電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 64件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MSS, SS
(共催)
2017-01-26
10:30
京都 京都工芸繊維大学 60周年記念館 2階大セミナー室 ソースコードの修正作業状況に基づくメソッド移動リファクタリング推薦に向けて
氏原直哉アリ ウニ石尾 隆井上克郎阪大
メソッド移動リファクタリングはソフトウェアの品質を向上させるために役立つ技術である.本研究では,Java プログラムの修... [more] MSS2016-58 SS2016-37
pp.7-12
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2016-07-14
09:40
北海道 北海道立道民活動センター 欠陥の同時修正支援における関数クローン検出ツールの有効性調査
沼田聖也阪大)・吉田則裕名大)・崔 恩瀞奈良先端大)・井上克郎阪大
コードクローン(ソースコード中に存在する同一または類似した部分を持つコード片)の存在は,ソフトウェア保守を困難にする大き... [more] SS2016-7 KBSE2016-13
pp.77-82
SS 2016-03-11
09:00
沖縄 沖縄県立宮古青少年の家 リファクタリング実施履歴を用いたCode Smellの深刻度に関する調査
雜賀 翼崔 恩瀞阪大)・吉田則裕名大)・春名修介井上克郎阪大
Code Smellとは,ソースコードの設計上の問題を示す指標であり,リファクタリングが推奨されている. しかし, 実際... [more] SS2015-91
pp.91-96
SS 2015-05-12
08:45
熊本 熊本大学 パターンマイニング技術を用いたC言語プログラムからのコーディングパターン抽出
中村勇太崔 恩瀞阪大)・吉田則裕名大)・春名修介井上克郎阪大
コーディングパターンとは複数のモジュールに分散する定型的なコードである.コーディングパターンは守らなければいけないルール... [more] SS2015-9
pp.41-46
SS 2015-03-09
15:20
沖縄 沖縄県青年会館 複数のプロジェクトを対象としたクローンの系譜にもとづくソースコード再利用分析手法の提案
森脇匠哉堀田圭佑井垣 宏井上克郎楠本真二阪大
一般に,ソースコードの再利用はソフトウェア開発における生産性や信頼性,コスト等の改善に繋がると言われている.
一方で,... [more]
SS2014-65
pp.61-66
SS 2015-03-10
11:00
沖縄 沖縄県青年会館 Javaプログラムの開発履歴を用いたアクセス修飾子過剰性の推移原因分析
大西理功阪大)・小堀一雄NTTデータ)・松下 誠井上克郎阪大
Java では,プログラムの保守性および再利用性を高めるカプセル化などを実現するために,アクセス修飾子が定義されている.... [more] SS2014-72
pp.103-108
SS 2014-10-23
14:30
高知 高知市文化プラザかるぽーと テストケースを利用したJavaプログラムのアクセス修飾子過剰性分析手法
大西理功阪大)・小堀一雄NTTデータ)・松下 誠井上克郎阪大
Javaプログラム内には,実際の被アクセス範囲に比べて過剰に広く設定されているアクセス修飾子(Accessibility... [more] SS2014-26
pp.7-12
SS 2014-05-08
14:20
三重 いせ市民活動センター 組み合わせて実施されたリファクタリングの調査
雜賀 翼崔 恩瀞後藤 祥阪大)・吉田則裕名大)・井上克郎阪大
リファクタリングを支援するツールが研究されているが,組み合わせて実施されるリファクタリングについてはあまり研究されておら... [more] SS2014-1
pp.1-6
SS 2014-03-11
14:45
沖縄 てんぷす那覇:第1・2会議室 Javaプログラムにおける設計情報を用いた意図的なアクセス修飾子過剰性の抽出手法
大西理功阪大)・小堀一雄NTTデータ)・松下 誠井上克郎阪大
Javaプログラム内には,実際の被アクセス範囲より広い範囲が設定された状態である,アクセス修飾子過剰性(Accessib... [more] SS2013-79
pp.43-48
SS 2014-03-11
16:30
沖縄 てんぷす那覇:第1・2会議室 細粒度作業履歴を用いたTask Level Commit支援手法の提案
梅川晃一・○井垣 宏阪大)・吉田則裕奈良先端大)・井上克郎阪大
 [more] SS2013-82
pp.61-66
SS 2013-05-09
15:40
香川 香川大学(幸町) スライスに基づく凝集度を用いたメソッド抽出支援手法の実験的評価
山口佳久阪大)・吉田則裕奈良先端大)・後藤 祥井上克郎阪大
ソフトウェアの品質向上は,ソフトウェア開発や保守の効率を高めるために重要な活動である.
