電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のET研究会 / 次のET研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


教育工学研究会(ET) [schedule] [select]
専門委員長 宮寺 庸造 (学芸大)
副委員長 中村 勝一 (福島大)
幹事 東本 崇仁 (東京工芸大), 森本 容介 (放送大)
幹事補佐 中山 祐貴 (早大), 倉山 めぐみ (函館高専)

日時 2018年 1月27日(土) 10:25 - 16:40
議題 身体知・スキル教育/一般(情報補償が実施されます) 
会場名 神戸大学 深江キャンパス 第4号館4301講義室 
住所 〒658-0022 神戸市東灘区深江南町5丁目1-1
交通案内 阪神電車「深江」下車(22分) 徒歩5分または阪急電車「神戸大学海事科学部前」下車,または各種バス利用(詳細はURL参照)
https://www.maritime.kobe-u.ac.jp/map/
会場世話人
連絡先
神戸大学大学院海事科学研究科 堀口知也
078-431-6263
他の共催 ◆IEEE Education Society Japan Chapter協賛
お知らせ ◎本研究会では,神戸市難聴者協会様のご協力のもと,要約筆記を行います.
◎技術報告電子化の方針を受けまして,ET研では2018年1月より移行いたします.
そのため,今回(1月)から,参加が有料となります.
ただし,発表者の方は,従来同様に,掲載・技報代ともに無料です.
また,聴講のみの参加(技報不要)の方は,現時点では無料扱いになる見込みです.
(移行期のため,これらの料金設定は,今後変更になる可能性がございます)
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(ET研究会)についてはこちらをご覧ください.

  10:25-10:35 委員長挨拶 ( 10分 )
1月27日(土) 午後  ET(1)
10:35 - 11:50
(1) 10:35-11:00 Learning Style Based Collaborative Learning Construction: Can it Improve Group Work in a Learning Environment Yiduo GaoYuta TaniguchiShin'ichi KonomiKentaro KojimaAtsushi ShimadaKyushu Univ.)・Hiroaki OgataKyoto Univ.
(2) 11:00-11:25 リアルタイム学習分析に基づく講義支援 島田敬士九大)・緒方広明京大)・木實新一九大
(3) 11:25-11:50 問題の自動生成とバックトラック型学習支援手法に関する研究 儀保敬人花城涼太桃原岳史宮里智樹琉球大
  11:50-13:20 昼休憩 ( 90分 )
1月27日(土) 午後  ET(2)
13:20 - 14:35
(4) 13:20-13:45 対象世界上で学習者プログラムの挙動を視覚化する学習支援システムの構築 手塚大貴小西達裕小暮 悟野口靖浩静岡大)・山下浩一常葉大)・伊東幸宏静岡大
(5) 13:45-14:10 初級的なリファクタリングを誘導するプログラミング演習としてのコードレビュー支援ツール ~ C言語の未完成や冗長なコードの改良を例題とする試行実践 ~ 植 勇希富永浩之香川大
(6) 14:10-14:35 HI入出力機器とVR素材を用いた操作式解答によるマルチメディア学習システム ~ 中高生への科学イベントを想定した簡単な問題の事例 ~ 石井怜央富永浩之香川大
  14:35-14:50 休憩 ( 15分 )
1月27日(土) 午後  ET(3)
14:50 - 16:40
(7) 14:50-15:15 大学内ITトラブルシューティングのプロセスを支援する潜在ニーズ可視化エージェントの開発 米谷雄介香川大)・佐藤 敬北九州市大
(8) 15:15-15:40 ネットコミュニケーションのトラブル予防のための行動選択シミュレーションを用いた教育プログラムの開発と評価 米田謙三放送大
(9) 15:40-16:05 暗黙知学習支援教材の選択肢提案 ~ 体育実技の学習支援教材 ~ 神谷勇毅髙井和男鈴鹿大短大部
(10) 16:05-16:30 文の構造的指標に基づく分かりにくい文の分類方法の検討 大野博之東京医療保健大)・稲積宏誠青学大
  16:30-16:40 会場校挨拶 ( 10分 )

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
ET 教育工学研究会(ET)   [今後の予定はこちら]
問合先 東本 崇仁(東京工芸大学)
E-: tt-ugei 
お知らせ ◎研究会発表の第1著者は、1研究会あたり1件までです。
◎原稿締め切り日までに原稿がアップロードされない場合には、自動的に発表キャンセルとなります。原稿がない発表は原則認めていませんのでご注意ください。
◎原稿は,4または6ページでお願いいたします。
5ページは極力お避け下さい。
3ページ未満,7ページ以上は認められません。◎本研究会の取り組みなど、詳細は教育工学研究会ホームページをご覧ください。http://www.ieice.org/iss/et/
◎当日の発表時間は,進捗により多少ずれることがありますので,予めお含みおき下さい。


Last modified: 2018-01-09 11:38:08


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[ET研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のET研究会 / 次のET研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会