電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップ  戻る   前のSS研究会 / 次のSS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


ソフトウェアサイエンス研究会(SS) [schedule] [select]
専門委員長 中島 震 (NII)
副委員長 結縁 祥治 (名大)
幹事 鷲崎 弘宜 (早大), 高田 喜朗 (高知工科大)
幹事補佐 小林 隆志 (名大)

日時 2013年 5月 9日(木) 14:40 - 18:10
2013年 5月10日(金) 09:00 - 12:15
議題 一般 
会場名 香川大学(幸町キャンパス)研究交流棟 
住所 〒760-8521 香川県高松市幸町1番1号
交通案内 JR高松駅からバス、または、高松空港からバス
http://www.kagawa-u.ac.jp/access/saiwai/
会場世話人
連絡先
香川大学工学部信頼性情報システム工学科 高木智彦
087-864-2220(高木研究室)
お知らせ ◎5月9日(木)の研究会終了後,以下のように懇親会を開催します。懇親会を通じまして,
ぜひ皆様と交流を深めたいと思っておりますので,奮ってご参加下さいませ。
ご参加希望の方は、予約制のため5月6日正午までに下記よりお申し込みください。
また予約取り消し希望の場合は照会先へご連絡ください。
日時:2013年5月9日(木) 19:00-21:00(予定)
会場:骨付鳥 蘭丸 御坊町店(予定)
http://www.e-komachi.com/web/gourmet/detail.asp?tnid=36254
料金:4,000-5,000円程度(予定)
申し込み: http://goo.gl/TpulD
照会先: 鷲崎弘宜 (早稲田大学) washizaki _at_ waseda.jp

5月9日(木) 午後  再利用とプログラミング
14:30 - 16:10
  14:30-14:40 平成24年度電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会研究奨励賞授与 ( 10分 )
(1) 14:40-15:10 シーケンス図のパターンに基づくセキュリティ脅威の検出法 阿部達也林 晋平佐伯元司東工大
(2) 15:10-15:40 Javaを対象とした部品合成による自動プログラミングシステム 上之薗和宏青学大)・古宮誠一NII
(3) 15:40-16:10 スライスに基づく凝集度を用いたメソッド抽出支援手法の実験的評価 山口佳久阪大)・吉田則裕奈良先端大)・後藤 祥井上克郎阪大
  16:10-16:20 休憩 ( 10分 )
5月9日(木) 午後  開発履歴と支援
16:20 - 17:50
(4) 16:20-16:50 構文情報を付加したリポジトリによるメソッド抽出リファクタリングの検出 藤原賢二吉田則裕飯田 元奈良先端大
(5) 16:50-17:20 コーディングにおける細粒度作業履歴を用いた手戻り支援ツールの検討 梅川晃一井垣 宏阪大)・吉田則裕奈良先端大)・井上克郎阪大
(6) 17:20-17:50 修正の分類に基づいたコミット分割手法の提案 楠 野明堀田圭佑肥後芳樹楠本真二阪大
5月9日(木) 午後  メモリアル
17:50 - 18:10
  - [招待講演] 古川善吾先生メモリアル
最所圭三、八重樫理人、高木智彦(香川大学)
5月10日(金) 午前  コードクローンと解析
09:00 - 10:30
(7) 09:00-09:30 ソフトウェアリポジトリにおけるコードクローン作成者・利用者関係分析手法とその適用 森脇匠哉井垣 宏山中裕樹阪大)・吉田則裕奈良先端大)・井上克郎楠本真二阪大
(8) 09:30-10:00 任意粒度機能モデルに基づくバイトコードからのコードクローン検出手法 神谷年洋公立はこだて未来大
(9) 10:00-10:30 ソースコード中に含まれる繰り返しコードの進化に関する調査 今里文香佐々木 唯肥後芳樹楠本真二阪大
  10:30-10:45 休憩 ( 15分 )
5月10日(金) 午後  品質と測定
10:45 - 12:15
(10) 10:45-11:15 ソフトウェア品質の第三者評価を目的としたメトリクス基準値導出法の提案 浦田大地藤原雄介平山力地濱崎一樹吉田則裕飯田 元奈良先端大
(11) 11:15-11:45 Influence of Organizational Change on Product Metrics and Defects Seiji SatoHironori WashizakiYoshiaki FukazawaWaseda Univ.)・Sakae InoueHiroyuki OnoYoshiiku HanaiMikihiko YamamotoFujitsu
(12) 11:45-12:15 小規模プログラムにおけるコメント行数とフォールト潜在性の関係に関する調査 阿萬裕久愛媛大

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 10 分

問合先と今後の予定
SS ソフトウェアサイエンス研究会(SS)   [今後の予定はこちら]
問合先 鷲崎弘宜 (早稲田大学)
TEL: 03-5286-3272
FAX: 03-5286-3272
E-:  
お知らせ ◎最新の情報はSIGSS研究会ホームページでご確認ください.
http://www.washi.cs.waseda.ac.jp/sigss/


Last modified: 2013-04-23 18:33:32


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会資料(技術研究報告)の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの目次)]
 

[SS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のSS研究会 / 次のSS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会