電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 31件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IE, IMQ, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2016-03-07
17:00
沖縄 名桜大 モーフィングモデルにもとづく表情顔の生成におけるSVMを用いた印象変換ベクトル法の提案
荒井雄大山口春菜稲葉善典赤松 茂法政大
マン・マシン・コミュニケーションなど、人と円滑なコミュニケーションをとるために顔表情は欠かせないものである.一方で、恐怖... [more] IMQ2015-47 IE2015-146 MVE2015-74
pp.107-111
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2015-12-16
- 2015-12-18
富山 富山国際会議場 顔の印象操作が顔観察時の視線運動と再認成績に及ぼす影響
山田涼子稲葉善典飯田峻広法政大)・作田由衣子実践女子大)・赤松 茂法政大
本研究は,顔の持つ印象が顔認知に及ぼす影響を明らかにすることを目的とし,再認成績と視線運動の観点から検討を行なった.まず... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2015-12-16
- 2015-12-18
富山 富山国際会議場 3次元顔モーフィングモデル上の印象変換操作にもとづく表情表出時の動画像の評価
堀井和也川上恵央荒井雄大稲葉善典赤松 茂法政大
3次元アニメーションで顔の表情表出の自然な動きを再現するのに、モーションキャプチャによる計測も一つの方法ではあるが、多く... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2015-12-16
- 2015-12-18
富山 富山国際会議場 SVMにもとづく印象変換ベクトルを用いた2次元顔画像の表情生成
山口春菜荒井雄大稲葉善典赤松 茂法政大
対人コミュニケーションにおいて,表情は重要であり,現在,顔画像の研究が盛んに行われている.従来研究では,多様な表情の多数... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2015-12-16
- 2015-12-18
富山 富山国際会議場 印象変換ベクトル法にもとづく顔形状の個人差に応じた変形操作による3次元顔表情の生成
荒井雄大堀井和也稲葉善典赤松 茂法政大
マン・マシン・コミュニケーションなど,人と円滑なコミュニケーションをとるために顔表情は欠かせないものである.
一方で,... [more]

HCGSYMPO
(第二種研究会)
2014-12-17
- 2014-12-19
山口 海峡メッセ下関 顔画像に対する異なる印象判断時の視線分析と比較
丸山阿弓齋藤優美子飯田峻広稲葉善典赤松 茂法政大
顔画像に対して、「社交性比較判断」と「老若判断」の2種類の異なる印象判断を、被験者の視線を計測と同時に行う。顔観測時の視... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2014-12-17
- 2014-12-19
山口 海峡メッセ下関 顔面の疎な特徴点の動的な3次元変位情報を用いた表情の識別
岩佐香織永田俊介稲葉善典赤松 茂法政大
本研究では,モーションキャプチャで計測された表情表出時における顔面特徴点の3次元位置の時系列的な変化情報が,表情の識別に... [more]
ITS, IE
(共催)
ITE-AIT, ITE-HI, ITE-ME
(共催)
(連催) [詳細]
2014-02-17
16:15
北海道 北海道大学 SVMを用いた印象変換ベクトル法による3次元顔の印象強調の試み
荒井雄大永田俊介稲葉善典赤松 茂法政大
 [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2013-12-18
- 2013-12-20
愛媛 松山市総合コミュニティセンター モーションキャプチャで計測された形状の動的変化を再現する3次元顔の表情生成
永田俊介荒井雄大稲葉善典赤松 茂法政大
本研究では, モーションキャプチャで得られる表情表出時の顔の動きを用いて,顔の三次元形状の変化を生成した.真顔から数種類... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2013-12-18
- 2013-12-20
愛媛 松山市総合コミュニティセンター 顔画像から抽出されるGabor特徴を用いた年齢推定 〜 加齢変化との相関の高い特徴成分選択による重回帰分析への影響 〜
淺水宏文菅田幸希稲葉善典赤松 茂法政大
