電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


言語理解とコミュニケーション研究会(NLC) [schedule] [select]
専門委員長 那須川 哲哉 (日本IBM)
副委員長 山本 和英 (長岡技科大), 増市 博 (富士ゼロックス)
幹事 柳原 正 (KDDI研), 竹内 孔一 (岡山大)
幹事補佐 西崎 博光 (山梨大)

音声研究会(SP) [schedule] [select]
専門委員長 有木 康雄 (神戸大)
副委員長 山下 洋一 (立命館大)
幹事 北岡 教英 (名大), 菊池 英明 (早大)
幹事補佐 坂野 秀樹 (名城大), 小川 厚徳 (NTT)

音声言語情報処理研究会(IPSJ-SLP) [schedule] [select]
主査 河原 達也 (京大)
幹事 庄境 誠 (旭化成), 滝口 哲也 (神戸大), 岩野 公司 (東京都市大)

日時 2010年12月20日(月) 13:00 - 18:10
2010年12月21日(火) 10:00 - 18:10
議題 第12回音声言語シンポジウム: 情報アクセス,音声・言語処理一般 (SLP研と連立開催) 
会場名 国立オリンピック記念青少年総合センター 
住所 〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3-1
交通案内 小田急線参宮橋駅から徒歩7分,または東京メトロ千代田線代々木公園駅から徒歩10分
http://nyc.niye.go.jp/facilities/d7.html
他の共催 ◆人工知能学会 言語・音声理解と対話処理研究会,IEEE SP Society Japan Chapter 協賛
お知らせ ◎プログラムは変更の可能性があります.
最新の情報は,各研究会のホームページ,もしくは音声メーリングリストに流れる情報をご確認下さい.

