電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 62件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IT 2017-07-14
10:50
千葉 千葉大学(西千葉キャンパス) 微少なアンダーフロー確率を許した可変長intrinsic randomness問題
吉澤 潤齋藤翔太松嶋敏泰早大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
IT, EMM
(共催)
2016-05-19
13:15
北海道 小樽経済センター 確率伝搬法に基づく疎信号のサポート復元に関する一考察
堀井俊佑松嶋敏泰平澤茂一早大
本研究では,疎信号の線形変換に雑音が加わった観測信号から疎信号のサポート... [more] IT2016-4 EMM2016-4
pp.19-24
IT, EMM
(共催)
2016-05-19
13:40
北海道 小樽経済センター 協調型再生成符号における分散情報の相関と符号化効率の関連性に関する一検討
吉田隆弘横浜商科大)・松嶋敏泰早大
オリジナル情報を複数の分散情報に分散符号化し,各ノードにそれらを保管する分散ストレージ方式において,オリジナル情報の復元... [more] IT2016-5 EMM2016-5
pp.25-30
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2016-01-22
15:05
大阪 阪大銀杏会館 潜在変数を仮定した多次元線形回帰モデルにおけるベイズ基準のもと最適なデータ予測に関する一考察
潮田幹生齋藤翔太松嶋敏泰早大
 [more] PRMU2015-129 MVE2015-51
pp.269-273
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2016-01-22
15:35
大阪 阪大銀杏会館 半教師付き学習におけるベイズ基準のもと最適な予測の計算量削減方法に関する一考察
中野雄斗齋藤翔太松嶋敏泰早大
本稿では,統計的決定理論に基づく半教師付き学習における予測問題を扱う.
この問題に対して,従来ベイズ基準のもとで最適な... [more]
PRMU2015-130 MVE2015-52
pp.275-280
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2016-01-22
16:05
大阪 阪大銀杏会館 プライバシー保護機能を持つ分散型正則化ロジスティック回帰に関する一考察
増井秀之宮 希望松嶋敏泰早大
本稿では,プライバシー保護機能を持つロジスティック回帰について扱う.従来,2 者が異なる属性に関する説明変数を保持してい... [more] PRMU2015-131 MVE2015-53
pp.281-286
RCS, IT, SIP
(共催)
2016-01-18
10:10
大阪 関西学院大学(大阪梅田) ランダムネットワーク符号化における不均一誤り訂正について
斉藤友彦東京都市大)・風間皐希早大)・新家稔央東京都市大)・松嶋敏泰早大
従来,誤り訂正符号の分野において,不均一誤り訂正符号が提案され,DunningやGilsらによってその体系化がなされた.... [more] IT2015-48 SIP2015-62 RCS2015-280
pp.1-6
RCS, IT, SIP
(共催)
2016-01-18
10:35
大阪 関西学院大学(大阪梅田) Array-Errorモデルにおける軟判定復号に関する一考察
風間皐希鎌塚 明松嶋敏泰早大
 [more] IT2015-49 SIP2015-63 RCS2015-281
pp.7-12
RCS, IT, SIP
(共催)
2016-01-18
11:00
大阪 関西学院大学(大阪梅田) メッセージ伝搬にもとづく疎な2部グラフ上のショートサイクル数え上げ法に関する研究
中原悠太齋藤翔太松嶋敏泰早大
本研究では,疎な2部グラフ上のショートサイクルをメッセージ伝搬によって数え上げるアルゴリズムの改良を提案する.従来研究で... [more] IT2015-50 SIP2015-64 RCS2015-282
pp.13-18
IT 2015-09-04
09:00
石川 白山菖蒲亭 シンボルペア通信路における2元線形符号の線形計画復号法について
堀井俊佑松嶋敏泰平澤茂一早大
本研究では,シンボルペア通信路における2元線形符号の新たな復号法を提案する.
