電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 28件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2017-03-13
13:00
長崎 長崎県立大学シーボルト校 ボットによるスキャン及びブルートフォース活動のクラスタリング手法
荒木翔平胡 博永渕幸雄小山高明三好 潤NTT)・嶋田 創名大)・高倉弘喜NII
IoTデバイスを狙った攻撃が急速に広まっており,2016年9月にはMiraiと呼ばれるマルウェアが猛威を振るった.このよ... [more] ICSS2016-46
pp.1-6
IA, IN
(併催)
2016-12-15
14:55
広島 広島市立大学 講堂小ホール Look-Ahead Left-Rightmost derivation法のpcapファイル解析への適用
安藤類央高倉弘喜NII
近年、ネットワークの急速な高速化に伴い、大規模なpcapファイルを解析するケースが増えてきている。本論文では、LALR(... [more] IA2016-66
pp.17-21
ICSS 2016-11-25
15:20
神奈川 情報セキュリティ大学院大学 新Kyoto 2006+データセットの作成に関する検討と評価
多田竜之介小林良太郎豊橋技科大)・嶋田 創名大)・高倉弘喜NII
サイバー攻撃に対する防御法として,ネットワークベース侵入検知システム(Network-based Intrusion D... [more] ICSS2016-42
pp.21-26
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2016-03-03
13:10
京都 京都大学 学術情報メディアセンター 南館 URIの共起性検知に基づくWebスキャンの実態調査
鐘 揚・○折原慎吾谷川真樹NTT)・嶋田 創村瀬 勉名大)・高倉弘喜NII)・大嶋嘉人NTT
攻撃者は実際にWebサーバへ攻撃する前に,
そのWebサーバに脆弱なWebアプリケーションが存在するかどうかを調べるた... [more]
ICSS2015-51
pp.25-30
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2016-03-04
11:10
佐賀 虹の松原ホテル (佐賀県唐津市) マルウェア感染拡大抑止に向けたネットワーク型動的解析システム
淵上智史長谷川皓一山口由紀子嶋田 創名大)・高倉弘喜NII
近年,組織を対象とした金銭や機密情報を目的とするサイバー攻撃による被害が問題となっている.攻撃の手口は高度化する傾向にあ... [more] SITE2015-73 IA2015-105
pp.221-226
IN, IA
(併催)
2015-12-17
17:10
広島 広島市立大学 OpenFlowを利用した対多通信トポロジの動的構築
柳瀬 駿山口由紀子嶋田 創名大)・高倉弘喜NII
ストリーミング配信や多地点テレビ会議等の対多通信では,配信サーバを頂点とする木構造のコンテンツ配信が基本である.このよう... [more] IA2015-76
pp.43-48
ICSS 2015-11-26
14:10
福島 産総研 福島再生可能エネルギー研究所 インシデント対応時における通信量解析に基づく業務支障検知
塩田実里山口由紀子嶋田 創名大)・高倉弘喜NII
近年の巧妙化した標的型攻撃に対して、内部ネットワークへの侵入を許した後でも、情報の窃取や情報システムの破壊を防ぐ必要性が... [more] ICSS2015-36
pp.7-12
ICSS 2015-03-04
15:55
沖縄 名桜大学(沖縄県名護市) トラフィックデータとバイナリのFuzzy Hash値に基づくマルウェア分類手法と評価
蛭田将平山口由紀子嶋田 創高倉弘喜名大
近年急増しているサイバー攻撃では,既存マルウェアから派生した亜種が使用される場合が多く,その機能も急激に多様化している.... [more] ICSS2014-96
pp.199-204
IA 2014-11-06
15:30
海外 タイ・チェンマイ Network Access Control by FPGA-Based Network Switch using HW/SW Cooperated IDS
Shun YanaseHajime ShimadaYukiko YamaguchiHiroki TakakuraNagoya Univ.