12月20日(月) 午後  開会挨拶
13:00 - 13:05
  - 那須川哲哉
12月20日(月) 午後  Session-1 言語モデル・適応化
13:05 - 14:20
(1) 13:05-13:30 カテゴリ推定に基づく動的な言語モデル適応
○山本仁・花沢健・三木清一(NEC)・篠田浩一(東工大)
(2) 13:30-13:55 PodCastle: 動的言語モデリングに基づくポッドキャスト音声認識
○緒方淳・後藤真孝(産業技術総合研究所)
(3) 13:55-14:20 国会音声認識システムの音響・言語モデルの半自動更新
○秋田祐哉・三村正人・Graham Neubig・河原達也(京大)
  14:20-14:35 休憩 ( 15分 )
12月20日(月) 午後  Session-2 対話
14:35 - 16:15
(4)
NLC
14:35-15:00 タグ付けの安定性を備えた音声対話コーパスに基づくあいづち生成タイミングの検出 大野誠寛神谷優貴松原茂樹名大
(5)
SP
15:00-15:25 音声対話システムのための複数キーワードの共起制約に基づくスポッティングアルゴリズムの評価 加藤杏樹南角吉彦李 晃伸徳田恵一名工大
(6) 15:25-15:50 複数の対話エージェントを扱う音声対話システムの構築と評価
○西村 良太・中川 聖一(豊橋技術科学大学)
(7)
SP
15:50-16:15 POMDPによるTrigram対話制御 南 泰浩東中竜一郎堂坂浩二目黒豊美森 啓前田英作NTT
  16:15-16:30 休憩 ( 15分 )
12月20日(月) 午後  Session-3 音響モデル・雑音・分析
16:30 - 18:10
(8)
SP
16:30-16:55 雑音のバイアス-残差成分の分解と各成分の最適化に基づく雑音抑圧の検討 藤本雅清渡部晋治中谷智広NTT
(9) 16:55-17:20 雑音抑圧法とモデル適応法を組み合わせた耐雑音音声認識手法
○古明地秀治・荒川隆行・越仲孝文(NEC)
(10)
SP
17:20-17:45 MLLR変換行列により制約された音響特徴量生成による頑健な音響モデル 伊藤 新原 直北岡教英武田一哉名大
(11)
SP
17:45-18:10 音声言語のデジタル性 ~ デジタル符号と符号化メカニズムがおりなすオートマタ ~ 得丸公明システムエンジニア
12月21日(火) 午前  Session-4 話者認識・識別
10:00 - 10:50
(12) 10:00-10:25 Inter-speaker weighted MAP adaptation for GMM-Supervector Speaker Recognition
○Marc Ferras, Koichi Shinoda, Sadaoki Furui (Tokyo Inst. of Tech.)
(13) 10:25-10:50 NMFに基づくクラスタリングを適用したAnchor Modelによる話者認識
○西田 昌史・細川 光政・山本 誠一(同志社大)
  10:50-11:05 休憩 ( 15分 )
12月21日(火) 午後  Session-5 認識アルゴリズム
11:05 - 11:55
(14)
SP
11:05-11:30 連続単語認識における認識結果の逐次早期確定アルゴリズムの評価 大野博之名工大)・小島 弘名工大/現在日立ソリューションズ)・南角吉彦李 晃伸徳田恵一名工大
(15)
SP
11:30-11:55 連続マッチング回路を用いた子音の特徴抽出による音声認識方法 野中 淳岡本佳太田向 権関根優年東京農工大
  11:55-13:00 休憩 ( 65分 )
12月21日(火) 午後  Session-6 招待講演1
13:00 - 13:55
(16)
共通
13:00-13:55 [招待講演]Watson ~ クイズ番組に挑戦する質問応答システム ~ 金山 博日本IBM
  13:55-14:00 休憩 ( 5分 )
12月21日(火) 午後  Session-7 招待講演2
14:00 - 14:55
(17) 14:00-14:55 [招待講演] 情報爆発と音声アプリケーションの可能性 -言語処理研究者の考察-
○鳥澤健太郎(NICT)
  14:55-15:10 休憩 ( 15分 )
12月21日(火) 午後  Session-8 情報アクセス(オーガナイズドセッション)
15:10 - 16:25
(18) 15:10-15:35 NTCIR-9 SpokenDoc: 音声検索語検出と音声ドキュメント検索の評価枠組の設計
○秋葉友良(豊橋技科大)・西崎博光(山梨大)・相川清明(東京工科大)・河原達也(京都大)・松井知子(統計数理研究所)・伊藤慶明(岩手県立大)・胡新輝(NICT)・中川聖一(豊橋技科大)・南條浩輝(龍谷大)・山下洋一(立命館大)
(19)
NLC
15:35-16:00 Bag of Grammarとルールベース手法を用いたドメイン依存性の少ないハイブリッド型Whyテキストセグメント判定 田中克幸滝口哲也有木康雄神戸大
(20) 16:00-16:25 確率的言語モデルに基づく音声ドキュメント検索のためのWebを利用したモデル拡張の検討
○増村 亮・咸 聖俊・伊藤 彰則 (東北大)
  16:25-16:40 休憩 ( 15分 )
12月21日(火) 午後  Session-9 一般(ポスターセッション)
16:40 - 18:10
(21) 16:40-18:10 QAシステムのための音声入力インターフェース
◯松田 繁樹・林 輝明・大竹 清敬・Stijn De Saeger・Istvan Varga・Yulan Yan・風間 淳一・磯谷 亮輔・河井 恒・鳥澤 健太郎・中村 哲 (NICT)
(22)
NLC
16:40-18:10 階層的強化学習を適用したPOMDPによる音声対話制御 岸本康秀滝口哲也有木康雄神戸大
(23) 16:40-18:10 視聴覚情報を用いた意図推定の為の決定木に基づく意図境界推定
○伊藤 大介・酒向 慎司・北村 正(名工大)
(24) 16:40-18:10 統計的前編集のための対訳コーパスからの学習データの自動生成
○山本祐司・南條浩輝・吉見毅彦 (龍谷大)
(25) 16:40-18:10 異なる認識単位の認識器から得られた信頼度を素性に用いた音声認識
○田中 智之・西田 昌史・山本 誠一(同志社大)
(26) 16:40-18:10 Optimal use of trees in Structural MAP adapted Speaker Verification
○Sangeet Biswas, Marc Ferras,Koichi Shinoda,Sadaoki Furu (Tokyo Inst. of Tech.)
(27) 16:40-18:10 マルチカーネル学習を用いた話者認識における最適化の検討
○小川哲司(早大),日野英逸(早大),Nima Reyhani(アールト大)・村田昇(早大)小林哲則(早大)
(28)
SP
16:40-18:10 音源の個人性を考慮した声質変換 上村明仁外山 淳北大
(29) 16:40-18:10 HMM音声合成における系列内変動モデリング手法の評価
○是竹有里・戸田智基・木佐木雄介・猿渡洋・鹿野清宏(奈良先端大)
(30) 16:40-18:10 調音運動HMM音声合成における調音特徴-声道パラメータ変換と音源の改良
○小野田 高幸・桂田 浩一・新田 恒雄 (豊橋技科大)
(31) 16:40-18:10 手触りの快不快とオノマトペの音韻の関係性に関する実験的検討
○渡邊淳司(学振/NTTCS研)・加納有梨紗(電通大)・清水祐一郎(電通大)・早川智彦(東大)・坂本真樹(電通大)
(32)
SP
16:40-18:10 音声セグメントを考慮したSTRAIGHTスペクトログラムの非負値行列因子分解 小関 真間野一則芝浦工大
(33)
SP
16:40-18:10 極低ビットレートボコーダのためのHMMに基づくF0符号化法の検討 能勢 隆熊本政真小林隆夫東工大
(34)
SP
16:40-18:10 基底の反復生成と教師ありNMFを用いた信号解析 中鹿 亘滝口哲也有木康雄神戸大

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
ポスター講演発表 90 分

問合先と今後の予定
NLC 言語理解とコミュニケーション研究会(NLC)   [今後の予定はこちら]
問合先 西崎 博光(山梨大)
TEL: [055] 220-8361, FAX: [055] 220-8761
E-: h 
SP 音声研究会(SP)   [今後の予定はこちら]
問合先 山下 洋一(立命館大)
TEL: [077] 561-3906, FAX: [077] 561-5203
E-: diai 
IPSJ-SLP 音声言語情報処理研究会(IPSJ-SLP)   [今後の予定はこちら]
問合先 岩野公司(東京都市大)
TEL: [045] 910-2598, FAX: [045] 910-2599
E-: itcu 


Last modified: 2010-11-19 22:25:01


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会資料(技術研究報告)の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[NLC研究会のスケジュールに戻る]   /   [SP研究会のスケジュールに戻る]   /   [IPSJ-SLP研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会