電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 37件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CQ 2017-08-29
15:00
東京 東京理科大学 LoRaを用いたバスロケーションシステムの検討 〜 コミニュティバスのっテイの情報端末バス停の検討 〜
袖 美樹子金沢高専)・宮西洋輔村上友槻・○平櫻瞭太郎伊藤隆夫金沢工大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] CQ2017-68
pp.99-104
NS, CS, IN, NV
(併催)
2016-09-30
12:15
宮城 東北大学 複数コントローラ環境における障害復旧方式のOpenDaylightによる実装と評価
武藤弘幸伊藤隆太篠宮紀彦創価大
本研究では,単一のOpenFlow コントローラによる,基本タイセット系に着目した障害復旧方式の実装方法を提案してきた.... [more] NS2016-83
pp.51-55
VLD 2015-03-02
16:10
沖縄 沖縄県青年会館 動作マージンの拡大とリーク電流の低減を両立した低電圧動作1電源6-Tr CMOS SRAMの開発
小林伸彰伊藤隆祐本島浩二榎本忠儀中大
 [more] VLD2014-160
pp.43-48
CAS 2015-01-30
11:50
東京 首都大学東京(秋葉原サテライトキャンパス) 枝の重複を考慮したタイセット基底に関する分析
本間光宣伊藤隆太篠宮紀彦創価大
情報通信ネットワークにおいて, リング構造に着目した高速な障害復旧方式が研究されてきた.
また, リングを構成する辺集... [more]
CAS2014-116
pp.59-62
IE, ICD, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2014-10-02
16:15
宮城 東北大学 さくらホール メモリセル電位を適応的に降圧して書き込み動作範囲を低電圧化した1電源6-Tr CMOS SRAMの開発
小林伸彰長岡技科大)・伊藤隆祐榎本忠儀中大
低電圧データ書き込み・データ読み出しを可能とし、待機時のデータ保持と低消費電力化を両立した1電源6-Tr CMOS SR... [more] VLD2014-66 ICD2014-59 IE2014-45
pp.33-38
ICD, SDM
(共催)
2014-08-05
10:25
北海道 北海道大学 情報教育館(札幌市) 待機時のデータ保持と待機時消費電力の低減を両立した1電源6-Tr CMOS SRAMの開発
伊藤隆祐中大)・小林伸彰長岡技科大)・榎本忠儀中大
低電圧データ書き込み・データ読み出しを可能とし、待機時のデータ保持と低消費電力化を両立した1電源6-Tr CMOS SR... [more] SDM2014-73 ICD2014-42
pp.59-64
CAS, SIP, MSS, VLD, SIS
(共催) [詳細]
2014-07-09
13:20
北海道 北海道大学 タイセット基底の局所的操作による点素パス算出について
伊藤隆太篠宮紀彦創価大
情報通信ネットワークのノード障害に対応した迂回パスは,現用パスに対し点素である必要がある.
また,障害ノードに隣接する... [more]
CAS2014-9 VLD2014-18 SIP2014-30 MSS2014-9 SIS2014-9
pp.41-44
CAS 2014-02-07
10:00
神奈川 日本丸訓練センター 部分的に重複する2つのタイセットの排他的論理和に関する考察
伊藤隆太篠宮紀彦創価大
本稿では,グラフ理論におけるタイセットの排他的論理和における性質を,重複度という2つのタイセットの重なり方を示す概念を導... [more] CAS2013-82
pp.49-52
MI 2014-01-26
13:30
沖縄 沖縄ぶんかテンブス館 臓器位置検出とGrabCutによる3次元CT画像からの複数臓器領域の自動抽出
伊藤隆晃周 向栄原 武史岐阜大)・姜 慧研東北大)・横山龍二郎陳 華岳岐阜大)・兼松雅之岐阜大医学部附属病院)・星 博昭藤田広志岐阜大
コンピュータ支援診断システムの開発の分野において,複数臓器に対する汎用的な臓器領域抽出が求められている.本研究ではアンサ... [more] MI2013-61
pp.31-36
IT, ISEC, WBS
(共催)
2013-03-08
15:35
大阪 関西学院大学 大阪梅田キャンパス 秘匿検索の実システム適用に関する考察
伊藤 隆平野貴人森 拓海服部充洋松田 規三菱電機
秘匿検索は,ユーザがデータセンタに登録した暗号化データを,データセンタに情報を漏らすことなく検索するための技術である.確... [more] IT2012-106 ISEC2012-124 WBS2012-92
pp.279-283
IT, ISEC, WBS
