電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップ  戻る   前のEMM研究会 / 次のEMM研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究会(EMM) [schedule] [select]
専門委員長 伊藤 彰則 (東北大)
副委員長 川村 正樹 (山口大), 日置 尋久 (京大)
幹事 薗田 光太郎 (長崎大), 岩田 基 (阪府大)
幹事補佐 生源寺 類 (静岡大), 藤吉 正明 (首都大東京)

日時 2017年 1月30日(月) 13:30 - 18:00
2017年 1月31日(火) 10:00 - 14:00
議題 臨場感生成,ユニバーサルメディア,ディジタルエンタテインメン,一般 
会場名 東北大学 電気通信研究所 
住所 〒980-8577 仙台市青葉区片平2丁目1-1
交通案内 JR仙台駅より徒歩約20分
http://www.riec.tohoku.ac.jp/
会場世話人
連絡先
東北大学 電気通信研究所 坂本修一
022-217-5461
お知らせ ◎30日研究会終了後,懇親会を予定していますので,ふるってご参加ください.

1月30日(月) 午後  EMM (1)
座長: 村田 晴美(中京大)
13:30 - 15:00
(1) 13:30-14:00 Pure Dataによる音響教育の可能性 青木直史藍 圭介北大
(2) 14:00-14:30 Investigation of head-related modulation transfer function for monaural sound localization Nguyen Khanh BuiDaisuke MorikawaMasashi UnokiJAIST
(3) 14:30-15:00 空中伝搬に頑強な音響電子透かし用フレーム同期手法の一検討 近藤和弘山形大)・山田丈二アルパイン技研
  15:00-15:15 休憩 ( 15分 )
1月30日(月) 午後  EMM (2)
座長: 近藤 和弘(山形大)
15:15 - 16:45
(4) 15:15-15:45 非負値行列因子分解を用いた音楽電子透かし法の埋め込み多重化に関する検討 村田晴美中京大)・荻原昭夫近畿大
(5) 15:45-16:15 楽曲の特徴や歪みエフェクトを活用した電子透かし技術の提案 松永悠斗北大)・小嶋徹也東京高専
(6) 16:15-16:45 On Some Variations of Information Hiding Strategies Based on Complete Complementary Codes Tetsuya KojimaNIT, Tokyo College
  16:45-17:00 休憩 ( 15分 )
1月30日(月) 午後  EMM (3)
座長: 伊藤 彰則(東北大)
17:00 - 18:00
(7) 17:00-18:00 [招待講演]Recording, Measuring, and Reproduction for Acoustic Virtual Reality
-- The Research at the Center for Ultra Realistic Audio Technology --
Park KyoungsooSeoul National University
1月31日(火) 午前  EMM (4)
座長: 高嶋 洋一(NTT)
10:00 - 11:30
(8) 10:00-10:30 SIFT特徴点を利用した電子透かし法のIHC ver.5に基づく耐性評価 内田洸太川村正樹山口大
(9) 10:30-11:00 ヒストグラムの疎性を利用したHDR画像のためのパラメタ記憶不要な可逆情報埋込法 大石 涼藤吉正明貴家仁志首都大東京
(10) 11:00-11:30 特定の位置からの復号を目的とした自己復号型ランダムグリッド 兼田真照生源寺 類静岡大
  11:30-13:00 昼食 ( 90分 )
1月31日(火) 午後  EMM (5)
座長: 青木 直史(北大)
13:00 - 14:00
(11) 13:00-13:30 A model for spatial sound systems comprising sound field recording, spatial editing, and binaural reproduction Cesar SalvadorShuichi SakamotoJorge TrevinoYoiti SuzukiTohoku Univ.
(12) 13:30-14:00 マイクロ間隔マイクロホンアレイの基本特性に関する考察 清水源也・○小澤賢司伊藤将亮森勢将雅山梨大)・坂本修一東北大

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 10 分
招待講演発表 50 分 + 質疑応答 10 分

問合先と今後の予定
EMM マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究会(EMM)   [今後の予定はこちら]
問合先  


Last modified: 2016-12-20 16:46:42


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会資料(技術研究報告)の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[EMM研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のEMM研究会 / 次のEMM研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会