電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 37件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SS 2017-03-09
16:55
沖縄 てんぶす那覇 プロセスメトリクスを用いたメソッド抽出事例の調査と予測モデルの構築
田中大樹崔 恩瀞奈良先端大)・吉田則裕名大)・藤原賢二豊田高専)・飯田 元奈良先端大
 [more] SS2016-73
pp.79-84
PRMU 2016-10-20
15:40
宮崎 宮崎大学 ディープラーニングによる日本語の歴史的典籍におけるくずし字の認識およびWWWアプリケーション開発の試み
早坂太一大野 亙加藤弓枝豊田高専)・山本和明国文学研究資料館
国文学研究資料館古典籍共同研究事業センターにより構築が進められている「日本語の歴史的典籍データベース」を有効活用すること... [more] PRMU2016-93
pp.15-18
EMCJ 2016-09-16
15:35
兵庫 兵庫県立大学 金属被覆した微細繊維によるシールド効果のシート抵抗依存性
付 江山口正洋東北大)・室賀 翔豊田高専)・田中智也岡村知恵小尾留美名加藤一史旭化成せんい
 [more] EMCJ2016-58
pp.47-52
MBE, NC
(併催)
2016-03-23
15:10
東京 玉川大学 視覚認知課題を加えた踏み台昇降運動時の脳波計測
佐貫 司早坂太一加藤貴英豊田高専)・川越 隆住友理工
転倒リスクの増加は,高齢者にとって要介護状態の一因となり,今後の超高齢化社会における大きな問題の一つと考えられる.これに... [more] NC2015-106
pp.211-216
MI 2015-03-02
13:40
沖縄 石垣島 ホテルミヤヒラ 体幹部CT画像における筋線維の走行に基づく腸骨筋の自動認識法の開発
神谷直希安藤嘉基豊田高専)・周 向栄陳 華岳村松千左子原 武史藤田広志岐阜大
我々はこれまでに,骨格筋の形状モデルを用い,X線CT画像における骨格筋の自動認識手法を提案した.また,この形状モデルを用... [more] MI2014-65
pp.63-66
ET 2014-06-14
16:50
静岡 静岡大学(浜松キャンパス) ポケットプロジェクタを利用した答え合わせ支援システムの開発
稲垣 宏岡本拓斗豊田高専
情報通信インフラの整備が進み,家庭において,子どもたちが情報端末に向かってデジタル教材で勉強する姿は,もはや特別な光景で... [more] ET2014-21
pp.73-76
HIP 2014-03-18
11:10
東京 東京大学本郷キャンパス 6号館 セミナー室A,D マルチラテラル遠隔制御によるインターネット上での仮想綱引きゲームの実現
三好孝典豊橋技科大)・今村 孝新潟大)・小山慎哉函館高専)・大場 譲仙台高専)・市村智康小山高専)・沢口義人木更津高専)・北川秀夫岐阜高専)・青木悠祐沼津高専)・兼重明宏豊田高専)・河合康典石川高専)・斉藤 徹高久有一福井高専)・上 泰明石高専)・川田昌克舞鶴高専)・内堀晃彦宇部高専
インターネットにより生み出されるソーシャルコミュニケーションは,何万人・何億人もの人々がお互いに映像や音声を共有し合う人... [more] HIP2013-81
pp.11-16
MI 2014-01-26
13:30
沖縄 沖縄ぶんかテンブス館 体幹部CT画像における形状モデルに基づく僧帽筋中部・下部線維の自動認識
小林晴香神谷直希豊田高専)・神谷あすみ東名古屋病院)・周 向栄陳 華岳村松千左子原 武史藤田広志岐阜大
我々はこれまでに,骨格の位置情報と骨格筋の形状モデルを用い,X線CT画像における骨格筋の自動認識手法を提案した.また,人... [more] MI2013-68
pp.69-72
WIT 2013-08-30
10:30
北海道 北海道大学 情報科学研究科棟 「助け合いサイン」の開発と普及
神田和幸京都工繊大)・角田麻里手話技能検定協会)・木村 勉豊田高専
 [more] WIT2013-32
pp.47-51
WIT 2013-08-30
11:00
北海道 北海道大学 情報科学研究科棟 かごしま水族館における情報保障に関する取り組み事例 〜 携帯情報端末による情報保障システム 〜
木村 勉豊田高専)・神田和幸京都工繊大)・大塚美加柏木伸幸松林国治佐々木恭子築地新光子出羽尚子鹿児島市水族館公社
かごしま水族館では,「来館者にやさしい施設づくり」プロジェクトを立ち上げ,来館するすべての人に楽しんでもらえるように改善... [more] WIT2013-33
pp.53-58
SP, IPSJ-SLP
(併催)
2013-07-25
14:40
