電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 64件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SITE, EMM, ISEC, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2017-07-15
13:25
東京 内田洋行東京本社ショールーム Investigation of spikegram-based signal representation for speech fingerprints
Dung Kim TranMasashi UnokiJAIST
 [more] ISEC2017-32 SITE2017-24 ICSS2017-31 EMM2017-35
pp.241-246
EMM 2017-01-30
14:00
宮城 東北大学 電気通信研究所 Investigation of head-related modulation transfer function for monaural sound localization
Nguyen Khanh BuiDaisuke MorikawaMasashi UnokiJAIST
 [more] EMM2016-75
pp.7-12
EA, EMM
(共催)
2016-11-18
09:40
大分 コンパルホール (大分) Singular-Spectrum-Analysis-Based Speech Watermarking for Tampering Detection
Jessada Karnjana・○Masashi UnokiJAIST
 [more] EA2016-57 EMM2016-63
pp.55-60
EA, EMM
(共催)
2016-11-18
11:35
大分 コンパルホール (大分) 室内インパルス応答のモデル化とその室内音響特性の検討
鵜木祐史石川大介柏原佑太小林まおり赤木正人北陸先端大
統計的室内インパルス応答(RIR)モデルは,実測のRIR のパラメータ表現化や室内音響指標の算出に広く利用されている.代... [more] EA2016-61 EMM2016-67
pp.79-84
EA, ASJ-H, IPSJ-MUS
(共催)
(連催) [詳細]
2016-10-14
14:30
石川 国民宿舎能登小牧台 (七尾) 変調伝達関数モデルを利用した音声伝送指標の検討
柏原佑太鵜木祐史北陸先端大
室内インパルス応答(RIR)は,直接音,初期反射,後部残響の三つの成分で構成される.
その中でも後部残響が音声伝送... [more]
EA2016-33
pp.13-18
EA, ASJ-H, IPSJ-MUS
(共催)
(連催) [詳細]
2016-10-14
14:30
石川 国民宿舎能登小牧台 (七尾) 気導・骨導の遅延聴覚フィードバックが発話に与える影響
鳥谷輝樹鵜木祐史北陸先端大
気導音声として呈示される遅延聴覚フィードバック(DAF)の下では発話スタイルの変化が見られる.一
方,遅延音声を骨導音... [more]
EA2016-34
pp.19-24
EMM 2016-03-02
15:40
鹿児島 屋久島環境文化村センター [ポスター講演]Comparative Study on Robustness of Synchronization Information Embedded into an Audio Watermarked Frame
Jessada KarnjanaPham NhienShengbei WangNhut Minh NgoMasashi UnokiJAIST
 [more] EMM2015-83
pp.41-44
EMM 2016-03-03
13:00
鹿児島 屋久島環境文化村センター Methods for Concavity Detection in Singular Spectrum
Jessada KarnjanaMasashi UnokiJAIST
 [more] EMM2015-94
pp.105-110
EMM 2016-01-19
11:45
宮城 東北大学片平キャンパス Study on Source-filter Model Based Hybrid Speech Watermarking
Shengbei WangNhut Minh Ngo・○Masashi UnokiJAIST
 [more] EMM2015-69
pp.49-54
EA, EMM
(共催)
2015-11-13
10:30
熊本 熊本大学 Data Hiding Scheme for AM Radio Broadcast Using Blind Watermarking Technique
Nhut Minh Ngo・○Masashi UnokiJAIST
 [more] EA2015-33 EMM2015-54
pp.53-58
EA, ASJ-H
(共催)
2015-08-03
13:30
宮城 東北大学 電気通信研究所 Study on restoration of instantaneous amplitude and phase of speech signal in noisy reverberant environments
Yang LiuNaushin NowerJAIST)・Yonghong YanIOA)・Masashi UnokiJAIST
 [more] EA2015-11
pp.7-12
EMM, IT
(共催)
2015-05-22
14:05
京都 京都市国際交流会館 Robust Audio Watermarking Based on Dynamic Phase Coding and Error Control Coding
Ngo Nhut MinhBrian M. KurkoskiMasashi UnokiJAIST
 [more] IT2015-15 EMM2015-15
pp.81-86
EMM 2015-03-13
13:50
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) Study on Watermarking for Digital Audio based on Adaptive Phase Modulation
Nhut Minh Ngo・○Masashi UnokiJAIST
 [more] EMM2014-102
pp.149-154
EMM 2015-01-29
10:00
宮城 東北大学工学研究科(青葉山キャンパス内) Study on Audio Watermarking Scheme based on Singular-Spectrum Analysis
Jessada Karnjana・○Masashi UnokiJAIST)・Pakinee AimmaneeThammasat Univ.)・Chai WuthiwiwatchaiNECTEC
 [more] EMM2014-71
pp.27-32
EA 2014-12-12
15:40
石川 金沢大学サテライトプラザ [ポスター講演]帯域分割型音声区間検出法の最適設計に基づく信号対雑音比推定法の検討
森田翔太北陸先端大)・ルー シュガンNICT)・鵜木祐史北陸先端大
信号対雑音比(SNR)の推定法は,雑音除去や音声伝送指標(STI)に基づく音声明瞭度予測において重要な技術である.SNR... [more] EA2014-46
pp.37-42
EMM, EA
(共催)
2014-11-21
14:55
福岡 九州大学芸術工学部 Study on Hybrid Speech Watermarking based on Formant Enhancement and Cochlear Delay
Shengbei Wang・○Masashi UnokiJAIST
 [more] EA2014-37 EMM2014-65
pp.53-58
SP, ASJ-H
(共催)
2014-10-23
14:00
和歌山 南紀白浜温泉ホテルシーモア 音声の変調スペクトルに現れる個人差の分析
朱 治宮内良太鵜木祐史北陸先端大
ヒトの声には,その声を発した話者の特徴(個人性)が含まれており,音声を聞くだけで誰が話者であったのかを判別することができ... [more] SP2014-85
pp.55-58
SP, WIT, ASJ-H
(共催)
2014-06-19
16:00
石川 近江町交流プラザ Instantaneous amplitude and phase restoration using Kalman filter for speech enhancement
Yang LiuNaushin NowerMasashi UnokiJAIST
 [more] SP2014-51 WIT2014-6
pp.27-32
SP, WIT, ASJ-H
(共催)
2014-06-19
17:15
石川 近江町交流プラザ Adaptive Speech Analysis Method Using Multivariate Empirical Mode Decomposition in Frequency Domain
Surasak BoonklaMasashi UnokiJAIST
 [more] SP2014-54 WIT2014-9
pp.45-50
SP, IPSJ-MUS
(連催)
2014-05-25
11:30
東京 日本大学文理学部キャンパス 百周年記念館 [一般発表]変調伝達関数に基づく雑音残響に頑健な音声区間検出法 〜 帯域分割型SNR推定法の利用 〜
森田翔太鵜木祐史北陸先端大)・ルー シュガンNICT)・赤木正人北陸先端大
これまでに提案されている音声区間検出(VAD)法は,静音環境や加法性雑音環境を想定していた.そのため,雑音残響環境におけ... [more] SP2014-41
pp.383-388
 64件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会