電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 29件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SANE 2017-08-25
15:20
大阪 大阪工業大学梅田キャンパス 車載ミリ波レーダを用いたスクイントモードSARにおける簡易的イメージングに関する検討
小林拓光山田寛喜村松正吾新潟大)・杉山裕一富士通テン)・山口芳雄新潟大
 [more]
SIP, CAS, MSS, VLD
(共催)
2017-06-19
09:50
新潟 新潟大学五十嵐キャンパス 中央図書館ライブラリーホール 繰り返し縮退に基づく複素非分離冗長重複変換を利用したレーダ画像ノイズ除去手法の提案
長山知司村松正吾山田寛喜新潟大)・杉山裕一富士通テン
 [more] CAS2017-2 VLD2017-5 SIP2017-26 MSS2017-2
pp.7-12
AP 2017-03-17
14:25
岩手 岩手大学 車載ミリ波レーダを用いた合成開口レーダイメージングの実験的検討
小林佑輔美濃谷 潤山田寛喜山口芳雄新潟大)・杉山裕一富士通テン
近年,先進安全運転技術のような自動運転技術が盛んに研究されている.濃霧,豪雨や豪雪などの悪天候でも安全運転を実現できるた... [more] AP2016-197
pp.109-114
SP, SIP, EA
(共催)
2017-03-01
12:40
沖縄 沖縄産業支援センター [ポスター講演]複素非分離冗長重複変換を用いたレーダ画像ノイズ除去の検討
長山知司村松正吾山田寛喜新潟大)・杉山裕一富士通テン
 [more] EA2016-97 SIP2016-152 SP2016-92
pp.87-91
ASN, MoNA, MICT
(併催)
2017-01-20
09:00
大分 別府 花菱ホテル 安心安全まちづくりを目指した車載Wi-SUNにおける路車間ビーコン伝搬特性の計測
中内清秀NICT)・田村志都香池田 悟内 俊介富士通テン)・荘司洋三NICT
 [more] ASN2016-80
pp.53-58
SANE 2016-11-24
16:50
海外 国立台北科技大学 Experimental Study on Target Estimation for POLSAR by Using Millimeter Wave Automotive Radar
Jun MinotaniHiroyoshi YamadaYoshio YamaguchiNiigata Univ.)・Yuuichi SugiyamaFujitsu TEN
Sensing technology by automotive millimeter wave radar has b... [more] SANE2016-71
pp.99-102
AP, SAT, SANE
(併催)
2016-07-22
11:35
北海道 小樽マリーナ 圧縮センシングを用いた車載ミリ波SARに関する基礎検討
小林佑輔山田寛喜山口芳雄新潟大)・杉山裕一富士通テン
安心安全な自動運転を実現するため,ACCに代表されるようなADASが開発されている.中でも,ミリ波は他の方式と比べて様々... [more] SANE2016-30
pp.47-52
AP, SANE
(併催)
2015-08-28
15:35
茨城 茨城大学 水戸キャンパス [依頼講演]車載ミリ波レーダによるSARイメージングに関する基礎検討
美濃谷 潤山田寛喜山口芳雄新潟大)・杉山裕一富士通テン
近年, 車両による事故を防ぐために先進運転支援システムの開発が進んでいる. 中でも, ミリ波レーダを用いたアプリケーショ... [more] AP2015-78 SANE2015-40
pp.101-106(AP), pp.37-42(SANE)
EA 2014-03-28
14:00
東京 NHK放送技術研究所 小型音響機器における音響構造変化による音響特性の検討
杉原康介関西大)・中村将志富士通テン)・宮倉隆志ホシデン)・野村康雄梶川嘉延関西大
本稿では,小型音響機器における音孔配置条件が音響特性へ及ぼす影響についてFEM(Finite Element Metho... [more] EA2013-120
pp.1-6
US, EA
(併催)
2013-01-25
11:40
京都 同志社大学 室町キャンパス 寒梅館 小型音響機器における音孔配置条件による音響特性の変化に関する検討
杉原康介関西大)・中村将志富士通テン)・宮倉隆志ホシデン)・野村康雄梶川嘉延関西大
本稿では,小型音響機器における音孔配置条件が音響特性へ及ぼす影響についてFEM(Finite Element Metho... [more] EA2012-136
pp.97-102
EMCJ, IEE-EMC
(連催)
2012-06-22
14:10
大阪 大阪大学吹田キャンパス プリント配線板上パターン導体間のESDサージに対するフラッシオーバ電圧のギャップ長依存性
岩井 将坪井浩太郎九工大)・稲見 純平林勝次富士通テン)・大塚信也九工大
静電気放電(ESD)に対する電子機器の誤動作の問題から,プリント配線板上に侵入したESDサージに対するパターン導体間のフ... [more] EMCJ2012-27
pp.41-44
EMCJ, IEE-EMC
(連催)
2012-06-22
14:35
大阪 大阪大学吹田キャンパス 背後電極によるプリント基板上フラッシオーバの方向制御に関する基礎検討
稲見 純平林勝次富士通テン)・坪井浩太郎岩井 将大塚信也九工大
電子機器にESD(静電気放電)が侵入すると,製品の誤動作,半導体デバイスの破壊を引き起こすことがある.ESD対策として保... [more] EMCJ2012-28
pp.45-47
EA, US
(併催)
2011-01-20
14:15
京都 同志社大学京田辺キャンパス医心館 N-A, N-B 連立方程式法の非最小位相2次系能動騒音制御システムへの適用に関する検討
柏原賢司藤井健作兵庫県立大)・若林 功富士通テン)・棟安実治関西大)・森本雅和兵庫県立大
従来の連立方程式法では2次系に非最小位相が含まれている場合,再帰型フィルタが発散してしまうという問題点があった.
