電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1〜6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
KBSE 2015-10-30
10:45
東京 日本大学・理工学部・駿河台校舎 1号館 入力分析に基づくコード保証方法の提案
宮林凌太渥美紀寿森崎修司山本修一郎名大
ソフトウェアのセキュリティに関する脆弱性は不正な入力に起因する場合が多
く,ソフトウェアを構成するモジュールの入力に対... [more]
KBSE2015-39
pp.17-22
KBSE 2015-03-05
15:55
東京 電通大(調布, 東3号館) モジュールを用いた安全性ケースの読解性向上手法についての考察
近藤純平森崎修司山本修一郎名大
システムが安全性を満足することを示すため安全性ケースが用いられる.しかし,多くの要素を含む安全性ケースの読解性には,シス... [more] KBSE2014-58
pp.37-42
KBSE 2014-11-06
14:45
京都 同志社大(京都/室町キャンパス,寒梅館3F) CDM記述のためのコンテクスト抽出手法の能力比較
松村昌典森崎修司渥美紀寿山本修一郎名大
CDMに基づくD-Case作成法では,CDMに記述されるシステム構成要素やその見たすべき条件等やそれらの関係によってD-... [more] KBSE2014-30
pp.13-18
KBSE 2014-11-07
10:00
京都 同志社大(京都/室町キャンパス,寒梅館3F) 要求テンプレートを用いた要求分析法の調査
伊藤一希近藤純平下江 衛森崎修司渥美紀寿山本修一郎名大
本稿では,「自転車事故防止システム」を題材にして要求テンプレートを用いた要求分析を行うことにより,その問題点を明らかにす... [more] KBSE2014-34
pp.37-42
KBSE 2014-11-07
10:45
京都 同志社大(京都/室町キャンパス,寒梅館3F) 要求記述表を用いたテスト項目抽出手法の適用評価について
大林英晶森崎修司山本修一郎名大
 [more] KBSE2014-35
pp.43-46
SS 2008-08-01
10:00
北海道 公立はこだて未来大学 見逃し欠陥の回帰テスト件数を考慮したコードレビュー手法
田村晃一亀井靖高上野秀剛森崎修司松村知子松本健一奈良先端大
テスト工程での欠陥修正には膨大な再テストが必要になるケースがあり,コストの増大や納期の遅延原因になるばかりでなく,テスト... [more] SS2008-23
pp.61-66
 6件中 1〜6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会