電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 28件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SS, DC
(共催)
2017-10-19
14:45
高知 高知市文化プラザかるぽーと 離散時間実行環境におけるYampaプログラムの振舞いモデル
市橋友樹結縁祥治名大
 [more]
SS, KBSE
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2017-07-19
11:10
北海道 函館コミュニティプラザ 車載ソフトウェアのためのダイナミックマップにおける動的情報の信頼性検証法
渡邉陽介名大)・佐藤守一豊田中研)・関 浩之結縁祥治名大
自動車業界では,高精度な道路地図情報に他車両等の動的物体の情報を加えたダイナミックマップ(以下LDMと呼ぶ)が検討されて... [more] SS2017-3 KBSE2017-3
pp.13-18
SS 2017-03-09
09:30
沖縄 てんぶす那覇 クロック凍結機構を持つ稠密時間プッシュダウンオートマトンの記号実行
平岡 祥結縁祥治名大
本研究では,クロック凍結機構を持つ稠密時間プッシュダウンオートマトン(Dense-Timed Pushdown Auto... [more] SS2016-60
pp.1-6
SS 2017-03-10
09:15
沖縄 てんぶす那覇 Androidアプリケーションの並行実行における予期しない消費電力増加の検出
稲垣貴大結縁祥治名大
本研究では,Androidアプリケーションの並行実行をすることで発生する電力消費問題について,有界モデル検査による解法を... [more] SS2016-74
pp.85-90
DC, SS
(共催)
2016-10-27
15:05
滋賀 彦根勤労福祉会館(彦根市) クロック凍結機構を持つ稠密時間プッシュダウンオートマトンのゾーン構成による検証
平岡 祥結縁祥治名大
本研究では、クロック凍結機構を持つ稠密時間プッシュダウンオートマトンの状態到達可能性を保存するゾーン構成手法を提案する。... [more] SS2016-25 DC2016-27
pp.43-48
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2016-07-14
13:10
北海道 北海道立道民活動センター Yampaプログラム実行のための振舞いモデル
市橋友樹結縁祥治名大
本研究では,Haskell 言語のドメイン固有言語であるYampa プログラムの安全性を検証するための振舞いのモデルとし... [more] SS2016-11 KBSE2016-17
pp.99-104
SS, MSS
(共催)
2016-01-26
11:30
石川 しいのき迎賓館 セミナールームB ハイブリッドシステムに対するCCSの拡張について
川北悠人結縁祥治名大
連続的な振舞いと離散的な振舞いを同時にモデル化するハイブリッドシステムの記述において,Schniderらによって提案され... [more] MSS2015-58 SS2015-67
pp.129-134
DC, SS
(共催)
2015-10-13
13:50
奈良 東大寺総合文化センター HCCSによる再帰的ハイブリッドシステムの記述
川北悠人結縁祥治名大
連続した振舞いと通信としての離散的振舞いを記述可能なCCSの拡張としてHCCSがNestmannらによって提案されている... [more] SS2015-36 DC2015-26
pp.7-12
SS 2015-05-11
13:30
熊本 熊本大学 ハイブリッドプロセス計算を用いたスーパーバイザ合成について
川北悠人結縁祥治名大
本研究では,CCSの拡張であるハイブリッドプロセス計算HCCSを用いて,ハイブリッドシステムの制御を行うスーパーバイザを... [more] SS2015-2
pp.7-10
SS 2015-05-11
13:50
熊本 熊本大学 二重値付き時間オートマトンを用いた非停止スケジューリングの最適平均利得計算の実現
平岡 祥結縁祥治名大
OSのような停止しないシステムのスケジューリングに対して,Bouyerらが提案した二重値付き時間オートマトンによる最適化... [more] SS2015-3
pp.11-16
SS 2015-03-09
13:00
沖縄 沖縄県青年会館 Toppers/SSPカーネルのタスク制御に対する低レベルコード証明
荒川 洸結縁祥治名大
組み込みOSは組み込みシステム上で動作するソフトウェアの振舞い全体を構成するための基盤である.組み込みOSは実世界のシス... [more] SS2014-60
pp.31-36
SS 2015-03-09
13:25
沖縄 沖縄県青年会館 適応的重点サンプリングによる統計的モデル検査手法
西木 悠結縁祥治名大
本研究では,フォールトツリー解析と適応的重点サンプリングを使用した統計的モデル検査手法を提案する.統計的モデル検査はモン... [more] SS2014-61
pp.37-42
MSS, SS
(共催)
2015-01-27
09:20
鳥取 ブランナールみささ 部分観測におけるMaxSATソルバを用いたスーパバイザ合成手法
廣田 樹結縁祥治名大)・東道徹也デンソー
部分観測のもとでの離散事象システムのスーパバイザ構成アルゴリズムは指数時間であることが知られて
いる.部分観測のもとで... [more]
MSS2014-82 SS2014-46
pp.79-84
SS 2014-10-23
15:45
高知 高知市文化プラザかるぽーと UPPAALを用いたLEGO Mindstorms EV3制御プログラムの合成
荒川 洸結縁祥治名大
本研究は,UPPAALを用いて記述した時間オートマトンによる振舞い仕様からLEGO Mindstorm EV3システムを... [more] SS2014-32
pp.41-46
SS 2014-10-24
10:30
高知 高知市文化プラザかるぽーと 離散事象システムにおけるMaxSATソルバを用いた最大可制御部分仕様の導出
廣田 樹結縁祥治名大)・東道徹也デンソー
離散事象システム(DES)とは,事象の離散的な生起により状態が遷移するシステムの総称である.離散事象システムでは,システ... [more] SS2014-31
pp.35-40
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2014-07-10
10:00
北海道 富良野文化会館 値付きタスクオートマトンに基づくコストを意識した実時間タスクスケジューリング
結縁祥治亀井達朗名大
本研究では、Fersmanらによって提案されたタスク生成とスケジュール可能性を時間オートマトンにもとづいて拡張したタスク... [more] SS2014-11 KBSE2014-14
pp.37-42
SS 2014-03-11
10:00
沖縄 てんぷす那覇:第1・2会議室 時間制約によるAlloy記述の拡張
黒板亮太結縁祥治名大
本研究では,時間依存の振舞い表すためにAlloyの記述に実数制約を導入することで拡張したAlloy-Rを提案する.All... [more] SS2013-72
pp.1-6
MSS, SS
(共催)
2013-03-07
11:20
福岡 休暇村志賀島 タスクマイグレーション機能を持つマルチコアスケジューリング解析
中堂園貴幸結縁祥治名大
本研究では実時間システムの並行処理モデルであるタスクオートマトンを拡張し,タスクマイグレーション機能を導入する.タスクマ... [more] MSS2012-77 SS2012-77
pp.103-108
SS 2012-03-13
13:05
沖縄 てんぶす那覇 Alloyを用いたRuby on Railsアプリケーションの開発支援
水谷浩明結縁祥治名大
本稿では,Ruby on Rails アプリケーションのソースコードをモデル規範形式仕様記述言語 Alloy による記述... [more] SS2011-64
pp.43-48
SS 2011-10-28
11:45
石川 北陸先端科学技術大学院大学 分離論理を用いたTOPPERS/ASPの割込み動作に対する検証
中島 崇結縁祥治名大
本研究では,TOPPERS/ASPの割込み処理におけるARMアセンブリ言語コードの振舞を分離論理を用いて検証する.ARM... [more] SS2011-37
pp.61-66
 28件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会