電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 39件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SS, KBSE
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2017-07-19
10:20
北海道 函館コミュニティプラザ 木文法に基づくグラフ圧縮法および圧縮グラフに対する頂点選択問合せ評価法
武田健志橋本健二関 浩之名大
グラフはその汎用性の高さから様々な関係を表現することに用いられている.一方で,実用テ&#... [more] SS2017-1 KBSE2017-1
pp.1-6
SS, KBSE
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2017-07-19
11:10
北海道 函館コミュニティプラザ 車載ソフトウェアのためのダイナミックマップにおける動的情報の信頼性検証法
渡邉陽介名大)・佐藤守一豊田中研)・関 浩之結縁祥治名大
自動車業界では,高精度な道路地図情報に他車両等の動的物体の情報を加えたダイナミックマップ(以下LDMと呼ぶ)が検討されて... [more] SS2017-3 KBSE2017-3
pp.13-18
SS 2017-03-09
09:55
沖縄 てんぶす那覇 モデル計数を用いた量的情報流解析のための論理式簡約と静的解析
中島聖斗橋本健二酒井正彦関 浩之名大
プログラムの量的情報流(QIF)解析手法の一つとして,プログラムを背景理論付き論理式へ変換しプログラムの出力値を表す論理... [more] SS2016-61
pp.7-12
SS 2017-03-10
10:45
沖縄 てんぶす那覇 十分完全性を持たない階層的条件付き項書換え系の合流性証明
黒田貴之西田直樹関 浩之名大
条件付き項書換え系(CTRS)における合流性の検証手法として項書換え系への変換を経て証明する手法が知られているが,自然数... [more] SS2016-77
pp.103-108
SS 2017-03-10
11:10
沖縄 てんぶす那覇 非線形トップダウン木変換器において問合せ保存が決定可能であるための十分条件
石原 鷹橋本健二関 浩之名大
問合せ保存とは,変換と問合せに対し,変換前データに対する問合せと同じ結果を得られるような変換後データに対する問合せが存在... [more] SS2016-78
pp.109-114
MSS, SS
(共催)
2017-01-27
14:10
京都 京都工芸繊維大学 60周年記念館 2階大セミナー室 あるクラスのXPath式から先読み付き決定性選択木オートマトンへのスキーマを用いた変換
川本将也橋本健二関 浩之名大
XML文書に対する問合せ言語としてXPathが知られている.
XPath式を決定性木オートマトンに変換することで,
... [more]
MSS2016-75 SS2016-54
pp.107-112
DC, SS
(共催)
2016-10-27
15:30
滋賀 彦根勤労福祉会館(彦根市) #SMTツールを用いた量的情報流解析手法の高速化
中島聖斗Trung Chu Bao橋本健二酒井正彦関 浩之名大
プログラムの量的情報流(QIF)を解析する手法の一つとして,プログラムを背景理論付き論理式へ変換し出力変数に投射したモデ... [more] SS2016-26 DC2016-28
pp.49-54
DC, SS
(共催)
2016-10-27
15:55
滋賀 彦根勤労福祉会館(彦根市) 木文法に基づく圧縮XML文書に対するデータ値を考慮した直接更新手法
高山隆之介橋本健二関 浩之名大
XML文書の圧縮法の一つとして木文法に基づく手法が知られている.また,その手法による圧縮文書に対して解凍せずに更新を行う... [more] SS2016-27 DC2016-29
pp.55-60
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2016-07-14
12:40
北海道 北海道立道民活動センター トップ木に基づく木圧縮法の実装と問合せ処理法の提案
西村 卓橋本健二関 浩之名大
木構造に対する様々な圧縮法が提案されているが,トップ木と呼ばれるデータ構造に基づく圧縮法については実際的な圧縮性能に関す... [more] SS2016-10 KBSE2016-16
pp.93-98
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2016-07-14
13:40
北海道 北海道立道民活動センター 難読性の高いMalbolgeコードを生成するコンパイラのための中間言語
河邉翔平酒井正彦西田直樹関 浩之名大
 [more] SS2016-12 KBSE2016-18
pp.105-110
SS 2016-03-10
10:25
沖縄 沖縄県立宮古青少年の家 On the query preservation for nondeterministic tree transducers
Kazuki MiyaharaNAIST)・Kenji HashimotoNagoya Univ.)・Hiroyuki SekiNAIST/Nagoya Univ.
