電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップ  戻る   前のSS研究会 / 次のSS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


ソフトウェアサイエンス研究会(SS) [schedule] [select]
専門委員長 中島 震 (NII)
副委員長 結縁 祥治 (名大)
幹事 鷲崎 弘宜 (早大), 高田 喜朗 (高知工科大)
幹事補佐 小林 隆志 (東工大)

システム数理と応用研究会(MSS) [schedule] [select]
専門委員長 中村 祐一 (NEC)
副委員長 山根 智 (金沢大)
幹事 山口 真之介 (九工大), 中田 充 (山口大)
幹事補佐 西脇 大輔 (NEC)

日時 2014年 1月30日(木) 13:00 - 17:30
2014年 1月31日(金) 09:30 - 16:40
議題 一般 
会場名 豊田中央研究所 アクタスCホール 
住所 〒480-1192 愛知県長久手市横道41-1
交通案内 http://www.tytlabs.co.jp/comp/access.html
会場世話人
連絡先
現地委員 佐野範佳、稲森豊(豊田中央研究所)
お知らせ ◎・アクタスは会社の厚生施設で,研究会会場のCホールは2階に位置しています.アクタス玄関へは,会社正門(守衛所)の手前右側の歩道からお入り下さい.会社構内に隣接していますが,アクタスのみであれば守衛所での手続きは不要です.

・最寄のリニモの駅は,長久手古戦場 または 芸大通り です.地下鉄 藤が丘駅には,タクシーも多く待機しています(料金は千数百円程度).

・1日目 1月30日の研究会終了後に懇親会を開催します.
また,2日目 1月31日のお昼に必要数のお弁当を用意します(実費負担).
希望される方は下記 URL より 1月26日までにお申し込みください.
http://goo.gl/kjdRFu

1月30日(木) 午後 
13:00 - 17:30
(1) 13:00-13:25 制御性能の最適化を考慮したマルチホップ制御ネットワークのスケジューリング 斜森泰樹潮 俊光阪大
(2) 13:25-13:50 Cuckoo Search Algorithm for Job Scheduling in Cloud Systems Supacheep AmtadeToshiyuki MiyamotoOsaka Univ.
(3) 13:50-14:15 調理手順スケジューリングのためのWeb公開レシピー変換アルゴリズム 張 一加舩曵信生中西 透岡山大
  14:15-14:25 休憩 ( 10分 )
(4) 14:25-14:50 近似によるパラメトリック実行時間解析の効率化手法およびその評価 杉原圭佑中田明夫広島市大
(5) 14:50-15:15 拡張SysML記述に対する性能検証に必要な情報の抽出手法の提案 元家裕介中田明夫広島市大
(6) 15:15-15:40 アスペクト指向プログラミングによる高性能・低消費電力化 鷲崎弘宜大河原洸太原 章浩深澤良彰早大
  15:40-15:50 休憩 ( 10分 )
(7) 15:50-16:15 ワークフローネットの構造からフットプリントへの多項式時間変換法とその応用 西 颯麻山口真悟山口大
(8) 16:15-16:40 Solvability for The Maximum Legal Firing Sequence Problem of Inhibitor-Arc Petri nets
-- Unweighted/Weighted Conflict-Free Petri nets --
Satoshi TaokaSatoru OchiiwaToshimasa WatanabeHiroshima Univ.
(9) 16:40-17:05 健全なサイクリックWell-Structuredワークフローネットの可達性の多項式時間判定について 曲 媛山口真悟山口大
(10) 17:05-17:30 ペトリネットを用いた量子回路のモデル化と解析 村主健太太田 淳辻 孝吉愛知県立大
1月31日(金) 午前 
09:30 - 16:40
(11) 09:30-09:55 アクターモデルに基づいたストリームデータに対する分散オンライン決定木学習手法の提案 山本幸一櫻井孝平山根 智金沢大
(12) 09:55-10:20 CISC型組込みアセンブリプログラムのSMTベースの有界モデル検査 竹下 淳小橋潤平山根 智金沢大
(13) 10:20-10:45 Runtime Control of a Program based on Quantitative Information Flow Bao Trung ChuNAIST)・Kenji HashimotoHiroyuki SekiNagoya Univ.
(14) 10:45-11:10 誤りを引き起こすインタラクションを特定可能なテストセット生成法の改善 永元雄宙小島英春土屋達弘阪大
  11:10-11:20 休憩 ( 10分 )
(15) 11:20-11:45 FAのためのピーク負荷抑制と作業進行を両立する臨機応変な工程進捗制御の基礎概念 輕部満國高橋宏治東工大
(16) 11:45-12:10 統計的ラフ集合手法によるif-thenルール導出に関する考察とシミュレーション実験 加藤裕一島根大)・佐伯徹郎山口大
(17) 12:10-12:35 トランジションシステムの模倣制御における出力フィードバックコントローラの最大許容性 串 直紀高井重昌阪大
  12:35-13:35 昼休み ( 60分 )
(18) 13:35-14:00 言語間の関係として表した意味を保つ表現間変換に基づく処理モデル 古宇田フミ子近山 隆東大
(19) 14:00-14:25 ソースコードの自動進化に向けて 村上寛明堀田圭佑肥後芳樹楠本真二阪大
(20) 14:25-14:50 変更レベルに着目したバグ予測支援ツールの設計と実装 田中秀太郎山下一寛亀井靖高鵜林尚靖九大
(21) 14:50-15:15 反復的なソフトウェア機能捜索・識別の例題への適用 風戸広史NTTデータ)・○林 晋平小林隆志東工大)・大島剛志宮田俊介夏川勝行星野 隆NTT)・佐伯元司東工大
  15:15-15:25 休憩 ( 10分 )
(22) 15:25-15:50 Division Constraint-based Receding Horizon Control of Nonlinear Discrete-time Systems Quan GanToshimitsu UshioOsaka Univ.
(23) 15:50-16:15 有限時間最適制御を用いたマルチロータヘリの軌道生成法の実験的検討 河野達也潮 俊光阪大)・滝本 隆北九州高専
(24) 16:15-16:40 平行体計算を用いた非線形ハイブリッドシステムのシミュレーション 石井大輔東工大)・Alexandre GoldsztejnCNRS/LINA

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
SS ソフトウェアサイエンス研究会(SS)   [今後の予定はこちら]
問合先 鷲崎弘宜 (早稲田大学)
TEL: 03-5286-3272
FAX: 03-5286-3272
E-:  
お知らせ ◎最新の情報はSIGSS研究会ホームページでご確認ください.
http://www.washi.cs.waseda.ac.jp/sigss/
MSS システム数理と応用研究会(MSS)   [今後の予定はこちら]
問合先 山口 真之介(九州工業大学)
Tel: 0948-29-7572
E-: siiisck 


Last modified: 2014-01-13 12:47:15


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会資料(技術研究報告)の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの目次)]
 

[MSS研究会のスケジュールに戻る]   /   [SS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のSS研究会 / 次のSS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会