(共催)
2012-03-02
16:35
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 統計量ごとに開示・非開示を設定可能な秘匿集計方式
伊藤 隆平野貴人森 拓海服部充洋松田 規三菱電機
 [more] IT2011-76 ISEC2011-103 WBS2011-77
pp.189-193
ISEC, IT, WBS
(共催)
2011-03-03
10:00
大阪 大阪大学 頻度分析耐性を持つ高速秘匿検索方式
伊藤 隆服部充洋松田 規三菱電機)・坂井祐介太田和夫電通大
秘匿検索は,ユーザがデータセンタに格納した暗号化データを,データセンタに情報を漏らすことなく検索するための技術である.秘... [more] IT2010-68 ISEC2010-72 WBS2010-47
pp.1-6
ISEC, IT, WBS
(共催)
2011-03-03
10:25
大阪 大阪大学 秘匿生体認証における準同型性を利用した能動的攻撃への対策
平野貴人森 拓海服部充洋伊藤 隆松田 規三菱電機
服部らは,一般的な 2-DNF 準同型暗号や岡本−高島暗号方式を用いて,平の生体情報を露わにせずに暗号化したたまま認証が... [more] IT2010-69 ISEC2010-73 WBS2010-48
pp.7-14
CPM 2010-10-29
10:25
長野 信州大学 工学部 地域共同研究センター3階研修室 パルスモードホットメッシュCVD法によるGaN成長条件の最適化
永田一樹里本宗一長岡技科大)・片桐裕則神保和夫長岡高専)・末光眞希遠藤哲郎伊藤 隆東北大)・中澤日出樹弘前大)・成田 克山形大)・○安井寛治長岡技科大
紫外・青紫LED, LD、また高温環境下で動作する電子デバイス用材料であるGaNの省資源成長法として期待されるホットメッ... [more] CPM2010-102
pp.55-58
SDM 2010-10-22
11:40
宮城 東北大学 高性能LTPS-TFTのためのDouble-Line-Beam CLCによる高結晶配向Poly-Si薄膜形成
黒木伸一郎川崎雄也藤井俊太朗小谷光司東北大)・伊藤隆司東工大/広島大
石英基板上にレーザ結晶化により3軸配向性の高いPoly-Si薄膜を形成した。連続発振レーザを用い、ビームスポットを、直線... [more] SDM2010-163
pp.45-48
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2009-12-02
11:00
高知 高知市文化プラザ Tailbiting BIPを用いたWiMAXターボデコーダ
新井宏明宮本直人小谷光司東北大)・藤澤久典富士通研)・伊藤隆司東北大
本稿では、WiMAX用ターボデコーダにおける高スループットと高いエネルギー効率を得るための方法としてTailbiting... [more] CPM2009-136 ICD2009-65
pp.13-18
ISEC, LOIS
(共催)
2009-11-13
14:15
岐阜 岐阜大学 2-DNF準同型暗号を用いた秘匿生体認証
服部充洋柴田陽一伊藤 隆松田 規高島克幸米田 健三菱電機
生体情報を秘匿したままで認証を行うことのできる秘匿生体認証プロトコルを提案する.本稿で考えるシステムモデルは,ユーザ,認... [more] ISEC2009-68 LOIS2009-57
pp.113-120
SDM 2009-10-29
16:45
宮城 東北大学 SOI基板を用いたSi-MESFETの電流電圧特性
阿部俊幸田主裕一朗黒木伸一郎小谷光司伊藤隆司東北大
微細Si-MESFETについてシミュレーションを行い、新しいゲート構造によるゲートリーク電流の低減と、ダブルゲート構造に... [more] SDM2009-122
pp.27-30
SDM 2009-10-30
11:30
宮城 東北大学 ヒートガスアニールによるガラス基板上の非晶質シリコン薄膜の結晶化
田主裕一朗河野陽輔黒木伸一郎小谷光司東北大)・村 直美山上公久古村雄二フィルテック)・伊藤隆司東北大
ガラス基板上の非晶質シリコン薄膜の結晶化のための新たな手法としてヒートガスアニール法を提案し実証した。ヒートガスアニール... [more] SDM2009-128
pp.47-50
CPM 2009-08-10
16:05
青森 弘前大学 有機シランを用いたプラズマCVD法によるダイヤモンドライクカーボン薄膜の膜特性評価
三浦創史中澤日出樹西崎圭太弘前大)・末光眞希東北大)・安井寛治長岡技科大)・伊藤 隆遠藤哲郎東北大)・成田 克山形大
ダイヤモンドライクカーボン(DLC)の膜特性改善のために、Si源にモノメチルシラン(MMS)を用いた高周波プラズマ化学気... [more] CPM2009-36
pp.13-18
 37件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会