電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 143件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SANE 2017-08-24
13:25
大阪 大阪工業大学梅田キャンパス ALOS2 Time series dataによる 2016年熊本地震における多偏波情報を用いた災害状況解析
金井大地山口芳雄山田寛喜新潟大
 [more]
AP 2017-08-25
11:20
北海道 函館工業高等専門学校 FA現場の無線通信のための電波干渉除去技術
グエン マインタイ上山勇樹村井彬人齋藤啓介オムロン)・山田寛喜新潟大
 [more]
SANE 2017-08-25
15:20
大阪 大阪工業大学梅田キャンパス 車載ミリ波レーダを用いたスクイントモードSARにおける簡易的イメージングに関する検討
小林拓光山田寛喜村松正吾新潟大)・杉山裕一富士通テン)・山口芳雄新潟大
 [more]
SANE 2017-08-25
15:45
大阪 大阪工業大学梅田キャンパス 交互送信MIMOレーダによる移動物体の角度推定誤差に関する理論的検討
大橋 卓山田寛喜山口芳雄新潟大
 [more]
SANE 2017-06-23
13:10
神奈川 JAXA相模原キャンパス Khatri-Rao積仮想アレー処理を用いたSAR Tomographyに関する基礎検討
鈴木健一郎山田寛喜新潟大)・有井基文三菱電機)・児島正一郎NICT)・佐藤亮一山口芳雄新潟大
 [more] SANE2017-17
pp.25-30
SANE 2017-06-23
13:35
神奈川 JAXA相模原キャンパス ALOS-2データを用いた2017年3月末コロンビア洪水被害の偏波解析
千石 周山口芳雄山田寛喜佐藤亮一新潟大
洪水は世界各地で発生しており,様々な被害が報告されている.洪水が起きた際には迅速な救助が必要であるため,被害状況の把握は... [more] SANE2017-18
pp.31-36
SIP, CAS, MSS, VLD
(共催)
2017-06-19
09:50
新潟 新潟大学五十嵐キャンパス 中央図書館ライブラリーホール 繰り返し縮退に基づく複素非分離冗長重複変換を利用したレーダ画像ノイズ除去手法の提案
長山知司村松正吾山田寛喜新潟大)・杉山裕一富士通テン
 [more] CAS2017-2 VLD2017-5 SIP2017-26 MSS2017-2
pp.7-12
AP 2017-05-18
13:10
宮崎 ホテルメリージュ(宮崎) Khatri-Rao積仮想アレー処理を用いたMIMOレーダによる距離および角度分解能向上に関する検討
小西順平大橋 卓山田寛喜新潟大)・丸山貴司平本美智代OKI)・山口芳雄新潟大
マンロケーション管理やホームセキュリティなどの需要から,電波センサを用いた屋内人物位置推定システムが注目されている.レー... [more] AP2017-29
pp.37-42
AP 2017-03-17
14:25
岩手 岩手大学 車載ミリ波レーダを用いた合成開口レーダイメージングの実験的検討
小林佑輔美濃谷 潤山田寛喜山口芳雄新潟大)・杉山裕一富士通テン
近年,先進安全運転技術のような自動運転技術が盛んに研究されている.濃霧,豪雨や豪雪などの悪天候でも安全運転を実現できるた... [more] AP2016-197
pp.109-114
SP, SIP, EA
(共催)
2017-03-01
12:40
沖縄 沖縄産業支援センター [ポスター講演]複素非分離冗長重複変換を用いたレーダ画像ノイズ除去の検討
長山知司村松正吾山田寛喜新潟大)・杉山裕一富士通テン
 [more] EA2016-97 SIP2016-152 SP2016-92
pp.87-91
SANE 2016-11-24
13:30
海外 国立台北科技大学 Bragg Scattering in Paddy Fields Observed by ALOS and ALOS2
Yoshio YamaguchiYuto OtakeHiroyoshi YamadaNiigata Univ.)・Hirokazu KobayashiOIT
 [more] SANE2016-61
pp.51-55
SANE 2016-11-24
13:50
海外 国立台北科技大学 Polarimetric scattering analysis for detecting flooded river and the surrounding area using quad-pol SAR data
Kosuke MiyazakiRyoichi SatoYoshio YamaguchiHiroyoshi YamadaNiigata Univ.
 [more] SANE2016-62
pp.57-60
SANE 2016-11-24
16:30
海外 国立台北科技大学 Fundamental Study on Calibration of Orbit Error for SAR Tomography with Pi-SAR2-X Dataset
Masanori GochoHiroyoshi YamadaYoshio YamagushiRyoichi SatoNiigata Univ.
SAR Tomography applying DOA estimation methods for height es... [more] SANE2016-70
pp.95-98
SANE 2016-11-24
16:50
海外 国立台北科技大学 Experimental Study on Target Estimation for POLSAR by Using Millimeter Wave Automotive Radar
Jun MinotaniHiroyoshi YamadaYoshio YamaguchiNiigata Univ.)・Yuuichi SugiyamaFujitsu TEN
Sensing technology by automotive millimeter wave radar has b... [more] SANE2016-71
pp.99-102
SANE 2016-11-25
10:40
海外 国立台北科技大学 Experimental study on detection of automobile in flooded urban area using quad-pol SAR data
Takanori IshikuroRyoichi SatoYoshio YamaguchiHiroyoshi YamadaNiigata Univ.
 [more] SANE2016-93
pp.221-225
EMT, IEE-EMT
(連催)
2016-11-17
11:00
和歌山 白浜古賀の井リゾート&スパ(南紀白浜) 偏波SARデータを用いた氾濫河川領域からの偏波散乱解析
宮崎孝祐佐藤亮一山口芳雄山田寛喜新潟大
 [more] EMT2016-48
pp.61-64
RCS 2016-10-20
14:15
神奈川 YRP(横須賀) [依頼講演]アナログマルチビームとブラインドアルゴリズムを用いたMassive MIMO伝送
西森健太郎新潟大)・平栗健史日本工大)・広川二郎東工大)・関 智弘日大)・山田寛喜新潟大
 [more] RCS2016-168
pp.89-94
AP, SAT, SANE
(併催)
2016-07-20
15:20
北海道 小樽マリーナ スパース信号処理によるKhatri-Rao変換仮想アレーを用いた到来方向推定に関する基礎検討
大橋 卓山田寛喜山口芳雄新潟大
アレーアンテナによる到来方向推定を行うアプリケーションでは,少ない素子数を用いて到来波を推定できることが望まれる.Kha... [more] AP2016-40
pp.19-24
AP, SAT, SANE
(併催)
2016-07-21
11:10
北海道 小樽マリーナ 2016年熊本地震におけるALOS2データを用いた多偏波画像解析
石黒敬典山口芳雄山田寛喜佐藤亮一新潟大
合成開口レーダ (Synthetic Aparture Radar : SAR) を用いたリモートセンシングは, 昼夜・... [more] SANE2016-24
pp.15-20
AP, SAT, SANE
(併催)
2016-07-22
10:45
北海道 小樽マリーナ ALOSデータを用いた積雪量推定に関する検討
阿部洋杜・○徳武祐斗山口芳雄山田寛喜新潟大
水系モデリングの観点において積雪量の把握は重要である.積雪量把握の手段として広域を迅速に観測でき,天候や昼夜に左右されな... [more] SANE2016-28
pp.39-42
 143件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会