シンボルペア通信路は,記録の解像度に対し... [more]
IT2015-34
pp.1-6
IT 2015-09-04
14:50
石川 白山菖蒲亭 Polar符号の探索アルゴリズムを用いた復号について
鎌塚 明松嶋敏泰早大
Polar 符号および SC 復号は,2 元無記憶対称通信路の通信路容量を達成することが... [more] IT2015-43
pp.55-60
IT 2015-07-13
10:00
東京 東京工業大学 一般情報源に対するIntrinsic randomness問題における強逆定理のバリエーション
齋藤翔太松嶋敏泰早大
本稿では,一般情報源に対するIntrinsic randomness問題を扱う.従来,この問題に対して,情報源が強逆性を... [more] IT2015-17
pp.1-6
IT 2015-07-14
11:45
東京 東京工業大学 ある非定常なワイブル分布に従う時系列のベイズ最適な予測に関する一考察
小泉大城小樽商科大)・松嶋敏泰早大
 [more] IT2015-33
pp.95-100
ISEC, IT, WBS
(共催)
2015-03-02
17:05
福岡 北九州市立大学 ひびきのキャンパス 一般情報源に対するSlepian-Wolf符号化問題の2次の達成可能レート領域の別表現
齋藤翔太宮 希望松嶋敏泰早大
本研究では,一般情報源に対するSlepian-Wolf符号化問題を扱う.従来この問題に対して,情報スペクトル的手法を用い... [more] IT2014-87 ISEC2014-100 WBS2014-79
pp.159-165
IBISML 2014-11-18
15:00
愛知 名古屋大学 [ポスター講演]非線形コンバイナ型乱数生成器に対するSum-Product Algorithmを用いる攻撃に関する一考察
久保航汰齋藤翔太鎌塚 明松嶋敏泰早大
学習理論の問題で,変数同士に制約があるとき,既知の変数から未知の変数を推定する研究が行われている.変数を推定する1つの方... [more] IBISML2014-83
pp.357-364
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2014-09-01
10:00
茨城 筑波大学 パターン認識におけるAdaBoostの予測誤り率改善に関する一考察
増井秀之都築遼馬宮 希望松嶋敏泰早大
AdaBoostはパターン認識において用いられるアルゴリズムで,逐次的に学習データに対する誤差が最小になるようにモデルを... [more] PRMU2014-36 IBISML2014-17
pp.1-6
IT 2014-07-17
14:50
兵庫 神戸大学 六甲台第2キャンパス 推薦対象ユーザのクラスが未知の推薦問題におけるマルコフ決定過程を用いた推薦システムに関する一考察
岩井秀輔宮 希望早大)・前田康成北見工大)・松嶋敏泰早大
推薦システムとは,ユーザにとって有用と思われる対象,情報,または商品などを選び出し,それらを利用者の目的に合わせた形で提... [more] IT2014-20
pp.49-54
IT 2014-07-17
15:15
兵庫 神戸大学 六甲台第2キャンパス 有限バッファHybrid SR-ARQにおける最適制御方式に関する一考察
影山優太鎌塚 明早大)・前田康成北見工大)・松嶋敏泰早大
通信における誤り訂正方式の1つとしてFECとARQを組み合わせたHybrid SR-ARQがある.従来,Hybrid S... [more] IT2014-21
pp.55-58
IT 2014-07-17
17:40
兵庫 神戸大学 六甲台第2キャンパス [招待講演]自己情報量の確率分布の眺め方 〜 $n^{-1}$ と $n^{-1/2}$ と違うスケールで見てみると 〜
松嶋敏泰早大
データ数や系列長を$n$とした場合,ある統計量について$n^{-1}$のスケールで挙動をみることは,例えば算術平均や平均... [more] IT2014-26
pp.83-88
IT 2013-09-27
10:15
沖縄 沖縄・カルチャーリゾート フェストーネ Iterative Multiuser Joint Decoding based on Augmented Lagrangian Method
Shunsuke HoriiTota SukoToshiyasu MatsushimaShigeichi HirasawaWaseda Univ.
 [more] IT2013-34
pp.13-17
 62件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会