-30
pp.29-33
LQE, OPE, EMD, R, CPM
(共催)
2016-08-25
11:05
北海道 函館ロワジールホテル 295 mW出力,周波数安定化CWエルビウムファイバレーザ
葛西恵介吉田真人中沢正隆東北大
今回我々は、安定な単一周波数動作と高い出力強度を同時に実現できる短共振器構造のエルビウムファイバリングレーザを作製し、本... [more] R2016-23 EMD2016-27 CPM2016-36 OPE2016-57 LQE2016-32
pp.21-26
NS, RCS
(併催)
2015-12-17
13:30
愛媛 松山市総合コミュニティセンター [依頼講演]5G実現に向けた超高密度マルチバンド・マルチアクセス多層セル構成による大容量化技術の研究開発の概要
箕輪守彦関 宏之富士通)・奥村幸彦須山 聡NTTドコモ)・大高明浩木村俊二中津川征士NTT)・浅野弘明市川泰史パナソニック)・平野幸男三菱電機)・山尾 泰電通大)・安達文幸中沢正隆東北大
本稿では,総務省が「平成27年度における電波資源拡大のための研究開発」として公募した研究開発課題の一つである「第5世代移... [more] NS2015-134 RCS2015-250
pp.43-48(NS), pp.41-46(RCS)
OCS 2015-07-30
10:00
東京 東工大蔵前会館 周波数利用効率10.6 bit/s/Hzを有する1.92 Tbit/s/ch、64 QAMコヒーレント直交時分割多重伝送
オツヤ ダビド オデケ原子広大葛西恵介廣岡俊彦中沢正隆東北大
(事前公開アブストラクト) 日本語:これまで我々はコヒーレントナイキストパルスを用いた時分割多重(TDM: Time D... [more] OCS2015-26
pp.7-12
QIT
(第二種研究会)
2014-11-18
13:30
宮城 東北大学 デジタルコヒーレント伝送技術を用いたQAM量子ストリーム暗号
中沢正隆吉田真人廣岡俊彦葛西恵介東北大
 [more]
MWP 2014-11-05
13:30
宮城 東北大通研 ナノ・スピン総合研究棟4階カンファレンスルーム [特別招待講演]東北大学電気通信研究機構における耐災害ICTの研究活動とNICTとの連携
中沢正隆東北大
 [more] MWP2014-42
pp.1-6
OCS, OPE, LQE
(共催)
2014-10-30
14:05
長崎 長崎歴史文化博物館 コヒーレント光ナイキストパルスを用いた直交時分割多重信号の超高速多重分離
原子広大David Odeke Otuya葛西恵介廣岡俊彦中沢正隆東北大
局発信号としてナイキストパルスを用いたコヒーレント光時分割多重(OTDM)ナイキストパルス信号の多重分離法を提案する。本... [more] OCS2014-60 OPE2014-104 LQE2014-78
pp.97-100
OFT 2014-01-24
14:30
東京 芝浦工業大学 マルチコアファイバの融着によるクロストーク特性への影響に関する考察
今村勝徳杉崎隆一八木 健古河電工)・吉田真人中沢正隆東北大
マルチコアファイバにおける融着状態とクロストークの関係について調査した.調心精度を制御することで意図的に融着ロスを変化さ... [more] OFT2013-48
pp.11-15
LQE, CPM, EMD, OPE, R
(共催)
2012-08-23
11:50
宮城 東北大学電気通信研究所 光周波数安定化Cs光原子時計の性能改善
得平和成鈴木文崇吉田真人中沢正隆東北大
我々はモードホップフリー再生モード同期ファイバレーザと光励起Csガスセルを組み合わせたCs光原子時計の開発に取り組んでい... [more] R2012-25 EMD2012-31 CPM2012-56 OPE2012-63 LQE2012-29
pp.21-25
LQE, CPM, EMD, OPE, R
(共催)
2012-08-24
09:30
宮城 東北大学電気通信研究所 PMMA含有SWNTを可飽和吸収体として用いた1.07μm帯受動モード同期Ybファイバレーザ
吉田真人堀 雄一郎廣岡俊彦中沢正隆東北大
単層カーボンナノチューブ(Single-Wall Carbon Nanotube: SWNT)の緩和時間は1 ps以下と... [more] R2012-37 EMD2012-43 CPM2012-68 OPE2012-75 LQE2012-41
pp.83-86
LQE, CPM, EMD, OPE, R
(共催)
2012-08-24
09:55
宮城 東北大学電気通信研究所 SWNTを用いた受動モード同期ファイバレーザの高出力化
小野敬人堀 雄一郎吉田真人廣岡俊彦中沢正隆東北大)・真多淳二塚本 遵東レ
