電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップ  戻る   前のCS研究会 / 次のCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

【イブニングセッションのお知らせ】
7月研究会前日7/26(水) の 17時30分 から、研究会会場の福江文化会館において
イブニングセッション(ランプセッション)を開催します。
本セッションでは講師をお招きし、「学会の活用方法」等について語っていただく予定です。
詳しくは「詳細はこちら」をご覧下さい。
◎ 学生セッションに参加の学生の皆様はイブニングセッションにもご参加いただきますようお願いいたします。

【学生セッションについて】
◎ 学生セッションは口頭発表 (3分, 質疑無し) ポスター講演(90分)か らなります。
口頭発表では要点のみをご講演いただきます(質疑無し)。
ポスター発表では、合計12件のご講演者の皆様に各自ポスター講演を行っていただきます。 詳細は「詳細はこちら」をご覧ください。
◎ 原稿枚数は標準で 2ページ(最大で6ページ)です。
一般講演と同様に、通信方式(CS)研究会の技術研究報告書(信学技報)に掲載されます。

【その他】 ◎ 7/27(木)の講演終了後に懇親会を実施します。
参加のご希望は CS研幹事宛にお申し込み下さい。




通信方式研究会(CS) [schedule] [select]
専門委員長 横谷 哲也 (金沢工大)
副委員長 中里 秀則 (早大)
幹事 牟田 修 (九大), 藤原 正満 (NTT)
幹事補佐 金井 謙治 (早稲田大), 原 一貴 (NTT)

日時 2017年 7月27日(木) 09:30 - 18:05
2017年 7月28日(金) 09:00 - 14:25
議題 次世代ネットワーク,アクセスネットワーク,ブロードバンドアクセス方式,電力線通信,無線通信方式,符号化方式,一般 
会場名 福江文化会館 
住所 〒853-0018 長崎県五島市池田町1−2
交通案内 福江空港からの距離:約4.1 km、福江港からの距離:約1.0 km
http://www.city.goto.nagasaki.jp/contents/living/detail.php?content_id=2243
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費についてはこちらをご覧ください.参加費のお支払いが必要な研究会は,CS研究会です.

