電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1〜9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IT, ISEC, WBS
(共催)
2013-03-07
14:05
大阪 関西学院大学 大阪梅田キャンパス 線形ネットワーク符号を用いた際のMultisource-Multicast問題へのアプローチ
三宅茂樹NTT
ネットワーク符号は通常送り手と受け手が1対多のマルチキャストを対象とし,
伝送可能なレートの最大値は理論的に求められて... [more]
IT2012-77 ISEC2012-95 WBS2012-63
pp.101-106
ICM, CQ, NS
(併催)
2011-11-11
10:50
青森 弘前大学 低負荷で高精度なカーネル内部のネットワーク帯域測定機能の検討
釘本健司三宅茂樹水谷后宏丸山 充NTT
 [more] NS2011-113
pp.55-60
IN, NS
(併催)
2011-03-03
10:50
沖縄 沖縄コンベンションセンター クラウドコンピューティング環境における既存サービスを活用したDBサービスの高度化に関する研究
土屋 健早大/諏訪東京理科大)・高崎 渉早大)・釘本健司三宅茂樹瀬林克啓佐藤浩史清水健司中島佳宏丸山 充NTT)・小柳恵一早大
 [more] NS2010-204
pp.235-240
WBS, IT, ISEC
(共催)
2009-03-09
16:45
北海道 公立はこだて未来大学(函館) 全文検索システムのインデックス構成に関する情報理論的アプローチ
三宅茂樹NTT
再現率および適合率は全文検索システムの性能評価のための代表的な指標である.
これらは,いわゆる第1種および第2種の誤り... [more]
IT2008-65 ISEC2008-123 WBS2008-78
pp.137-141
IT 2008-09-11
15:30
沖縄 カルチャーリゾート・フェストーネ(沖縄県宜野湾市) [招待講演]疎行列の符号化問題への応用
村松 純三宅茂樹NTT
 [more] IT2008-24
pp.25-30
IT 2008-07-24
15:15
千葉 東京大学(柏キャンパス) LDPC符号と線形計画法を用いた情報源符号化
本多淳也東大)・三宅茂樹NTT)・山本博資東大)・丸山 充NTT
LDPC符号を用いた通信路符号化における復号において,Feldmanは従来主流であ
ったsum-productの代わり... [more]
IT2008-13
pp.27-32
ISEC, IT, WBS
(共催)
2008-02-29
10:20
東京 電気通信大学 定常無記憶通信路における疎行列を用いた通信路符号,情報源・通信路結合符号,およびユニバーサル符号の構成
三宅茂樹村松 純NTT
必ずしも加法的な雑音とは限らない一般の定常無記憶通信路に対して,
疎行列を用いることによって通信路符号を構成する.
... [more]
IT2007-53 ISEC2007-150 WBS2007-84
pp.29-36
IT 2007-01-30
10:30
大阪 大阪電気通信大学(寝屋川キャンパス) Lossy Source Coding Algorithm Using lossless Multi-terminal source codes
Jun MuramatsuShigeki MiyakeNTT
 [more] IT2006-50
pp.1-6
IT 2007-01-30
10:55
大阪 大阪電気通信大学(寝屋川キャンパス) Construction of a Lossy Source Code Using LDPC Matrices
Shigeki MiyakeJun MuramatsuNTT
LDPC行列は通信路符号化のみならず情報源符号化に対しても適用可能であり,現在までに様々な研究がなされている.
本稿で... [more]
IT2006-51
pp.7-11
 9件中 1〜9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会