本論... [more]
EA2010-111
pp.35-40
MSS 2011-01-21
10:40
山口 海峡メッセ下関 タスクグラフのブロック分割に関する新たな提案とその評価
陳 霖川淵美奈葛 崎偉中田 充山口大)・斗納宏敏神山尚也嶋田一行富士通テン
本論文では,マルチプロセッサスケジューリングにおけるブロック分割について従来の方法に加え,新たな方法を提案する.ブロック... [more] CST2010-72
pp.71-76
MSS 2010-08-02
16:20
石川 金沢学院大 サテライト教室 マルチプロセッサスケジューリングにおけるタスクグラフのブロック分割について
陳 霖・○川淵美奈葛 崎偉中田 充山口大)・斗納宏敏岡本貴子穴吹篤志富士通テン
本論文では,マルチプロセッサスケジューリングにおけるブロック分割の方法を提
案し,その評価を行う.ブロックとはタスクグ... [more]
CST2010-37
pp.31-34
MSS 2010-01-21
16:15
愛知 豊田中央研究所アクタスCホール 大規模分散組込みシステム向け仮想実行環境の開発 〜 現状報告 〜
中本幸一兵庫県立大)・藪内健二オクトパス)・原 央哉岸田貴成阿部一晴兵庫県立大)・尾崎辰典北村 章富士通テン
車載システムやプロセス制御システムなど分散組込みシステムの規模と複雑さが増加している.さらにより環境に配慮した,もしくは... [more] CST2009-43
pp.37-42
EA, SIP, SP
(共催)
2009-05-29
10:00
兵庫 兵庫県立大学 尤度最大化に基づくエコー推定を用いた車室内マルチスピーカ音響エコーキャンセラの検討
古賀健太郎富士通テン/神戸大)・滝口哲也有木康雄神戸大
本稿では,車室内での音声認識システムの認識率改善のために,マルチスピーカと単一マイクを前提とした音響エコーキャンセラを提... [more] EA2009-9 SIP2009-9 SP2009-14
pp.45-48
VLD 2009-03-12
14:50
沖縄 沖縄県男女共同参画センター リングセグメント型Globally Asynchronous Locally Synchronous Systemの構成法
近藤真史佐藤洋一郎岡山県立大)・田代和幸富士通テン)・横川智教早瀬道芳岡山県立大
論理回路の大規模化,高速化に伴い,Globally Asynchronous Locally Synchronous (... [more] VLD2008-149
pp.135-140
MSS 2009-01-29
13:00
神奈川 神奈川県産業振興センター会議室(第一会議室) 通信時間を考慮したタスクグラフの最適実行時間の上下界について
大塚隆史中原雅人葛 崎偉中田 充山口大)・森山 裕斗納宏敏富士通テン
本論文は,プロセッサ間の通信に遅延時間が発生するマルチプロセッサシステムを前提としたマルチプロセッサスケジューリング問題... [more] CST2008-41
pp.1-4
CAS, MSS
(共催)
2008-11-07
11:00
大阪 大阪大学 遺伝的アルゴリズムによる通信時間を考慮したマルチプロセッサスケジューリング手法の提案
中原雅人大塚隆史葛 崎偉中田 充山口大)・森山 裕斗納宏敏富士通テン
本研究は,プロセッサ間の通信に遅延時間が発生するマルチプロセッサシステムを対象としたスケジューリング手法の設計を目的とす... [more] CAS2008-55 CST2008-33
pp.59-64
 29件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会