電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップ  戻る   前のOCS研究会 / 次のOCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


光通信システム研究会(OCS) [schedule] [select]
専門委員長 鹿田 實
幹事 宮本 裕, 笹岡 英資

光ファイバ応用技術研究会(OFT) [schedule] [select]
専門委員長 小山田 弥平
幹事 大橋 圭二, 灰原 正
幹事補佐 村田 暁, 山本 文彦

レーザー学会「光通信デバイス・伝送路」研究会(レーザ学会)
幹事 松浦 祐司

日時 2004年 8月26日(木) 09:00 - 17:30
2004年 8月27日(金) 08:50 - 16:05
議題 次世代伝送用光ファイバ,機能性光ファイバ,フォトニック結晶ファイバ,ファイバ非線形現象,一般 
会場名 室蘭工業大学 S-301室(室蘭工業大学共同利用施設3階会議室) 
住所 〒050-8585 室蘭市水元町27-1
交通案内 http://www.muroran-it.ac.jp/syomu/map.html
お知らせ ◎【交通情報】
大学、会場までのアクセスとして次ぎの2通りの方法があります。
(1) JR東室蘭駅(特急・急行全列車停車)下車の場合
(1-1)道南バス「東町ターミナル」(JR東室蘭駅東口から徒歩約7分)から市内循環バスを利用する
(1-2)タクシー(JR東室蘭駅西口から所要時間約10分) を利用する。
(2) JR鷲別駅(特急「すずらん」・普通列車停車)下車の場合
(2-1)道南バス「高砂小学校前」(JR鷲別駅から徒歩約3分) から工大行の市内循環バスを利用する。
(2-2)タクシー(JR鷲別駅から所要時間約5分) を利用する。
(詳しくは、以下のホームページ内のアクセスマップ参照のこと)。
室蘭工大ホームページアクセスマップ
http://www.muroran-it.ac.jp/syomu/map.html
◎【懇親会】
下記の要領で懇親会を開催しますので奮ってご参加下さい。
場所:室蘭工業大学 S-301室(室蘭工業大学共同利用施設3階会議室)
(研究会会場と同じです)
日時:8月26日(木)18時より
(会場準備のため、研究会終了後30分ほど時間を頂きます)
会費:一般2000円、学生1000円

