電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップ  戻る   前のKBSE研究会 / 次のKBSE研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


知能ソフトウェア工学研究会(KBSE) [schedule] [select]
専門委員長 飯島 正 (慶大)
副委員長 金田 重郎 (同志社大)
幹事 後藤 隆彰 (電通大), 青木 善貴 (日本ユニシス)
幹事補佐 松野 裕 (電通大), 中川 博之 (阪大)

日時 2014年11月 6日(木) 12:55 - 18:00
2014年11月 7日(金) 10:00 - 15:20
議題 一般 
会場名 同志社大(京都/室町キャンパス,寒梅館3F) 
交通案内 https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/list.html

11月6日(木) 午後  セッション1
12:55 - 14:30
(1) 12:55-13:00 開会の挨拶
(2) 13:00-13:45 マッチングシステムを例題としたエンドユーザ主導開発方式に関する考察 中所武司明大
(3) 13:45-14:30 Androidアプリケーションにおける操作履歴に基づいたユーザビリティ評価支援 松澤 岬早大)・岩田 一神奈川工科大)・白銀純子東京女子大)・深澤良彰早大
11月6日(木) 午後  セッション2
14:45 - 16:15
(4) 14:45-15:30 CDM記述のためのコンテクスト抽出手法の能力比較 松村昌典森崎修司渥美紀寿山本修一郎名大
(5) 15:30-16:15 アシュアランスケースによるArchiMateのビジネスアーキテクチャの妥当性確認手法の考案 村井謙太山本修一郎名大
11月6日(木) 午後  セッション3
16:30 - 18:00
(6) 16:30-17:15 コンテンツ間連携モデルを用いたWebサイト統合手法の提案 笠谷昌弘金田重郎大塚卓馬同志社大
(7) 17:15-18:00 要求分析時におけるCMS利用・選択を支援するソフトウェア特性指標の提案 粂野文洋日本工大)・小濱裕太日立システムズ)・新井紀子NII
11月7日(金) 午前  セッション4
10:00 - 11:30
(8) 10:00-10:45 要求テンプレートを用いた要求分析法の調査 伊藤一希近藤純平下江 衛森崎修司渥美紀寿山本修一郎名大
(9) 10:45-11:30 要求記述表を用いたテスト項目抽出手法の適用評価について 大林英晶森崎修司山本修一郎名大
11月7日(金) 午前  セッション5
13:00 - 15:20
(10) 13:00-13:45 操作性要求の定義手法の比較 山本修一郎名大
(11) 13:45-14:30 整合性要件のための存在従属性に着目したオブジェクト識別子の構成 井田明男金田重郎熊谷聡志藤本明莉同志社大
(12) 14:30-15:15 計算機可読な契約合意や法令のための視覚的モデリング言語の提案 〜 強制可能なルールの設計/変換支援と情報システムへの迅速な反映 〜 飯島 正慶大
(13) 15:15-15:20 閉会のあいさつ

講演時間
一般講演発表 30 分 + 質疑応答 15 分

問合先と今後の予定
KBSE 知能ソフトウェア工学研究会(KBSE)   [今後の予定はこちら]
問合先 飯島 正(慶應義塾大学)
E-: iiaeio
幹事団
E-: kb-sff 
お知らせ ◎最新の情報はKBSE研究会ホームページでご確認ください.
http://www.ieice.org/iss/kbse/


Last modified: 2014-10-16 14:57:36


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会資料(技術研究報告)の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの目次)]
 

[KBSE研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のKBSE研究会 / 次のKBSE研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会