我々はこれまでに、ポリメタクリル酸メチルなどのポリマー中に単層カーボンナノチューブ(Single-Wall Carbon... [more] R2012-38 EMD2012-44 CPM2012-69 OPE2012-76 LQE2012-42
pp.87-90
OCS 2012-07-26
14:05
静岡 ニューウェルシティ湯河原 RZ-CW変換法を用いたコヒーレント32RZ/QAM伝送
葛西恵介David Odeke Otuya吉田真人廣岡俊彦中沢正隆東北大
コヒーレント多値OTDM(Optical Time-Division Multiplexing)伝送は超高速かつ高密度な... [more] OCS2012-23
pp.13-18
NS, OCS, PN
(併催)
2012-06-22
11:15
山形 山形大学 非線形ファイバループミラーを用いた1.1μm,160Gbit/s OTDM信号の多重分離
小泉健吾廣岡俊彦吉田真人中沢正隆東北大
(事前公開アブストラクト) 光ファイバネットワークの大容量化に伴い、波長1.55, 1.31 μm帯以外の新しい波長帯を... [more] OCS2012-18
pp.47-52
OCS, OPE
(併催)
2012-05-18
09:30
東京 機械振興会館 2次PMDによる偏波多重信号のクロストークとその超高速光伝送への影響
廣岡俊彦原子広大関 鵬宇中沢正隆東北大
単一チャネルテラビットOTDMのような超短光パルス伝送においては、1次PMDを完全に補償しても、 2次PMD (Depo... [more] OCS2012-1
pp.1-4
CPM, OPE, LQE, EMD
(共催)
2011-08-25
16:00
北海道 北海道大学 創成科学研究棟 5階 大会議室 <sup>13</sup>C<sub>2</sub>H<sub>2</sub>(アセチレン)周波数安定化ファイバリング外部共振器型λ/4シフトDFB LDの発振特性
葛西恵介中沢正隆東北大
我々はこれまでに波長1.5 um帯$lambda$/4シフトDistributed Feedback (DFB) LDに... [more] EMD2011-41 CPM2011-85 OPE2011-76 LQE2011-39
pp.49-52
OCS 2011-07-11
13:40
大阪 大阪大学 中之島センター 64 QAMコヒーレント信号のFPGAリアルタイム受信器の開発
吉田真人大宮達則葛西恵介中沢正隆東北大
(事前公開アブストラクト) 我々は周波数安定化レーザおよび光PLL回路を用いた超多値コヒーレント光伝送の研究に取り組んで... [more] OCS2011-27
pp.7-12
OCS 2011-07-12
15:50
大阪 大阪大学 中之島センター 周波数分割多重64 QAM-OFDM信号(420 Gb/s)の160 km伝送
大宮達則豊田和志葛西恵介吉田真人中沢正隆東北大
我々はこれまでC2H2周波数安定化ファイバレーザと光位相同期回路(OPLL)を用い,高精度な位相同期を行った64QAM-... [more] OCS2011-43
pp.93-98
OCS, CS
(併催)
2011-01-28
10:15
徳島 徳島大学 非線形シュレディンガー方程式の逆伝搬法を用いた10 Gsymbol/s, 64 QAMコヒーレント光伝送の特性改善
豊田和志岡本聖司大宮達則吉田真人廣岡俊彦中沢正隆東北大
我々はこれまで周波数安定化ファイバレーザと光位相同期(OPLL)回路を用い、64~512値のQAMコヒーレント光伝送の研... [more] OCS2010-110
pp.67-72
LQE, OPE, OCS
(共催)
2010-10-29
11:10
福岡 門司港レトロ・港ハウス 超高速時間領域光フーリエ変換法による1.28 Tbit/s/ch-525 km単一偏波DQPSK伝送
冨山祐太朗関 鵬宇東北大)・Hans Christian Hansen Mulvadデンマーク工科大)・平野敏行廣岡俊彦中沢正隆東北大
サブピコ秒パルスを用いた超高速光信号の長距離伝送においては,波長分散,偏波分散(PMD)に加え,高次PMDとその時間変動... [more] OCS2010-76 OPE2010-112 LQE2010-85
pp.121-126
OCS, NS, PN
(併催)
2010-06-24
10:45
秋田 秋田大学 単一チャネル400 Gbit/s-225 km OTDM-32 RZ/QAMコヒーレント伝送
葛西恵介大宮達則関 鵬宇吉田真人廣岡俊彦中沢正隆東北大
我々は1チャネル当たりの伝送容量を飛躍的に拡大させる光伝送方式として、デジタル信号処理を用いたコヒーレント多値光時分割多... [more] OCS2010-11
pp.1-6
 44件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会