電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 27件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IEE-CMN, ITE-BCT
(共催)
OFT, OCS
(併催)
(連催) [詳細]
2016-11-11
09:30
長崎 長崎商工会議所 スラリーキャスト法を用いたマルチコアファイバの作製
山本 潤矢嶋 保木下祐輔石井 太湖北工業)・吉田真人廣岡俊彦中沢正隆東北大
高純度の石英粉末を出発材料としたスラリーキャスト法を用いて7コアのマルチコアファイバを作製した.作製したマルチコアファイ... [more] OFT2016-30
pp.29-33
LQE, OPE, EMD, R, CPM
(共催)
2016-08-25
11:05
北海道 函館ロワジールホテル 295 mW出力,周波数安定化CWエルビウムファイバレーザ
葛西恵介吉田真人中沢正隆東北大
今回我々は、安定な単一周波数動作と高い出力強度を同時に実現できる短共振器構造のエルビウムファイバリングレーザを作製し、本... [more] R2016-23 EMD2016-27 CPM2016-36 OPE2016-57 LQE2016-32
pp.21-26
QIT
(第二種研究会)
2014-11-18
13:30
宮城 東北大学 デジタルコヒーレント伝送技術を用いたQAM量子ストリーム暗号
中沢正隆吉田真人廣岡俊彦葛西恵介東北大
 [more]
OFT 2014-01-24
14:30
東京 芝浦工業大学 マルチコアファイバの融着によるクロストーク特性への影響に関する考察
今村勝徳杉崎隆一八木 健古河電工)・吉田真人中沢正隆東北大
マルチコアファイバにおける融着状態とクロストークの関係について調査した.調心精度を制御することで意図的に融着ロスを変化さ... [more] OFT2013-48
pp.11-15
LQE, CPM, EMD, OPE, R
(共催)
2012-08-23
11:50
宮城 東北大学電気通信研究所 光周波数安定化Cs光原子時計の性能改善
得平和成鈴木文崇吉田真人中沢正隆東北大
我々はモードホップフリー再生モード同期ファイバレーザと光励起Csガスセルを組み合わせたCs光原子時計の開発に取り組んでい... [more] R2012-25 EMD2012-31 CPM2012-56 OPE2012-63 LQE2012-29
pp.21-25
LQE, CPM, EMD, OPE, R
(共催)
2012-08-24
09:30
宮城 東北大学電気通信研究所 PMMA含有SWNTを可飽和吸収体として用いた1.07μm帯受動モード同期Ybファイバレーザ
吉田真人堀 雄一郎廣岡俊彦中沢正隆東北大
単層カーボンナノチューブ(Single-Wall Carbon Nanotube: SWNT)の緩和時間は1 ps以下と... [more] R2012-37 EMD2012-43 CPM2012-68 OPE2012-75 LQE2012-41
pp.83-86
LQE, CPM, EMD, OPE, R
(共催)
2012-08-24
09:55
宮城 東北大学電気通信研究所 SWNTを用いた受動モード同期ファイバレーザの高出力化
小野敬人堀 雄一郎吉田真人廣岡俊彦中沢正隆東北大)・真多淳二塚本 遵東レ
我々はこれまでに、ポリメタクリル酸メチルなどのポリマー中に単層カーボンナノチューブ(Single-Wall Carbon... [more] R2012-38 EMD2012-44 CPM2012-69 OPE2012-76 LQE2012-42
pp.87-90
OCS 2012-07-26
14:05
静岡 ニューウェルシティ湯河原 RZ-CW変換法を用いたコヒーレント32RZ/QAM伝送
葛西恵介David Odeke Otuya吉田真人廣岡俊彦中沢正隆東北大
コヒーレント多値OTDM(Optical Time-Division Multiplexing)伝送は超高速かつ高密度な... [more] OCS2012-23
pp.13-18
NS, OCS, PN
(併催)
2012-06-22
11:15
山形 山形大学 非線形ファイバループミラーを用いた1.1μm,160Gbit/s OTDM信号の多重分離
小泉健吾廣岡俊彦吉田真人中沢正隆東北大
(事前公開アブストラクト) 光ファイバネットワークの大容量化に伴い、波長1.55, 1.31 μm帯以外の新しい波長帯を... [more] OCS2012-18
pp.47-52
OCS 2011-07-11
13:40
大阪 大阪大学 中之島センター 64 QAMコヒーレント信号のFPGAリアルタイム受信器の開発
吉田真人大宮達則葛西恵介中沢正隆東北大
(事前公開アブストラクト) 我々は周波数安定化レーザおよび光PLL回路を用いた超多値コヒーレント光伝送の研究に取り組んで... [more] OCS2011-27
pp.7-12