7月27日(木) 午前  CS1 学生セッション
座長: 原 一貴 (NTT)、金井 謙治 (早大)
09:30 - 12:00
(1) 09:30-09:33 MQTTのIoTへの適用における課題と性能評価 佐々木裕也横谷哲也向井宏明金沢工大
(2) 09:33-09:36 Performance Analysis on Uplink Pilot Allocation in TDD Massive MIMO Heterogeneous Networks Wanming HaoOsamu MutaHiroshi FurukawaKyushu Univ.
(3) 09:36-09:39 Low Cost Dummy Generation using Non-Trusted LBS Sanghun ChoiShuichiro HarutaHiromu AsahinaIwao SasaseKeio Univ.
(4) 09:39-09:42 Obfuscated Malicious JavaScript Detection Scheme Using the Feature Based on Divided URL Shoya MorishigeShuichiro HarutaHiromu AsahinaIwao SasaseKeio Univ.
(5) 09:42-09:45 RFタグの読み取り回数と位相の変動量の分散を特徴量に用いた機械学習によるディープショッピングデータの取得方式の検討 會田慎一郎朝比奈 啓豊田健太郎笹瀬 巌慶大
(6) 09:45-09:48 SDM-PONにおけるクリップ送信方式による伝送特性 〜 距離ランダムモデルにおける評価 〜 横谷温子大坐畠 智上田裕巳電通大
(7) 09:48-09:51 Code Dissemination based on RPL with Scope Selection and Code Acquisition in Wireless Sensor Networks Hiromu AsahinaIwao SasaseKeio Univ.)・Hisao YamamotoTokyo City Univ.)・P. Takis MathiopoulosUoA
(8) 09:51-09:54 マルチキャリア電力線通信におけるインパルス性雑音抑圧に関する検討 景山知哉牟田 修九大)・Haris GacaninNokia
(9) 09:54-09:57 多素子MIMOシステムにおける周波数と遅延時間領域の2次元パイロット割当を用いる上り回線チャネル推定に関する検討 松崎洸貴牟田 修九大)・Haris GacaninNokia Belgium
(10) 09:57-10:00 IoT端末の模擬環境の構築について 桑原剛希横谷哲也向井宏明金沢工大
(11) 10:00-10:03 無線LANにおけるSVCを用いた伝送速度適応選択によるマルチキャスト配信の一検討 設樂 勇森野善明日本工大)・西森健太郎新潟大)・平栗健史日本工大
(12) 10:03-10:06 ドローンを用いた無線メッシュネットワークの通信効率向上の一検討 徳江健太松村勝裕設樂 勇森野善明進藤卓也平栗健史日本工大
  10:10-10:30 休憩 ( 20分 )
  10:30-12:00 学生セッション ポスター発表(12件) ( 90分 )
  12:00-13:30 休憩 ( 90分 )
7月27日(木) 午後  CS2 招待講演1
座長: 藤原 正満 (NTT)
13:30 - 15:00
  13:30-13:45 表彰式 ( 15分 )
(13) 13:45-14:10 [招待講演]5Gモバイルの無線リソース割当て用スケジューラへのハードウェアアクセラレータ適用の検討 有川勇輝坂本 健木村俊二NTT
(14) 14:10-14:35 [招待講演]TDD-based Mobile Fronthaulと他サービスの同一TDM-PON収容実現へ向けた実験評価 久野大介鵜澤寛之中山 悠島田達也寺田 純大高明浩NTT
(15) 14:35-15:00 [招待講演]Digitized-RoF伝送による光映像配信システムの実現に向けた量子化数削減に関する一検討 椎名亮太藤原稔久NTT)・須川智規NTT-AT)・池田 智NTT
  15:00-15:10 休憩 ( 10分 )
7月27日(木) 午後  CS3 招待講演2
座長: 牟田 修 (九大)
15:10 - 16:25
(16) 15:10-15:35 [招待講演]プログラマブルOLT実現に向けた汎用プロセッサによる物理層処理のリアルタイム検証 鈴木貴大キム サンヨプ可児淳一鈴木謙一大高明浩NTT
(17) 15:35-16:00 [招待講演]1G,10G,NG-PON2,及び映像配信システム共存下における線形/非線形クロストークの影響検討 原 一貴田口勝久谷口友宏西原 晋浅香航太鈴木謙一新居丈司大高明浩NTT
(18) 16:00-16:25 [招待講演]Design and Analysis of Success Prioritized Slotted ALOHA with Sleep Function Daisuke UmeharaKyoto Inst. of Tech.
  16:25-16:35 休憩 ( 10分 )
7月27日(木) 午後  CS4 特別招待講演
座長: 横谷 哲也 (金沢工大)
16:35 - 18:05
(19) 16:35-17:20 [特別招待講演]将来ネットワークインフラに関する標準化課題 前田洋一TTC
(20) 17:20-18:05 [特別招待講演]研究教育活動をより高めるための学会の役割と活性化への提言 笹瀬 巌慶大
7月28日(金) 午前  CS5
座長: 藤原 稔久 (NTT)
09:00 - 10:40
(21) 09:00-09:25 定義域が定まらない周期関数型メンバシップ関数の問題点 三石貴志流通科学大
(22) 09:25-09:50 Webスクレイピングによる高収益投資プログラムに用いられたBitcoinアドレスの収集およびその解析 豊田健太郎大槻知明慶大)・P.Takis MathiopoulosUoA
(23) 09:50-10:15 モバイルセンシングと機械学習を用いた通信品質に基づくユーザ行動推定 川上 航金井謙治Wei Bo甲藤二郎早大
(24) 10:15-10:40 低遅延マルチメディア処理のためのOpenStackを活用したエッジクラウドシステム 今金健太郎金井謙治甲藤二郎津田俊隆中里秀則早大
  10:40-10:50 休憩 ( 10分 )
7月28日(金) 午前  CS6
座長: 豊田 健太郎 (慶応大)
10:50 - 12:05
(25) 10:50-11:15 LCD-Based Probabilistic Caching for Information Centric Networking Abdul Milad SiddiqueHidenori NakazatoWaseda Univ.
(26) 11:15-11:40 迂回ルーティングを利用した特定ユーザのスループット抑制制御の検討 進藤卓也設楽 勇平栗健史日本工大
(27) 11:40-12:05 マルチビームMassive MIMO伝送におけるオーバヘッドレスアクセス制御方式 〜 不飽和トラヒック環境下におけるスループット特性評価 〜 森野善明平栗健史吉野秀明日本工大)・西森健太郎新潟大
  12:05-13:10 休憩 ( 65分 )
7月28日(金) 午後  CS7
座長: 名倉 健一 (三菱電機)
13:10 - 14:25
(28) 13:10-13:35 PONを用いた波長専有型IPブロードキャスト映像配信システムにおける冗長切り替え機能の検討 清水秀和藤原稔久吉永尚生須川智規NTT
(29) 13:35-14:00 光アクセス装置におけるライブアップデート方式の検討 原田拓弥吉野 學鈴木謙一大高明浩NTT
(30) 14:00-14:25 A Service Resiliency Framework for the Next Generation Mobile Cellular Network Zaw HtikeYoshinori KitatsujiKDDI Research Inc.

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
学生及び若手発表発表 3 分 + 質疑応答 0 分
ポスター講演発表 90 分
招待講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
特別招待講演発表 40 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
CS 通信方式研究会(CS)   [今後の予定はこちら]
問合先 CS研幹事
E-: _nn 
お知らせ ◎最新情報は,CS研究会ホームページを御覧下さい.
http://www.ieice.org/cs/cs/jpn/


Last modified: 2017-07-20 14:34:16


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会資料(技術研究報告)の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの目次)]
 

[CS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のCS研究会 / 次のCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会