宮城 壮鳳(遠刈田温泉) 少数のステレオデータに基づく特徴量変換による残響除去
Aditya Arie Nugraha豊橋技科大)・山本一公豊田高専/豊橋技科大)・中川聖一豊橋技科大
In this paper, we present a feature enhancement method that ... [more] SP2013-54
pp.7-12
MI 2013-01-25
10:50
沖縄 ぶんかテンブス館 皮下脂肪領域の除去によるCT画像の仮想展開と腹直筋領域の自動認識
神谷直希豊田高専)・村松千左子周 向栄陳 華岳原 武史星 博昭藤田広志岐阜大
我々はこれまでに,非造影体幹部X線CT画像から骨格の位置情報と骨格筋の形状モデルを用いた骨格筋の自動認識手法を提案し,解... [more] MI2012-99
pp.197-200
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2012-12-10
- 2012-12-12
熊本 くまもと森都心プラザ タブレットPCを用いた聴覚障がい者・健聴者間コミュニケーション支援システムの開発
澤田由貴子木村 勉豊田高専)・神田和幸中京大
本稿では,タブレットPC(iPad)を用いた聴覚障がい者・健聴者間コミュニケーション支援システムの開発について述べる.こ... [more]
EMCJ
(第二種研究会)
2012-11-30
15:45
東京 情報通信研究機構 小金井本部 [ポスター講演]A Study on Change in Conductance and Susceptance Components of Kidney Disease Patients' Blood for Real-Time Quality Monitoring of Hemodialysis
Akira TakedaChubu University)・Kazuyuki TakataToyota National Colleges of Technology)・Hirotomo NagaoIwakura Hospital)・Jianqing WangOsamu FujiwaraNagoya Institute of Technology
 [more]
MBE, NC
(併催)
2012-11-17
11:45
宮城 東北大学 視覚系の男女差に着目した色情報処理モデル
長谷川知美早坂太一豊田高専
視覚系の男女差という観点からストループ効果に関する色覚情報処理メカニズムを数理モデル化し,数値シミュレーションを通じてそ... [more] NC2012-67
pp.33-38
ET 2012-05-26
15:00
大阪 近畿大学(東大阪キャンパス) Kinectセンサーを利用した拡張現実に基づく講義支援システムの開発
稲垣 宏近藤吉峰豊田高専
Kinectセンサーを利用することで,AR(拡張現実)空間内に配置された仮想的なオブジェクトを,教師の動きに合わせて操作... [more] ET2012-10
pp.51-54
EMCJ 2012-04-20
12:35
石川 金沢大学角間キャンパス 健常者の血液に対する複素比誘電率と温度依存性との相関性
武田 明中部大/名工大)・高田和之豊田高専)・長尾尋智岩倉病院)・王 建青藤原 修名工大
透析患者の透析時間の短縮・医療費の削減を目指し,透析の状況やクオリティのリアルタイムモニタリングの可能性を検討する目的か... [more] EMCJ2012-1
pp.1-5
WIT 2011-08-04
14:30
京都 京大杉浦ホール 手話研究の方向転換への提言
神田和幸中京大)・木村 勉豊田高専
 [more] WIT2011-26
pp.31-36
EMD, EMCJ
(共催)
2011-07-15
15:05
東京 機械振興会館 透析患者の血液を対象とした透析前後における複素比誘電率と血液成分との相関性
武田 明中部大)・高田和之豊田高専)・長尾尋智岩倉病院)・王 建青藤原 修名工大
透析患者の透析時間の短縮・医療費の削減を目指し,透析の状況やクオリティのリアルタイムモニタリングの可能性を検討する目的か... [more] EMCJ2011-67 EMD2011-26
pp.35-39
WIT 2011-05-20
13:30
新潟 新潟大学 携帯情報端末を用いた聴覚障がい者向け情報保障システムの構築と評価
高橋小百合木村 勉豊田高専)・神田和幸中京大)・森本一成京都工繊大
本研究では,携帯情報端末使用して,手軽に情報保障が得られるシステムを構築した.例えば博物館などでは,展示物解説は書記日本... [more] WIT2011-5
pp.25-28
 37件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会