電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン (ESS/通ソ/ISS)
技報アーカイブ (エレソ)
 トップ  戻る   前のISEC研究会 / 次のISEC研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


情報セキュリティ研究会(ISEC) [schedule] [select]
専門委員長 満保 雅浩 (金沢大)
副委員長 小川 一人 (NHK), 藤岡 淳 (神奈川大)
幹事 駒野 雄一 (東芝), 水木 敬明 (東北大)
幹事補佐 大東 俊博 (東海大), 須賀 祐治 (インターネットイニシアティブ), 猪俣 敦夫 (東京電機大)

情報理論研究会(IT) [schedule] [select]
専門委員長 大橋 正良 (福岡大)
副委員長 村松 純 (NTT)
幹事 葛岡 成晃 (和歌山大), 吉田 隆弘 (横浜商科大)
幹事補佐 岩本 貢 (電通大)

ワイドバンドシステム研究会(WBS) [schedule] [select]
専門委員長 前原 文明 (早大)
副委員長 浜村 昌則 (高知工科大), 小野 文枝 (NICT)
幹事 佐藤 正知 (東京都市大), 能田 康義 (三菱電機)
幹事補佐 小澤 佑介 (東京理科大), 中村 聡 (東京理科大), 中村 僚兵 (防衛大)

日時 2017年 3月 9日(木) 10:25 - 17:40
2017年 3月10日(金) 09:35 - 17:25
議題 IT・ISEC・WBS合同研究会 
会場名 東海大学 高輪キャンパス 4号館2階 
住所 〒108-8619 東京都港区高輪2-3-23
交通案内 http://www.u-tokai.ac.jp/about/campus/takanawa/
会場世話人
連絡先
東海大学情報通信学部 大東 俊博
他の共催 ◆IEEE IT Society Japan Chapter共催
お知らせ ◎3月9日研究会終了後、懇親会を予定しています。
参加ご希望の方は以下のURLからご登録ください。
https://goo.gl/forms/oCXltjwxT8SKJDJt1

