電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン (ESS/通ソ/ISS)
技報アーカイブ (エレソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 1347件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SIP, CAS, MSS, VLD
(共催)
2017-06-20
11:20
新潟 新潟大学五十嵐キャンパス 中央図書館ライブラリーホール 任意サイズHaar変換と画像マッチングへの応用
伊藤 泉東工大
 [more]
ICD 2017-04-21
09:35
東京 機械振興会館 [依頼講演]不揮発性SRAMのアーキテクチャとエネルギー性能
北形大樹周藤悠介山本修一郎菅原 聡東工大
マイクロプロセッサやSoCの待機時電力を高効率に削減できる不揮発記憶を利用したパワーゲーティング(NVPG)に必要となる... [more] ICD2017-10
pp.51-56
HCS 2017-03-15
10:50
宮城 東北大学片平キャンパス 価値共創としてのコミュニケーション 〜 パスタのレシピ創造のケーススタディ 〜
諏訪正樹慶大)・藤井晴行東工大)・中島秀之東大
コミュニケーションは基本的に価値共創であること,さらに「共に創る」といっても,つくりだされる価値はコミュニケーションの参... [more] HCS2016-92
pp.11-16
WPT 2017-03-07
11:15
京都 京都大学宇治キャンパス 小型合成開口レーダ衛星用スロットアレイアンテナパネルのMETLABでの計測
齋藤宏文アクバル プリランド リズキ田中孝治JAXA)・広川二郎東工大
 [more] WPT2016-78
pp.69-74
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2017-03-04
14:15
沖縄 カルチャーリゾート フェストーネ (沖縄県宜野湾市) Disaster-Resilient Dynamic Controller Placement in SDN
Victor Torres da CostaTokyo Inst. of Tech.)・Katsuyoshi IidaHokkaido Univ.)・Toyokazu AkiyamaKyoto Sangyo Univ.
In Software-Defined Networking (SDN), the control plane is c... [more] SITE2016-84 IA2016-114
pp.209-214
SP, SIP, EA
(共催)
2017-03-01
12:40
沖縄 沖縄産業支援センター [ポスター講演]A Simple Self-Tuning Technique for Adaptive Proximal Forward-Backward Splitting
Kwangjin JeongMasahiro YukawaKeio Univ.)・Masao YamagishiIsao YamadaTokyo Inst. Tech.
 [more] EA2016-94 SIP2016-149 SP2016-89
pp.71-76
MR, ITE-MMS
(連催)
2016-12-09
09:00
愛媛 愛媛大学 Y添加HfO2薄膜における強誘電ドメイン反転のSNDM観察
平永良臣長 康雄東北大)・三村和仙清水荘雄舟窪 浩東工大
 [more] MR2016-35
pp.35-39
RCS, AP
(併催)
2016-11-24
15:35
京都 京都市国際交流会館 [依頼講演]凸緩和最大事後確率推定によるマルチユーザ信号検出
笹原帆平東工大)・林 和則京大)・永原正章北九州市大
本稿では,信号の離散性を陽に考慮した新しいマルチユーザ信号検出法を提案する.
マルチユーザ信号検出問題は有限離散集合上... [more]
AP2016-115 RCS2016-199
pp.47-52
LQE, OPE, OCS
(共催)
2016-10-28
14:00
宮崎 宮崎市民プラザ(宮崎) 畳み込み符号を用いた光誤り訂正符号化動作の実証検討
相川洋平植之原裕行東工大
近年,周波数利用効率向上の観点から信号帯域の割り当て技術が提唱されているが,信号間クロストークの動的変化といった新たな課... [more] OCS2016-53 OPE2016-94 LQE2016-69
pp.103-108
OPE, LQE
(共催)
2016-06-17
14:40
東京 機械振興会館 量子構造混晶化を用いたVCSELのキャリア及び光閉じ込めに関する研究
齋藤 季森脇翔平宮本智之東工大
VCSELは二次元アレー・低消費電力・優れた生産性といった特徴を有し,広く実用されている.今後,VCSELは光無線給電と... [more] OPE2016-15 LQE2016-25
pp.31-34
ICTSSL 2016-06-15
10:25
宮城 東北大学 災害時アドホック通信の種類と特徴の整理
玉越大資首都大東京)・伊藤夏青横浜国大)・菅田徹也東大)・中嶋大智東京農工大)・岩崎愛樹神奈川大)・真壁健二首都大東京)・嶋津恵子産技大