We consider the problem of deciding whether a query can be r... [more] SS2015-79
pp.19-24
LOIS 2016-03-03
14:40
沖縄 宮古島市中央公民館 圧縮構造化文書のための更新手法の拡張とその実験的評価
後藤健志高山隆之介橋本健二関 浩之名大
XMLはデータ蓄積・交換書式として定着しており,XML文書に対する様々なデータ圧縮法が提案されている.その中で木文法に基... [more] LOIS2015-75
pp.69-74
SS, MSS
(共催)
2016-01-25
14:00
石川 しいのき迎賓館 セミナールームB モデル計数を用いたXMLデータベースのk-安全性検査システムの高速化
浅井孝俊橋本健二関 浩之名大
データベースに対して実行が許可された問合せ結果,データベーススキーマ,
問合せのコード(意味)等の公開情報を組合せて,... [more]
MSS2015-43 SS2015-52
pp.47-52
SS, MSS
(共催)
2016-01-25
17:10
石川 しいのき迎賓館 セミナールームB A method for making proof graph finite on disjunctive parameterised Boolean equation systems
Yutaro NagaeMasahiko SakaiHiroyuki SekiNagoya Univ.
A parameterised Boolean equation system (PBES) is a set of e... [more] MSS2015-49 SS2015-58
pp.81-85
SS 2015-05-11
14:25
熊本 熊本大学 [依頼講演]量的情報流と差分プライバシー
関 浩之名大
近年,量的情報流,差分プライバシー,k-匿名性など,セキュリティやプライバシーの定量化を目指した研究が注目されている.こ... [more] SS2015-4
pp.17-22
SS 2015-05-12
13:30
熊本 熊本大学 モデル計数を用いたXMLデータベースのk-安全性検査
浅井孝俊上杉正紀橋本健二関 浩之名大
データベースに対して実行が許可された問合せ結果,データベーススキーマ,問合せのコード(意味)等の公開情報を組合せて,実行... [more] SS2015-15
pp.71-76
MSS, SS
(共催)
2015-01-27
08:55
鳥取 ブランナールみささ 木文法に基づくXML圧縮文書に対する直接更新手法の評価
後藤健志名大)・尾上栄浩奈良先端大)・橋本健二関 浩之名大
XMLはデータ蓄積・交換書式として定着しており,XML文書に対する様々なデータ圧縮法が提案されている.その中で木文法に基... [more] MSS2014-81 SS2014-45
pp.73-78
IT 2014-12-09
15:50
富山 富山県 宇奈月ニューオータニホテル [招待講演]セキュリティやプライバシーの定量的尺度について
関 浩之名大
近年,量的情報流,差分プライバシー,$k$-匿名性など,セキュリティやプライバ
シーの定量化を目指した研究が注目されて... [more]
IT2014-52
pp.13-18
SS 2014-10-23
16:15
高知 高知市文化プラザかるぽーと 木文法による圧縮XML文書に対する問合せと更新手法
尾上栄浩奈良先端大)・橋本健二関 浩之名大)・伊藤 実奈良先端大
XML 文書は同じ構造が頻出することが多いため,様々な圧縮法が提案されている.本稿では,SLCFTG による圧縮 XML... [more] SS2014-28
pp.17-22
ICSS, ISEC, SITE, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2014-07-04
11:30
北海道 サン・リフレ函館 タイミング攻撃により漏えいする鍵情報の量的評価 〜 RSA暗号に対する実行時間バケット法の効果に着目して 〜
小林靖幸楫 勇一奈良先端大)・関 浩之名大)・伊藤 実奈良先端大
タイミング攻撃は,多くの暗号アルゴリズムの実装に対して深刻な脅威となりうる.しかしその一方,攻撃者の能力や行動を事前に予... [more] ISEC2014-35 SITE2014-30 ICSS2014-39 EMM2014-35
pp.253-258
 39件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会