本研究では,顔画像に対してGabor特徴を用いて特徴量を抽出し,年齢推定を行う.本研究における方法を以下に示す.まず,顔... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2013-12-18
- 2013-12-20
愛媛 松山市総合コミュニティセンター 顔画像による年齢層の自動識別の試み
菅田幸希淺水宏文手倉森 凌稲葉善典赤松 茂法政大
本研究では,画像から自動検出される顔領域内に設定された特徴点からGabor特徴を抽出し,そこから特定人物の経年変化画像を... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2013-12-18
- 2013-12-20
愛媛 松山市総合コミュニティセンター 一対提示された顔画像の印象比較時の注視点分布の分析
丸山阿弓中嶋文香稲葉善典法政大)・伊師華江仙台高専)・行場次朗東北大)・赤松 茂法政大
顔によって伝わる異なる属性の印象判断の例として「社交性比較判断」と「老若判断」をとりあげ、印象判断時の被験者の眼球運動を... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2013-12-18
- 2013-12-20
愛媛 松山市総合コミュニティセンター 3次元モーフィングモデルにもとづく顔表情の生成 〜 類似した表情間の印象差強調の試み 〜
荒井雄大永田俊介稲葉善典赤松 茂法政大
現在,3Dの顔モデルに対し表情を生成する際には,真顔のデータに対して主として手作業によって各造作を変形させる方法が取られ... [more]
ITS, IE
(共催)
ITE-AIT, ITE-HI, ITE-ME
(共催)
(連催) [詳細]
2013-02-18
13:20
北海道 北海道大学 多数の表情顔から構築された3次元顔モーフィングモデルにもとづく新規人物の表情生成
天木毬江渡邊ちさ永田俊介山本俊太稲葉善典赤松 茂法政大
 [more]
ITS, IE
(共催)
ITE-AIT, ITE-HI, ITE-ME
(共催)
(連催) [詳細]
2013-02-18
13:40
北海道 北海道大学 モーションキャプチャで得られる顔の動きを用いた動的な三次元顔表情の生成
永田俊介山本俊太稲葉善典赤松 茂法政大
 [more]
ITS, IE
(共催)
ITE-AIT, ITE-HI, ITE-ME
(共催)
(連催) [詳細]
2013-02-18
14:00
北海道 北海道大学 加齢の影響が大きいGabor特徴成分を用いた顔画像からの年齢層の推定
淺水宏文菅田幸希稲葉善典赤松 茂法政大
 [more]
ITS, IE
(共催)
ITE-AIT, ITE-HI, ITE-ME
(共催)
(連催) [詳細]
2013-02-18
14:20
北海道 北海道大学 2次元顔画像に対する異なる印象判断時の眼球運動比較 〜 停留点と停留時間の分析 〜
丸山阿弓松山 歩中村夏子稲葉善典法政大)・伊師華江仙台高専)・行場次朗東北大)・赤松 茂法政大
 [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2012-12-10
- 2012-12-12
熊本 くまもと森都心プラザ 異なる印象判断時の顔画像観察における眼球運動比較 〜 停留点と停留時間の分析 〜
丸山阿弓松山 歩中村夏子稲葉善典法政大)・伊師華江仙台高専)・行場次朗東北大)・赤松 茂法政大
異なる属性の2種類の印象判断(「社交性比較判断」、「老若判断」)時の眼球運動を計測し、顔画像上の各領域の「累積停留時間ヒ... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2012-12-10
- 2012-12-12
熊本 くまもと森都心プラザ 多数の表情顔の3D形状に対する主成分分析に基づいた新規人物の表情生成の試み
天木毬江渡邊ちさ永田俊介山本俊太稲葉善典赤松 茂法政大
現在,3Dの顔モデルに対し表情を生成する際には,真顔のデータに対して手作業で各造作を変形させる方法が取られている.しかし... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2012-12-10
- 2012-12-12
熊本 くまもと森都心プラザ 表情表出時の顔三次元形状の動的変化を記述する低次元パラメータの妥当性評価 〜 モーションキャプチャから得られる時系列データの主成分分析 〜
永田俊介山本俊太稲葉善典赤松 茂法政大
本研究では,表情表出時におけるモーションキャプチャシステムで計測した顔特徴点の三次元位置情報と,三次元レンジファインダで... [more]
 31件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会