電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 85件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SITE, EMM, ISEC, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2017-07-15
13:50
東京 内田洋行東京本社ショールーム TEEシステムアーキテクチャとそのオープンソース実装のセキュリティ評価
吉田直樹横浜国大)・福島和彦宮内成典ルネサス エレクトロニクス)・坂本純一藤本大介松本 勉横浜国大
ARMマイコンに搭載されるTrustZoneを用いて,デバイスのリソースをTrusted Execution Envir... [more] ISEC2017-36 SITE2017-28 ICSS2017-35 EMM2017-39
pp.267-274
SITE, EMM, ISEC, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2017-07-15
14:15
東京 内田洋行東京本社ショールーム 高機能暗号向けZynq利用コプロセッサ開発環境とその評価
三好孝典松本 勉横浜国大
楕円曲線上で定義される双線形写像(ペアリング)を用いた高機能暗号が多数提案されているが,
ペアリング演算の計算コスト... [more]
ISEC2017-37 SITE2017-29 ICSS2017-36 EMM2017-40
pp.275-280
HWS
(第二種研究会)
2017-06-12
15:25
青森 弘前大学 Zynqを用いたペアリング暗号コプロセッサ開発環境の検討
三好孝典松本 勉横浜国大
(事前公開アブストラクト) ペアリングに基づく高機能暗号に対する,速度や回路規模等の実装目標に応じた様々なコプロセッサの... [more]
HWS
(第二種研究会)
2017-06-12
17:40
青森 弘前大学 意図的な電磁波注入を用いたIC内部のハードウェアトロージャンの起動に関する検討
藤本大介林 優一奈良先端大)・松本 勉横浜国大
(事前公開アブストラクト) 本検討では、意図的な電磁波注入によりIC内部に生じた電磁気的な変化をトリガとしてハードウェア... [more]
HWS
(第二種研究会)
2017-06-13
09:00
青森 弘前大学 すべての部分鍵候補のテンプレートを利用する自己プロファイリング型サイドチャネル攻撃
奥冨賢哉坂本純一松本 勉横浜国大
(事前公開アブストラクト) 共通鍵暗号の実装とその未知の鍵を含む対象暗号モジュールからのサイドチャネルデータに基づき求め... [more]
HWS
(第二種研究会)
2017-06-13
11:15
青森 弘前大学 ポータブルな自動車向けセキュリティテストベッド
遠山 毅小熊 寿トヨタIT開発センター)・松本 勉横浜国大
(事前公開アブストラクト) 自動車向けセキュリティ技術の研究・開発・評価・学習環境として標準的に広く活用されることを目指... [more]
ISEC 2017-05-12
14:50
東京 機械振興会館 サンドボックス解析回避への耐性を高めるツールSandVeilの提案
田辺瑠偉八幡篤司石井 攻横山日明吉岡克成松本 勉横浜国大
近年増加しているセキュリティインシデントの多くでマルウェアが利用されており,その対策が求められている.対策の1つとしてサ... [more] ISEC2017-8
pp.43-49
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2017-03-13
13:50
長崎 長崎県立大学シーボルト校 プロトコル非準拠ハニーポットを用いた新種のDRDoS攻撃の早期検知
西添友美横浜国大)・牧田大佑横浜国大/NICT)・吉岡克成松本 勉横浜国大
UDPベースのプロトコルのうち,要求よりも応答の方が通信量が増幅されるプロトコルがDRDoS攻撃に悪用される.DRDoS... [more] ICSS2016-48
pp.13-18
ISEC, WBS, IT
(共催)
2017-03-10
11:20
東京 東海大学 高輪キャンパス ハッシュテーブルを用いた相互依存型自己インテグリティ検証によるソフトウェア保護
渡邉直紀吉田直樹松本 勉横浜国大
耐タンパーソフトウェアは特定の領域が改変されたことを検出するために自己インテグリティ検証を行うものがあるが,従来の自己イ... [more] IT2016-120 ISEC2016-110 WBS2016-96
pp.137-144
EMM, ISEC, SITE, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2016-07-14
16:40
山口 中市コミュニティーホール Nac パッキングサービスにより保護されたアプリの静的判別手法を用いたAndroidマーケットの実態調査
中野弘樹楊 志勇森 博志吉岡克成松本 勉横浜国大
本発表では,Androidパッカーが適用されたアプリを高精度で検知し,パッカーの種別を判別する静的判別手法を提案し,これ... [more] ISEC2016-26 SITE2016-20 ICSS2016-26 EMM2016-34
pp.71-76