巨大災害発生直後から72時間くらいまでの間,重篤な被災地では日常利用するブロードバンド回線が断絶状態になる.その結果,重... [more] ICTSSL2016-11
pp.57-61
KBSE 2016-03-04
10:00
大分 由布市湯布院公民館 細粒度履歴情報と講義のコンテクストを活用したプログラミング学習支援環境
橋浦弘明日本工大)・森 一樹芝浦工大)・田中昂文櫨山淳雄学芸大)・古宮誠一NII
ソフトウェア技術者教育の基幹であるプログラミング演習では,教授者が始めに文法やアルゴリズム等の解説を行い,その知識を用い... [more] KBSE2015-60
pp.69-74
LQE, EST, OPE, EMT, PN, MWP
(共催)
IEE-EMT, PEM
(連催) [詳細]
2016-01-29
10:50
兵庫 神戸市産業振興センター Ce:YIG導波層を有するストリップ装荷型磁気光学導波路を用いた非相反導波モード−放射モード変換型光アイソレータ
岡田幸大小林航也芝浦工大)・庄司雄哉水本哲弥東工大)・横井秀樹芝浦工大
非相反な導波モード−放射モード変換を利用した導波路型光アイソレータについて述べる。提案する光アイソレータは、ストリップ装... [more] PN2015-100 EMT2015-151 OPE2015-213 LQE2015-200 EST2015-157 MWP2015-126
pp.399-403
MBE, NC
(併催)
2015-11-20
15:20
宮城 東北大学 片麻痺患者のシナジーによる運動解析
川瀬利弘東工大)・西村温子西本敦子里宇文生慶大)・神原裕行吉村奈津江小池康晴東工大
ヒトが運動を行う際,多数の筋を少数の協調的活動パターン(筋シナジー)の組み合わせにより制御していることが,過去の研究から... [more] NC2015-38
pp.13-18
CPM 2015-11-07
09:20
新潟 まちなかキャンパス長岡 基板による応力のNd0.5Bi2.5Fe4GaO12薄膜の磁気異方性への影響
箸中貴大佐々木教真石橋隆幸長岡技科大)・加藤剛志岩田 聡名大)・谷山智康東工大
我々は、有機金属分解 (Metal Organic Decomposition : MOD) 法によりGd3Ga5O12... [more] CPM2015-94
pp.51-54
AP, RCS, WPT, SAT
(併催)
2015-11-06
13:35
沖縄 沖縄県立博物館・美術館 [依頼講演]Directional Characteristics of Millimeter Wave Propagation Channel in Outdoor Urban Picocell
karma WangchukTokyotech,)・Minseok KimKento UmekiTatsuki IwataNiigata Univ.)・Kentaro SaitoJun-ichi TakadaTokyo Inst. of Tech.
One of the ways to meet the growing demand for higher data r... [more] AP2015-149 RCS2015-238
pp.225-230(AP), pp.287-292(RCS)
CQ 2015-09-02
16:20
京都 京都工芸繊維大学 端末密度と端末距離に基づくOpportunistic Routing
山崎 託早大)・山本 嶺電通大)・三好 匠芝浦工大)・朝香卓也首都大東京)・田中良明早大
アドホックネットワークにおいて頻発する通信環境の変化やトポロジーの変化といった問題に対し,転送端末を日和見的に選択するO... [more] CQ2015-73
pp.195-200
RCC, ASN, RCS, NS, SR
(併催)
2015-07-29
16:15
長野 JA長野県ビル 屋内スモールセルオフィス環境におけるミリ波帯電波伝搬特性
金 ミンソク梅木健人新潟大)・ワンチュー カルマ高田潤一東工大)・佐々木重信新潟大
10GHz以上の高周波数帯は広帯域が確保できるため更なる高速移動通信を実現するために注目されている.本報告では,小さいオ... [more] SR2015-20
pp.27-32
US 2015-06-19
13:45
熊本 熊本大学 チタン前面板を有した耐キャビテーションハイドロホンの開発 〜 封止方法が耐久性に及ぼす影響 〜
椎葉倫久桐蔭横浜大/日本学術振興会特別研究員PD)・岡田長也本多電子)・黒澤 実東工大)・竹内真一桐蔭横浜大
 [more] US2015-19
pp.17-21
SRW 2015-06-15
14:40
神奈川 富士通 Interference Analysis of Cognitive Radio Network
Yee-Loo FooMMU, Malaysia)・Jun-ichi TakadaTokyo Inst. of Tech.
Aggregate interference from a large number of cognitive radi... [more] SRW2015-5
pp.27-32
 1347件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会