電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-04-22 10:00
ビジネスドメイン分析におけるゴール抽出技法の提案
中谷多哉子エス・ラグーン)・藤野晃延インアルカディア
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ビジネスドメイン分析は,要求の仕様化に先立って,その根拠を得るために行われる.RODANはステークホルダの役割に基づいたビジネスドメイン分析のための手法である.RODANの分析プロセスは,ステークホルダの役割に着目した依存関係の分析から始まり,各役割のゴール抽出,役割毎のゴール指向分析を経て,ゴール間の貢献関係の分析へと続く.本稿では,例を示して,RODANの適用と評価を行う. 
(英) We develop a role-based business domain analysis method named RODAN for exploring the rationale and claims of requirements before specifying requirements. RODAN process is started from defining dependency relationships between stakeholders' roles and extracting their goals. After extracting goals, we apply goal-oriented analysis for each role and contribution dependency analysis among goals and operations. In this paper, we introduce RODAN process and evaluate its effectiveness by presenting an example.
キーワード (和) ビジネスドメイン分析 / ステークホルダ分析 / ゴール指向分析 / 要求獲得 / / / /  
(英) Business Modeling / Stakeholder Analysis / Goal-Oriented Analysis / Requirements Elicitation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 25, SS2005-7, pp. 1-6, 2005年4月.
資料番号 SS2005-7 
発行日 2005-04-14 (SS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SS  
開催期間 2005-04-21 - 2005-04-22 
開催地(和) 和歌山県立情報交流センター 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2005-04-SS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ビジネスドメイン分析におけるゴール抽出技法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) How to Extract Goals for Business Domain Analysis? 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ビジネスドメイン分析 / Business Modeling  
キーワード(2)(和/英) ステークホルダ分析 / Stakeholder Analysis  
キーワード(3)(和/英) ゴール指向分析 / Goal-Oriented Analysis  
キーワード(4)(和/英) 要求獲得 / Requirements Elicitation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中谷 多哉子 / Takako Nakatani / ナカタニ タカコ
第1著者 所属(和/英) (有)エス・ラグーン (略称: エス・ラグーン)
S-Lagoon Co.,Ltd. (略称: S-Lagoon Co.,Ltd.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤野 晃延 / Terunobu Fujino / フジノ テルノブ
第2著者 所属(和/英) (有)インアルカディア (略称: インアルカディア)
InArcadia Cipo. (略称: InArcadia Cipo.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-04-22 10:00:00 
発表時間 35 
申込先研究会 SS 
資料番号 IEICE-SS2005-7 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.25 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SS-2005-04-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会