電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン (ESS/通ソ/ISS)
技報アーカイブ (エレソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 11件中 1〜11件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SP, SIP, EA
(共催)
2017-03-02
14:15
沖縄 沖縄産業支援センター チャンネル間相関を考慮した環境騒音下での22.2マルチチャンネル音響再生手法
北島 周杉本岳大小野一穂NHK
騒音環境下での22.2マルチチャンネル音響の再生品質向上を目指し,騒音および音声信号の逐次的な変化に合わせて音声信号を補... [more] EA2016-142 SIP2016-197 SP2016-137
pp.333-338
EA 2016-07-07
12:55
  ヤマハ 豊岡工場 長い音響管を用いた狭指向性マイクロホンの試作
佐々木 陽西口敏行小野一穂NHK)・石井武志千葉 裕盛田 章三研マイクロホン
遠方の音を明瞭に収音するためショットガンマイクロホンが一般的に用いられる。ショットガンマイクロホンはスリットの入った音響... [more] EA2016-8
pp.7-11
EA 2014-03-28
16:25
東京 NHK放送技術研究所 マルチチャンネル音響収音マイクロホンの指向性に関する検討
小野一穂NHKエンジニアリングシステム)・松井健太郎西口敏行NHK
スーパーハイビジョンの22.2マルチチャンネル音響を簡易に収音することを目的に,原音場内の1点に指向性マイクロホン素子を... [more] EA2013-125
pp.31-36
EA 2013-08-09
16:50
宮城 東北大学 両耳情報に基づく音の包み込まれ感の推定モデルに関する一考察
渡邉一樹山梨大)・澤谷郁子大出訓史NHK)・小野一穂NHKエンジニアリングシステム)・安藤彰男NHK)・小澤賢司山梨大
本研究では,音の包み込まれ感を計測に基づいて推定するためのモデルを構築した.
従来の研究では,両耳に到達する音に基づい... [more]
EA2013-63
pp.63-68
EA 2013-06-14
13:00
東京 機械振興会館 [招待講演]電場駆動型高分子を用いた軽量薄型スピーカの開発
杉本岳大小野一穂NHK
スーパーハイビジョンの高精細映像に伴う22.2マルチチャンネル音響システムなどの次世代音響システムに不可欠な軽量で薄型な... [more] EA2013-31
pp.1-8
EA 2012-07-19
14:00
北海道 北海道医療大学 立体的に配置したスピーカによる音の包み込まれ感
大出訓史澤谷郁子小野一穂NHK)・小澤賢司山梨大
近年,空間印象の向上を目的に,立体的にスピーカを配置するマルチチャンネル音響方式が提案されている。本報告では,立体的にス... [more] EA2012-46
pp.7-12
EA 2009-07-17
16:15
東京 日東紡音響エンジニアリング [招待講演]音楽録音用超広帯域マイクロホンの開発
小野一穂岩城正和安藤彰男杉本岳大西口敏行濱崎公男NHK)・今永敬嗣千葉 裕三研マイクロホン
放送番組の高品質なアーカイビングや,SACDやDVD-AUDIOなど非常に高い周波数の音まで収録可能なメディアへの2次利... [more] EA2009-42
pp.31-36
EA 2008-12-05
10:00
福島 アルパイン 単一指向性超広帯域マイクロホンのカプセル設計
小野一穂杉本岳大安藤彰男NHK
 [more] EA2008-110
pp.55-60
EA 2007-12-07
10:30
東京 NHK放送技術研究所 フレキシブルディスプレイ用スピーカの音響特性 〜 ひずみ特性を中心に 〜
杉本岳大小野一穂安藤彰男NHK)・黒住幸一NHKエンジニアリングサービス)・原 晃森田雄一三浦昭人フォスター電機
柔軟で持ち運び自由なフレキシブルディスプレイ用のスピーカを開発した.今回,ポリフッ化ビニリデンをディスプレイに貼り合わせ... [more] EA2007-86
pp.1-6
EA 2007-12-07
11:00
東京 NHK放送技術研究所 超広帯域マイクロホンの単一指向性化
小野一穂杉本岳大安藤彰男NHK)・野村知広大嶋隆三今永敬嗣三研マイクロホン
周波数100kHzまで低雑音で収音可能な超広帯域マイクロホンの開発を行っている.今回,音楽録音に必須となる単一指向性・超... [more] EA2007-87
pp.7-12
EA 2004-12-10
09:30
東京 NHK技研 超広帯域マイクロホンの形状に関する検討
小野一穂田辺逸雄安藤彰男NHK
楽音の超高域成分が聴感に与える影響の研究を目的に、100kHzまでの帯域を低雑音で収音可能なマイクロホンの開発を進めてい... [more] EA2004-103
pp.1-6
 11件中 1〜11件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会