EMM, ISEC, SITE, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2016-07-15
14:55
山口 中市コミュニティーホール Nac パイプライン型剰余乗算器と逆元演算器で構成する254bit素数ペアリング計算ハードウェアの高速実装法
藤本大介長浜佑介松本 勉横浜国大
 [more] ISEC2016-36 SITE2016-30 ICSS2016-36 EMM2016-44
pp.223-228
EMM, ISEC, SITE, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2016-07-15
15:20
山口 中市コミュニティーホール Nac 金属箔人工物メトリクスにおける耐久性の評価
吉田直樹松本 勉横浜国大
アルミ箔などの金属箔が,製造プロセスにおいて偶然生じる表面の変化により個別性が認められることから,個体認証が可能であり人... [more] ISEC2016-37 SITE2016-31 ICSS2016-37 EMM2016-45
pp.229-236
ISEC 2016-05-19
14:30
東京 機械振興会館 「計測セキュリティ」の研究課題
松本 勉横浜国大
新しい情報社会の概念がCyber Physical SystemやInternet of Thingsといった言葉で語ら... [more] ISEC2016-8
p.35
ISEC 2016-05-19
14:55
東京 機械振興会館 あるパルスLIDARシステムの反射光偽装に対する計測セキュリティ
相馬一樹藤本大介松本 勉横浜国大
近年,自動車のAEB(自動緊急ブレーキ)など,多くの安全装置が計測機器による測定をもとに機能している.そのような機器に対... [more] ISEC2016-9
pp.37-44
IT, ISEC, WBS
(共催)
2016-03-10
14:30
東京 電気通信大学 254ビット素数の自乗を位数とする有限体乗算器を32ビット単位パイプライン化モンゴメリ乗算を用いて構成するアーキテクチャ
長浜佑介藤本大介松本 勉横浜国大
高機能暗号を構成するためのひとつの要素として,ペアリングがある.126ビットセキュリティレベル程度のペアリングは,埋め込... [more] IT2015-116 ISEC2015-75 WBS2015-99
pp.95-100
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2016-03-03
12:40
京都 京都大学 学術情報メディアセンター 南館 組込み機器への攻撃を観測するハニーポットIoTPOTの機能拡張
鈴木将吾インミン パパ江澤優太鉄 穎中山 颯吉岡克成松本 勉横浜国大
我々は,これまで組込み機器への攻撃を観測するハニーポットであるIoTPOTを提案しているが,IoTPOTがエミュレートす... [more] ICSS2015-47
pp.1-6
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2016-03-03
13:10
京都 京都大学 学術情報メディアセンター 南館 ビル管理システムへのサイバー攻撃のハニーポットによる実態調査
鉄 穎横浜国大)・清水孝一三菱電機)・吉岡克成松本 勉横浜国大
インターネットに接続されたビル管理システムを探索する通信が増加しているという報告があるが,その実態は明らかではない.そこ... [more] ICSS2015-48
pp.7-12
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2016-03-03
13:40
京都 京都大学 学術情報メディアセンター 南館 囮文書の内容に着目した標的型攻撃の分析
川上奈津子吉川亮太鉄 穎田辺瑠偉吉岡克成松本 勉横浜国大
標的型メール攻撃では,攻撃者は関連文書を装ったマルウェアを添付したメールを送り,これを攻撃対象に実行させることでシステム... [more]
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2016-03-04
10:00
京都 京都大学 学術情報メディアセンター 南館 A fast detecting method for obfuscated malicious JavaScript based on text pattern analysis
Jiawei SuKatsunari YoshiokaJunji ShikataTsutomu MatsumotoYNU
 [more] ICSS2015-58
pp.65-70
ICSS 2015-11-26
15:00
福島 産総研 福島再生可能エネルギー研究所 通信プロトコルのヘッダの特徴に基づくパケット検知ツールtkiwaの実装とNICTERへの導入
小出 駿横浜国大)・牧田大佑横浜国大/NICT)・笠間貴弘鈴木未央井上大介中尾康二NICT)・吉岡克成松本 勉横浜国大
独自のネットワークスタックが実装されたソフトウェアが生成するパケットは,ヘッダに固有の特徴を持つことがある.そこで,我々... [more] ICSS2015-38
pp.19-24
 85件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会