電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 39件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMM, IT
(共催)
2017-05-23
14:50
山形 山形大学(米沢キャンパス) BIBDを用いたプログレッシブ型(3,n)-視覚暗号の構成とその最適性
岡田昂太郎古賀弘樹筑波大
$(t,n)$しきい値型の視覚暗号($(t,n)$-VCS)では,白黒2値の1枚の秘密画像はシェアと呼ばれる$n$枚の白... [more] IT2017-15 EMM2017-15
pp.85-90
ISEC, WBS, IT
(共催)
2017-03-10
13:45
東京 東海大学 高輪キャンパス 意図されないメッセージに対する秘匿性を考慮したインデックス符号
武井茉美古賀弘樹筑波大
インデックス符号化問題では,複数の受信者が送信者から受信する共通の符号語と,それぞれがもつ事前情報から目的のメッセージを... [more] IT2016-130 ISEC2016-120 WBS2016-106
pp.203-208
IT, EMM
(共催)
2016-05-19
14:05
北海道 小樽経済センター 一般のアクセス構造に対する整数計画法を用いた最適な視覚復号型秘密分散法の構成とその応用
西住空也古賀弘樹筑波大
視覚復号型秘密分散法では,1枚の秘密画像はシェアと呼ばれる $n$ 枚の画像に符号化される.秘密画像が白黒2値の場合,秘... [more] IT2016-6 EMM2016-6
pp.31-36
IT, ISEC, WBS
(共催)
2016-03-10
15:55
東京 電気通信大学 平文と鍵の推測確率を考慮した共通鍵暗号システムの基本的性質
神谷捷太古賀弘樹筑波大
本論文では,暗号文から平文の内容を推測する盗聴者が存在する共通鍵暗号系に対する安全性基準を考察する.まず最初に,従来の推... [more] IT2015-123 ISEC2015-82 WBS2015-106
pp.137-142
IT, ISEC, WBS
(共催)
2016-03-10
16:20
東京 電気通信大学 インタリーブ攻撃に対する電子指紋符号の同時容量の評価
古賀弘樹板橋 薫筑波大
 [more] IT2015-124 ISEC2015-83 WBS2015-107
pp.143-148
IT 2015-09-04
11:15
石川 白山菖蒲亭 JPEG画像の消失部分を復元できる電子透かしの提案と性能評価
武井茉美古賀弘樹筑波大
本稿では,LT符号を用いたJPEG画像復元のための電子透かしを提案し,その復元能力を検証する.LT符号は符号語長を任意に... [more] IT2015-39
pp.31-36
IT 2015-07-13
13:00
東京 東京工業大学 複数のしきい値型アクセス構造に基づく視覚復号型秘密分散法の提案とその拡張
西住空也古賀弘樹筑波大
視覚復号型秘密分散法とは,1枚の画像をシェアと呼ばれる$n$枚の画像情報に分散符号化することで,元の画像に関する情報を守... [more] IT2015-21
pp.23-28
EMM, IT
(共催)
2015-05-21
10:15
京都 京都市国際交流会館 連続分布に基づき符号語が生成される電子指紋符号の容量の下界について
古賀弘樹・○板橋 薫筑波大
 [more] IT2015-1 EMM2015-1
pp.1-6
IT 2014-09-19
10:15
千葉 千葉県 鳩山荘 松庵 ある多数決ルールを用いた不正者全員の特定が可能な(k,n)しきい値法
島崎憲明古賀弘樹筑波大
$(k,n)$しきい値法では$n$個のシェアのうち任意の$k$個のシェアが集まれば秘密を復元できるが,$k$個の中に改ざ... [more] IT2014-44
pp.19-24
ISEC, IT, WBS
(共催)
2014-03-10
14:50
愛知 名古屋大学 東山キャンパス [招待講演]情報理論における4種類の確率的極限とそれらの操作的意味
古賀弘樹筑波大
 [more] IT2013-73 ISEC2013-102 WBS2013-62
pp.119-126
ISEC, IT, WBS
(共催)
2014-03-11
13:20
愛知 名古屋大学 東山キャンパス LT符号を用いた高速な線形ランプ型しきい値秘密分散法の検討
坂下光輝古賀弘樹本庄俊太郎筑波大
 [more] IT2013-85 ISEC2013-114 WBS2013-74
pp.193-200
ISEC, IT, WBS
(共催)
2014-03-11
13:45
愛知 名古屋大学 東山キャンパス MRD符号を用いた強いランプ型秘密分散法の構成とその安全性解析
本庄俊太郎古賀弘樹坂下光輝筑波大
 [more] IT2013-86 ISEC2013-115 WBS2013-75
pp.201-207
ISEC, IT, WBS
(共催)
2014-03-11
15:40
愛知 名古屋大学 東山キャンパス 定常性を仮定しない確率的な電子指紋符号の性能に関する一考察
金井紘平古賀弘樹筑波大
デジタルコンテンツの流通が盛んな現代において,そのコピーを不正に配布するという問題が日常的に起きている.Digital ... [more] IT2013-94 ISEC2013-123 WBS2013-83
pp.255-260
ISEC, IT, WBS
(共催)
2014-03-11
16:05
愛知 名古屋大学 東山キャンパス 2種類の新しい安全性基準に基づくシャノン暗号における符号化定理
菊池 駿古賀弘樹筑波大
本稿では定常無記憶情報源から出力される長さ$n$の平文が事前に共有された鍵を用いて暗号文に符号化される状況を考える.
... [more]
IT2013-95 ISEC2013-124 WBS2013-84
pp.261-268
IT 2013-05-24
11:15
福井 福井・あわら温泉 まつや千千 不正者の対称性のもとでの確率的な電子指紋符号に対する符号化定理
古賀弘樹児矢野和也筑波大
 [more] IT2013-4
pp.13-18
IT, ISEC, WBS
(共催)
2013-03-08
11:20
大阪 関西学院大学 大阪梅田キャンパス (k,n)しきい値法における多数決を用いた不正検出方式とその性能評価
島崎憲明古賀弘樹筑波大
秘密分散法のひとつである$(k,n)$しきい値法では,高々$k-1$次の生成多項式
を用いることで秘密を$n$個のシェ... [more]
IT2012-91 ISEC2012-109 WBS2012-77
pp.181-188
IT 2013-01-21
17:30
東京 電気通信大学 冗長度と符号化レートの両方で最適なFF符号
有村光晴湘南工科大)・古賀弘樹筑波大)・岩田賢一福井大
 [more] IT2012-61
pp.71-76
IT 2012-07-19
14:15
愛知 豊田工業大学 確率的攻撃モデルにおけるBoneh-Shaw符号の不正者追跡アルゴリズム
金井紘平古賀弘樹筑波大
デジタルコンテンツの流通が盛んな現代において,そのコピーを不正に配布するという問題が日常的に起 きている.Digital... [more] IT2012-10
pp.7-12
IT 2012-07-20
15:10
愛知 豊田工業大学 情報源分極に基づく2元情報源の符号化のための基礎的考察
菊池 駿古賀弘樹筑波大
近年,情報源分極に基づく情報源符号化方式が提案された.
この方式では2元データ$X^N=(X_0,X_1,\dotsc... [more]
IT2012-26
pp.103-108
IT 2012-05-25
14:25
福岡 福岡県立飯塚研究開発センター FF符号における冗長度と符号化レートの関係について
有村光晴湘南工科大)・古賀弘樹筑波大)・岩田賢一福井大
一般情報源に対するFF符号の最適性について議論する.韓によって,漸近的に最適なFF符号の符号化レートの値がスペクトル上エ... [more] IT2012-2
pp.7-12
 39件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会