OCS 2011-07-12
15:50
大阪 大阪大学 中之島センター 周波数分割多重64 QAM-OFDM信号(420 Gb/s)の160 km伝送
大宮達則豊田和志葛西恵介吉田真人中沢正隆東北大
我々はこれまでC2H2周波数安定化ファイバレーザと光位相同期回路(OPLL)を用い,高精度な位相同期を行った64QAM-... [more] OCS2011-43
pp.93-98
OCS, CS
(併催)
2011-01-28
10:15
徳島 徳島大学 非線形シュレディンガー方程式の逆伝搬法を用いた10 Gsymbol/s, 64 QAMコヒーレント光伝送の特性改善
豊田和志岡本聖司大宮達則吉田真人廣岡俊彦中沢正隆東北大
我々はこれまで周波数安定化ファイバレーザと光位相同期(OPLL)回路を用い、64~512値のQAMコヒーレント光伝送の研... [more] OCS2010-110
pp.67-72
OCS, NS, PN
(併催)
2010-06-24
10:45
秋田 秋田大学 単一チャネル400 Gbit/s-225 km OTDM-32 RZ/QAMコヒーレント伝送
葛西恵介大宮達則関 鵬宇吉田真人廣岡俊彦中沢正隆東北大
我々は1チャネル当たりの伝送容量を飛躍的に拡大させる光伝送方式として、デジタル信号処理を用いたコヒーレント多値光時分割多... [more] OCS2010-11
pp.1-6
OFT, OCS
(併催)
2009-08-28
11:15
北海道 千歳アルカディア・プラザ【変更】 波長1.1 um VCSELの直接変調による10 Gbit/sフォトニック結晶ファイバ伝送
小泉健吾廣岡俊彦吉田真人中沢正隆東北大
近年、光通信のブロードバンド化に伴い波長0.8〜1.2 umのような短波長帯における高速光伝送システムが期待されている。... [more] OFT2009-27
pp.51-54
OFT, OCS
(併催)
2009-08-28
15:00
北海道 千歳アルカディア・プラザ【変更】 30 dBのサイドローブ抑圧比を有する0.4 GHz超狭帯域FBG光フィルタ
森 杏葛西恵介吉田真人中沢正隆東北大
ァイバーブラッググレーティング(FBG)は,狭帯域,低挿入損失,かつ低コストで作製し易いことから,コヒーレント光通信の分... [more] OFT2009-30
pp.63-68
OPE, EMD, CPM, LQE
(共催)
2009-08-20
17:30
宮城 東北大学 波長1.1 um VCSELの利得スイッチングによる10 GHz-11.5 psパルス発生
小泉健吾吉田真人中沢正隆東北大
面発光レーザ(Vertical Cavity Surface Emitting Laser: VCSEL)は低しきい値発... [more] EMD2009-43 CPM2009-67 OPE2009-91 LQE2009-50
pp.89-92
OPE, EMD, CPM, LQE
(共催)
2009-08-21
09:25
宮城 東北大学 光周波数および繰り返し周波数を同時安定化した40 GHz再生モード同期パルスレーザ
吉田真人葛西恵介中沢正隆東北大
繰り返し周波数が10〜40 GHzであるピコ秒短パルス光源の開発は,超高速光通信,マイクロ波フォトニクス,ならびに光度量... [more] EMD2009-45 CPM2009-69 OPE2009-93 LQE2009-52
pp.97-102
OPE, EMD, CPM, LQE
(共催)
2009-08-21
09:50
宮城 東北大学 モードホップフリーファイバレーザを用いたCs光原子時計
森崎貴仁吉田真人中沢正隆東北大
近年、時間あるいは周波数標準信号を光ネットワークを介して配信する技術が、周波数標準や計測の分野で注目を集めている。我々は... [more] EMD2009-46 CPM2009-70 OPE2009-94 LQE2009-53
pp.103-108
OCS, OPE
(併催)
2009-05-15
12:50
東京 機械振興会館 サブキャリアに64QAMを用いたOFDMコヒーレント光伝送
大宮達則後藤広樹葛西恵介吉田真人中沢正隆東北大
近年,光通信分野では無線通信で用いられている直交周波数分割多重(OFDM:Orthogonal Frequency Di... [more] OCS2009-1
pp.1-6
LQE, CPM, EMD, OPE
(共催)
2008-08-28
14:30
宮城 東北大学 高調波再生モード同期パルスレーザにおける繰り返し周波数と光周波数の独立制御
中沢正隆吉田真人東北大
繰り返し周波数が10〜40 GHzの短パルス光源は超高速光通信,光信号処理,ならびに光metrologyなどの分野で大変... [more] EMD2008-39 CPM2008-54 OPE2008-69 LQE2008-38
pp.39-44
 27件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会