リファクタリングはソフトウェア... [more]
SS2013-3
pp.13-17
SS 2013-05-09
16:50
香川 香川大学(幸町) コーディングにおける細粒度作業履歴を用いた手戻り支援ツールの検討
梅川晃一井垣 宏阪大)・吉田則裕奈良先端大)・井上克郎阪大
 [more] SS2013-5
pp.25-30
SS 2013-05-10
09:00
香川 香川大学(幸町) ソフトウェアリポジトリにおけるコードクローン作成者・利用者関係分析手法とその適用
森脇匠哉井垣 宏山中裕樹阪大)・吉田則裕奈良先端大)・井上克郎楠本真二阪大
一般に,ソースコードやライブラリの再利用はソフトウェア開発における生産性や信頼性,コスト等の改善に繋がると言われている.... [more] SS2013-7
pp.37-42
SS 2013-01-11
10:45
沖縄 沖縄県石垣市民会館 オープンソースソフトウェアにおけるソフトウェアライセンス間の包含関係の調査
眞鍋雄貴井上克郎阪大
大規模なソフトウェアを効率よく作成するため,ソースファイルやライブラリなどを再利用することがある.ソースファイルやライブ... [more] SS2012-56
pp.61-66
SS, IPSJ-SE
(連催)
2012-11-02
11:35
広島 広島市立大学、講堂 小ホール A Clone Detection Approach for a Collection of Similar Large-Scale Software Products
Eunjong ChoiOsaka Univ.)・○Norihiro YoshidaNAIST)・Yoshiki HigoKatsuro InoueOsaka Univ.
Reusing existing software with or without modifications is f... [more] SS2012-43
pp.117-121
KBSE, SS
(共催)
2012-07-28
09:30
北海道 公立はこだて未来大学 細粒度プロジェクトモニタリングのためのDaaSを利用したソフトウェア開発PBL支援環境の提案
眞鍋雄貴井垣 宏阪大)・福安直樹和歌山大)・佐伯幸郎高知工科大)・楠本真二井上克郎阪大
 [more] SS2012-22 KBSE2012-24
pp.73-78
SS 2012-03-13
09:00
沖縄 てんぶす那覇 ソースコード中に出現する動詞-目的語関係を利用したメソッド名の命名支援手法
鬼塚勇弥阪大)・早瀬康裕筑波大)・石尾 隆井上克郎阪大
プログラム理解は,ソフトウェア保守にかかるコストのうち大きな割合を占めるが,理解の過程で識別子が果たす役割は大きい.本研... [more] SS2011-57
pp.1-6
KBSE, SS
(共催)
2011-07-30
09:30
北海道 北海道情報大学 凝集度メトリクスCOBを用いたTemplate Methodパターン適用候補の順位付け手法
井岡正和阪大)・吉田則裕奈良先端大)・政井智雄井上克郎阪大
 [more] SS2011-22 KBSE2011-19
pp.57-62
SS 2011-06-30
16:00
海外 高麗大(韓国) A Prototype of Comparison Tool for Android Applications Based on Difference of API Calling Sequences
Tetsuya KandaYuki ManabeTakashi IshioMakoto MatsushitaKatsuro InoueOsaka Univ.
For both users and developers, it is important to select an ... [more] SS2011-7
pp.35-40
SS 2011-07-01
10:30
海外 高麗大(韓国) Finding Code Clones for Refactoring with Clone Metrics: A Case Study of Open Source Software
Eunjong ChoiOsaka Univ.)・Norihiro YoshidaNAIST)・Takashi IshioKatsuro InoueOsaka Univ.)・Tateki SanoNEC
 [more] SS2011-10
pp.53-57
 64件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会