 [more] IA2014-52
pp.91-96
ICSS, ISEC, SITE, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2014-07-03
11:05
北海道 サン・リフレ函館 HW/SW協調によるアノマリ検知の高速化のためのFPGA部実装
柳瀬 駿嶋田 創山口由紀子高倉弘喜名大
侵入検知システム(IDS)には正常な通信から識別器を作成し,逸脱した特徴をもつ未知の不正な通信や攻撃を目的とした通信を検... [more] ISEC2014-16 SITE2014-11 ICSS2014-20 EMM2014-16
pp.75-80
ICSS, IA
(共催)
2014-06-06
13:50
兵庫 神戸大学 瀧川記念学術交流会館 大会議室 自動ネットワーク記述システムにおける管理ポリシー記述手法の実装
塩田実里山口由紀子嶋田 創高倉弘喜名大
近年の巧妙化した標的型攻撃に対して、イントラネットへの侵入を許した後でも、情報の窃取や情報システムの破壊を防ぐ必要性が謳... [more] IA2014-10 ICSS2014-10
pp.49-54
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2014-03-28
13:55
沖縄 名桜大学(沖縄県名護市) トラフィックの出現パターンの類似度に着目したマルウェア分類手法の提案
林 孝英山口由紀子嶋田 創高倉弘喜名大
 [more] ICSS2013-83
pp.149-154
ICSS 2013-11-12
14:15
福岡 西新プラザ(福岡市早良区西新) Webサイトへの攻撃に対する多段型トラヒック分析方式の評価
八木 毅針生剛男NTT)・高倉弘喜名大
近年急増しているWebサイトへの攻撃を高い精度で防御するためには,アクセスを監査して攻撃を検知する際の根拠情報となる,攻... [more] ICSS2013-57
pp.3-8
IA 2013-10-10
14:00
海外 ソウル Konkuk大 Proposal of a Network Control System to Detect, Analyze and Mitigate Targeted Cyber Attacks
Hirokazu HasegawaYukiko YamaguchiHajime ShimadaHiroki TakakuraNagoya Univ.
Recently, targeted cyber attacks have been so sophisticated ... [more] IA2013-26
pp.1-6
IA, ICSS
(共催)
2013-06-20
13:45
新潟 アオーレ長岡 [招待講演]高性能化する家庭用情報機器による脅威
高倉弘喜名大
 [more] IA2013-2 ICSS2013-2
pp.7-12
IA, ICSS
(共催)
2013-06-21
13:00
新潟 アオーレ長岡 擬似インターネットを用いたマルウェア動的解析のためのパケット転送制御方式の開発
廣野壮志名大)・大平健司奈良先端大)・山口由紀子名大)・八槇博史東京電機大)・高倉弘喜名大
マルウェアの動的解析では,インターネット接続を有する環境で解析を行わないと十分な解析結果が得られないマルウェアが存在する... [more] IA2013-12 ICSS2013-12
pp.67-72
ICSS 2012-11-22
14:30
広島 国民宿舎みやじま杜の宿(広島県廿日市市宮島町) 組織内部攻撃に対するリスク緩和のためのネットワーク設計支援システムの提案
長谷川皓一名大)・新 麗IIJ-II)・加藤雅彦IIJ)・山口由紀子八槇博史高倉弘喜名大
サイバー攻撃の巧妙化で,隔離ネットワークで保護された情報すら漏洩するようになった.これまでに様々な対策手法が提案されてい... [more] ICSS2012-51
pp.37-42
IA 2012-10-18
16:30
海外 プーケット A lightweight method to discriminate spamming hosts by periodically changing DNS response
Naoya KitagawaHiroki TakakuraNagoya Univ.)・Tsunehiko SuzukiChukyo Univ.
 [more] IA2012-39
pp.31-35
IA 2012-10-19
16:30
海外 プーケット Transparent Server Migration between Datacenters by Utilizing OpenFlow
Tatsuya FukushimaHirofumi YamakiYukiko YamaguchiHiroki TakakuraNagoya Univ.
For disaster mitigation, mechanisms that restore network ser... [more] IA2012-50
pp.95-100
ICSS, IA
(共催)
2012-06-22
09:50
東京 東海大学 高輪キャンパス 1号館2階 1206 教室 (1 日目) マルウェアのオペコードに着目した高速な分類手法
鐘 揚八槇博史山口由紀子高倉弘喜名大
ワーム,ウイルス,トロイの木馬などのマルウェアはネットワークシステムのセキュリティに大きな脅威を与えている.
マルウェ... [more]
IA2012-8 ICSS2012-8
pp.43-48
 28件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会