3月9日(木)   ISEC (1) 4202教室
座長: 藤岡 淳 (神奈川大)
10:25 - 11:15
(1) 10:25-10:50 ストリーム暗号Grain v1の出力の鍵依存度に関する考察 城所賢史東海大)・五十部孝典神戸大)・大東俊博東海大
(2) 10:50-11:15 3ラウンドRSA-OAEPの関連鍵攻撃に対する安全性 伊藤玄武森田 啓岩田 哲名大
  11:15-11:25 休憩 ( 10分 )
3月9日(木)   招待講演 (1) 4202教室
座長: 満保 雅浩 (金沢大)
11:25 - 12:15
(3) 11:25-12:15 [招待講演]ホワイトボックス暗号化技術について 〜 最新の攻撃と安全な構成方法 〜 五十部孝典ソニーグローバル M&O
  12:15-13:35 昼食 ( 80分 )
3月9日(木)   ISEC (2) 4202教室
座長: 藤崎英一郎(NTT)
13:35 - 14:50
(4) 13:35-14:00 多重暗号化方式への中間一致攻撃に関する考察 前澤陽平岩切宗利防衛大
(5) 14:00-14:25 通常同種写像を用いたDH鍵共有の安全性解析 古川 悟高安 敦國廣 昇東大
(6) 14:25-14:50 GHS攻撃の対象となる奇標数合成数次拡大体上の楕円曲線の分類 その2 小林龍平中大)・飯島 努光電製作所)・趙 晋輝中大
3月9日(木)   IT (1) 4205教室
座長: 渋谷智治(上智大)
13:35 - 14:50
(7) 13:35-14:00 符号の修正に基づく局所復号可能な符号の設計について 田宮寛人神戸大)・廣友雅徳佐賀大)・森井昌克神戸大
(8) 14:00-14:25 Sphere packing bound and Gilbert-Varshamov bound for b-symbol read channels Seunghoan SongToru FujiwaraOsaka Univ.
(9) 14:25-14:50 特性行列と符号部分系列の巡回シフトを用いたTail-Biting畳込み符号のトレリスの簡単化 田島正登
  14:50-15:00 休憩 ( 10分 )
3月9日(木)   ISEC (3) 4202教室
座長: 白勢政明(公立はこだて未来大)
15:00 - 16:40
(10) 15:00-15:25 特殊な加算公式を持つ楕円曲線の安全性評価(2) 森島僚平阪大)・宮地充子阪大/北陸先端大
(11) 15:25-15:50 特殊な加算公式を持つ楕円曲線の安全性評価 小寺健太阪大)・宮地充子阪大/北陸先端大)・鄭 振牟阪大
(12) 15:50-16:15 単純拡大を用いた偶標数有限体上の楕円曲線の被覆曲線の構成 久木聖矢中大)・志村真帆呂東海大)・趙 晋輝中大
(13) 16:15-16:40 偶標数素数次拡大体上の楕円曲線に基づく射影直線上の(2,...,2)型被覆の構成法に関する考察 森下拓也中大)・志村真帆呂東海大)・趙 晋輝中大
3月9日(木)   WBS (1) 4205教室
座長: 中村 僚兵 (防衛大)
15:00 - 16:40
(14) 15:00-15:25 MB-OFDM-UWB信号による相互相関関数を用いた電力遅延プロファイル測定に関する研究 岡本拓也井家上哲史明大
(15) 15:25-15:50 変形擬直交M系列対による二乗検波型DS-UWB-IRにおけるマルチユーザ性能評価 松村拓真羽渕裕真茨城大
(16) 15:50-16:15 コードシフトキーイングを用いるOFCDMにおけるPAPR低減法 細川勇気羽渕裕真茨城大
(17) 16:15-16:40 周波数利用効率の高い異直交符号DS/CDMAと室内電波強度分布を用いた干渉除去の性能評価 中條宏郁太刀川信一長岡高専
  16:40-16:50 休憩 ( 10分 )
3月9日(木)   招待講演 (2) 4202教室
座長: 大橋正良(福岡大)
16:50 - 17:40
(18) 16:50-17:40 [招待講演]副情報に遅延が生じる場合のWyner-Ziv符号化問題 松田哲直植松友彦東工大
3月10日(金)   ISEC (4) 4202教室
座長: 小川 一人 (NHK)
09:35 - 12:35
(19) 09:35-10:00 複数クライアント向けの匿名性Oblivious RAM 高野 悟蘇 春華宮地充子阪大
(20) 10:00-10:25 多機関の安全なset unionプロトコルについて 宍戸克成宮地充子阪大
(21) 10:25-10:50 共通鍵暗号方式におけるLinear Obfuscationを用いた効果的な難読化手法 ステュワート ギャヴィンレンジャイスト)・布田裕一東京工科大)・宮地充子ジャイスト/阪大
  10:50-11:20 休憩 ( 30分 )
(22) 11:20-11:45 ハッシュテーブルを用いた相互依存型自己インテグリティ検証によるソフトウェア保護 渡邉直紀吉田直樹松本 勉横浜国大
(23) 11:45-12:10 対角線上証拠識別不可能な証明システム 穴田啓晃長崎県立大)・有田正剛情報セキュリティ大
(24) 12:10-12:35 Provable Secure Signature Scheme against Quantum Adversaries based on Decisional Isomorphism of Polynomials with Two Secrets Bagus SantosoUEC
3月10日(金)   IT (2) 4205教室
座長: 古賀弘樹(筑波大)
10:55 - 12:35