8月26日(木) 午前 
09:00 - 17:30
(1) 09:00-09:25 非線形光導波路アレイ中の光伝搬ダイナミクス 福島健介塚田紀昭広島工大
(2) 09:25-09:50 160GHzピコ秒パルス列の高効率四光波混合の波長変換特性 五十嵐浩司飛岡秀明高橋正典廣石治朗八木 健坂野 操並木 周古河電工
(3) 09:50-10:15 フィルタモデルによるラマン効果を考慮した光ファイバソリトン伝播時間解析 津村貴彦高木俊和藤井陽一日大
  10:15-10:25 休憩 ( 10分 )
(4) 10:25-10:50 分散減少ファイバを利用した超高速フェムト秒パルス列発生における誘導ブリルアン散乱の影響 萩生田研一廣岡俊彦中沢正隆東北大
(5) 10:50-11:15 短いテーパファイバによるフェムト秒コンティニウムスペクトル発生の数値解析と実験 王 朝陽室蘭工大)・稲垣克哉室蘭工大/富士通アクセス)・加野 裕今井正明室蘭工大)・曽根宏靖北見工大
(6) 11:15-11:40 スーパーコンティニューム光のスペクトルスライスと非線形ループミラーを用いた全光アナログーディジタル変換 小田祥一朗丸田章博阪大
(7) 11:40-12:05 低複屈折性分散フラット/減少ファイバの相互位相変調によるスーパーコンティニウムスペクトル発生の機構 曽根宏靖北見工大)・王 朝陽今井正明室蘭工大)・横内義典原田康浩北見工大)・鈴木裕一富士通ネットワークテクノロジーズ
  12:05-13:05 昼食 ( 60分 )
(8) 13:05-13:30 石英コアブラッグファイバによる単一モード光伝送 片桐崇史松浦祐司宮城光信東北大
(9) 13:30-13:55 高複屈折を有する偏波保持フォトニック結晶ファイバ 官 寧竹永勝宏井添克昭鈴木龍次愛川和彦姫野邦治フジクラ
(10) 13:55-14:20 実効断面積を拡大した分散フラットフォトニック結晶光ファイバ 松井 隆周 健中島和秀三川 泉NTT
(11) 14:20-14:45 Empirical Relations for Simple Design of Photonic Crystal Fibers Kunimasa SaitohMasanori KoshibaHokkaido Univ.
(12) 14:45-15:10 フォトニック結晶ファイバカプラの設計および作製 横田浩久小林善博平城昌浩西田幸生佐々木 豊茨城大
  15:10-15:25 休憩 ( 15分 )
(13) 15:25-15:50 メトロネットワークに適した負分散フラットファイバの提案 奥野俊明畑山 均佐々木 隆相馬一之本 昭宏平野喜大大西正志重松昌行住友電工
(14) 15:50-16:15 リモートポンプEDF/分布ラマン増幅ハイブリット線形中継方式における相互利得変調を抑圧したオンラインOTDRモニタ 川上広人増田浩次佐藤憲史宮本 裕NTT
(15) 16:15-16:40 分布ラマン増幅システムにおける分散補償ファイバの最適化に関する検討 深井千里中島和秀周 健田嶋克介黒河賢二三川 泉NTT
(16) 16:40-17:05 メトロネットワークに適した低スロープ型NZDSFの提案 奥野俊明田中正人相馬一之山本義典長谷川健美畑山 均佐々木 隆笹岡英資大西正志住友電工
(17) 17:05-17:30 Distributed Chromatic Dispersion Measurement along Concatenated Optical Transmission System Mirza Imran BaigTohru MiyauchiShinya SatoMasaaki ImaiMuroran Inst. of Tech.
8月27日(金) 午前 
08:50 - 16:05
(18) 08:50-09:15 共振波長と損失を同時にチューニング可能な長周期ファイバグレーティングの解析 小寺勇人西 壽巳阪工大
(19) 09:15-09:40 Resonance Wavelength Adjustment of Long-Period Fiber Gratings by the Glass Structure Change Induced by Heating Katsumi MorishitaAkihiro KainoOsaka Electro-Comm. Univ.
(20) 09:40-10:05 Modal Analysis of Tapered Fiber Bragg Grating Utilizing Acoustically Induced Superstructure Modulation Fatemeh AbrishamianYusuke NakaiShinya SatoMasaaki ImaiMuroran Inst. Tech.
  10:05-10:20 休憩 ( 15分 )
(21) 10:20-10:45 レーザ型光マイクロ波発振器を用いたCs光原子時計の周波数安定度の測定 矢加部正嗣二戸 晃吉田真人中沢正隆東北大)・古賀保喜萩本 憲池上 健産総研
(22) 10:45-11:10 10 GHz高調波再生モード同期SOAファイバレーザの発振特性 小野 敦吉田真人中沢正隆東北大
(23) 11:10-11:35 C2H2(アセチレン)周波数安定化偏波保持ファイバレーザの作製 葛西恵介吉田真人中沢正隆東北大
(24) 11:35-12:00 時間領域光フーリエ変換のための超高繰り返しパラボラパルス発生法の提案 廣岡俊彦中沢正隆東北大
  12:00-13:00 昼食 ( 60分 )
(25) 13:00-13:25 IEEE802.3ah準拠GE-PON OLT光送受信器の開発 野田雅樹卯尾豊明野上正道中川潤一三菱電機
(26) 13:25-13:50 光RZ-FSK変調器の変復調特性の解析 坂本高秀川西哲也井筒雅之NICT
(27) 13:50-14:15 偏波面保存マッハツェンダ形光合分波器(OADM)の開発 波平宜敬上里祐樹宮城加津也琉球大
  14:15-14:25 休憩 ( 10分 )
(28) 14:25-14:50 フォトニックAD変換 ~ サニャック干渉計型光スイッチによる光量子化・光符号化に基づく超高速アナログ/ディジタル変換 ~ 池田研介阪大)・ジャリル モハッモド アブドラ並木 周古河電工)・北山研一阪大
(29) 14:50-15:15 光同期によるTDMA方式のディジタル発光型心電計 寺島康弘日大)・佐藤家郷明星電気)・藤井陽一日大
(30) 15:15-15:40 時間領域光トモグラフィ像再生法の検討 市坪公太石川拓臣大友 隆谷藤忠敏北見工大
(31) 15:40-16:05 光ファイバ母材内部屈折率分布測定法 ~ 数値積分における雑音影響の軽減法 ~ 古田真治水間幸大北海道工大)・田中知朗アドヴァンステクノロジ)・佐々木一正北海道工大/アドヴァンステクノロジ

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
OCS 光通信システム研究会(OCS)   [今後の予定はこちら]
問合先 宮本 裕(NTT未来ねっと研究所)
TEL046-859-3064,FAX046-859-5541
E-: 
OFT 光ファイバ応用技術研究会(OFT)   [今後の予定はこちら]
問合先 村田 暁(フジクラ光電子技術研究所光プロセス研究部)
〒285-8550 佐倉市六崎1440
TEL043-484-3946,FAX043-481-1210
E-:s 
レーザ学会 レーザー学会「光通信デバイス・伝送路」研究会(レーザ学会)   
問合先  


Last modified: 2004-08-12 15:45:05


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会資料(技術研究報告)の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[OCS研究会のスケジュールに戻る]   /   [OFT研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のOCS研究会 / 次のOCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会