(25) 10:55-11:20 q入力r出力対称通信路におけるq元線形符号の性能評価システム(2) 古屋杏志郎山口和彦電通大
(26) 11:20-11:45 超解像の応用によるMRIの高速化に関する検討 中島綾香川喜田雅則實松 豊九大)・久原重英杏林大)・竹内純一九大
(27) 11:45-12:10 IEEE 802.11無線LANに適した畳み込み符号化OFDM伝送のビット誤り率予測 菅 宣理江頭直人矢野一人熊谷智明ATR
(28) 12:10-12:35 微少な誤り確率を許容する可変長符号化におけるオーバーフロー確率について 野村 亮専修大)・八木秀樹電通大
  12:35-13:45 昼食 ( 70分 )
3月10日(金)   ISEC (5) 4202教室
座長: 境 隆一(阪電通大)
13:45 - 15:00
(29) 13:45-14:10 Notes on a new fundamental scheme K(V)Scheme for constructing secure product-sum PKC, K(V) ΣΠPKC and multivariate PKC, K(V)MVPKC Masao KasaharaWaseda Univ.
(30) 14:10-14:35 検索可能暗号における最小漏洩情報に関する考察 中井雄士・○野島拓也岩本 貢太田和夫電通大
(31) 14:35-15:00 検証可能な属性ベース検索可能暗号の効率化に関する検討 大竹 剛NHK)・レイハネー サファヴィナイニカルガリー大)・リャンフェン チャン上海科技大
3月10日(金)   IT (3) 4205教室
座長: 桑門秀典(関西大)
13:45 - 15:00
(32) 13:45-14:10 意図されないメッセージに対する秘匿性を考慮したインデックス符号 武井茉美古賀弘樹筑波大
(33) 14:10-14:35 複数の二次利用者によるスペクトルセンシングの検出確率の改善 村中勇樹松本隆太郎松田哲直植松友彦東工大
(34) 14:35-15:00 Quantum Stabilizer Codes Can Realize Access Structures Impossible by Classical Secret Sharing Ryutaroh MatsumotoTokyo Tech.
  15:00-15:10 休憩 ( 10分 )
3月10日(金)   ISEC (6) 4202教室
座長: 須賀 祐治 (インターネットイニシアティブ)
15:10 - 16:25
  - <発表キャンセルにつき休憩>
(35) 15:35-16:00 Secret Sharing Schemes using Modulo-2^m Operations Hidenori KuwakadoKansai Univ.
(36) 16:00-16:25 SIASにおけるセキュリティインシデント兆候解析機能の開発 勝野満夢坂本大樹大川裕之山口崇志布広永示東京情報大)・折田 彰関口竜也日立システムズ
3月10日(金)   WBS (2) 4205教室
座長: 能田 康義 (三菱電機)
15:10 - 16:25
(37) 15:10-15:35 RGB-LED並列伝送における誤り訂正符号の効果 孫 冉羽渕裕真小澤佑介茨城大
(38) 15:35-16:00 拡張プライム符号を用いる可視光可変Nパラレル符号多値変調法におけるマルチパスリフレクションの影響 大澤圭佑羽渕裕真小澤佑介茨城大
(39) 16:00-16:25 バッファを伴う小型無人航空機によるデータ中継に関する一検討 東 昂拓落合秀樹横浜国大
  16:25-16:35 休憩 ( 10分 )
3月10日(金)   招待講演 (3) 4202教室
座長: 前原 文明 (早稲田大)
16:35 - 17:25
(40) 16:35-17:25 [招待講演]時間・空間・周波数領域インデックス変調の基礎と動向 杉浦慎哉東京農工大

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
招待講演発表 40 分 + 質疑応答 10 分

問合先と今後の予定
ISEC 情報セキュリティ研究会(ISEC)   [今後の予定はこちら]
問合先 水木敬明(東北大学)
E-: ic-c(幹事,幹事補佐宛) 
IT 情報理論研究会(IT)   [今後の予定はこちら]
問合先 情報理論研究会幹事
E-:it-c(幹事、幹事補佐)
.
葛岡成晃(和歌山大)
吉田隆弘(横浜商大)
岩本貢(電通大) 
WBS ワイドバンドシステム研究会(WBS)   [今後の予定はこちら]
問合先 佐藤 正知 (東京都市大)
TEL 03-5707-0104 (ext. 2968), FAX 03-5707-2180
E-: ttcu 


Last modified: 2017-03-06 17:17:49


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会資料(技術研究報告)の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの目次)]
 

[IT研究会のスケジュールに戻る]   /   [ISEC研究会のスケジュールに戻る]   /   [WBS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のISEC研究会 / 次のISEC研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会