電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン (ESS/通ソ/ISS)
技報アーカイブ (エレソ)
 トップ  戻る   前のSS研究会 / 次のSS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


ソフトウェアサイエンス研究会(SS) [schedule] [select]
専門委員長 中島 震 (NII)
副委員長 結縁 祥治 (名大)
幹事 鷲崎 弘宜 (早大), 高田 喜朗 (高知工科大)
幹事補佐 小林 隆志 (東工大)

知能ソフトウェア工学研究会(KBSE) [schedule] [select]
専門委員長 松浦 佐江子 (芝浦工大)
副委員長 飯島 正 (慶大)
幹事 粂野 文洋 (日本工大), 竹内 広宜 (日本IBM)
幹事補佐 後藤 隆彰 (電通大), 青木 善貴 (日本ユニシス)

日時 2013年 7月25日(木) 11:30 - 17:40
2013年 7月26日(金) 09:30 - 17:20
議題 一般 
会場名 北海道立道民活動センター [かでる2.7] 710会議室(7階) 
住所 〒060-0002 北海道札幌市中央区北2条西7丁目
交通案内 JR札幌駅:徒歩12分
http://homepage.kaderu27.or.jp/intoro/access/
会場世話人
連絡先
鷲崎 弘宜
011-204-5100
お知らせ ◎7月25日(木)の研究会終了後,以下のように懇親会を開催します。懇親会を通じまして,
ぜひ皆様と交流を深めたいと思っておりますので,奮ってご参加下さいませ。
準備の都合上、7月19日までに下記より参加をお申し込みください。
また予約取り消し希望の場合は照会先へご連絡ください。
申込:https://docs.google.com/spreadsheet/viewform?formkey=dG52b1FCUm9mYjhUWWVjd3VwSUdPeXc6MA#gid=0
日時:2013年7月25日(木) 18:30-20:30(予定)
会場:北海道食市場 丸海屋 パセオ店 (まるみや)
http://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010101/1003205/dtlmap/?lid=tocoupon2
料金:4,000-5,000円程度(予定)
照会先: SS研 幹事・鷲崎 washizaki _at_ waseda.jp

7月25日(木) 午前 
11:30 - 12:30
(1) 11:30-12:00 Automated Error Localization with Weighted Partial Maximum Satisfiability Si-Mohamed LamraouiShin NakajimaNII
(2) 12:00-12:30 異なるスキーマ間に対応するSQL文の整合性のAlloy Analyzerを用いた一検証手法 藤田悠矢岡野浩三楠本真二阪大
7月25日(木) 午後 
13:30 - 15:30
(3) 13:30-14:00 クラス責務割り当て問題へのファジィ制約充足問題の適用 柳田拓人静岡大)・林 晋平佐伯元司東工大)・三村秀典静岡大
(4) 14:00-14:30 設計進度に応じた設計モデルの段階的なシンタックスチェック手法の提案 村上正敏中川雄一郎西山晴彦三部良太日立
(5) 14:30-15:00 不具合の発生したソフトウェアの実行を継続する一手法の提案 渡部 聡杉山安洋日大
(6) 15:00-15:30 Portland Pattern Repositoryにおけるソフトウェアパターンに対するネットワーク分析 鷲崎弘宜早大)・川村 健USOL東京)・角谷将司深澤良彰早大
7月25日(木) 午後 
15:40 - 17:40
(7) 15:40-16:10 滑らかな設計抽象化 鵜林尚靖艾 迪細合晋太郎亀井靖高九大
(8) 16:10-16:40 文字コード変換による注目文字の出現および消失の有限状態オートマトンによる定式化 西田誠幸拓殖大
(9) 16:40-17:10 状態マシン図を用いたスマートフォンアプリのモデル化 落水恭介横川智教岡山県立大)・宮崎 仁川崎医療福祉大)・佐藤洋一郎有本和民岡山県立大
(10) 17:10-17:40 反復型アプローチによるソフトウェア機能の捜索と識別の改善 風戸広史NTTデータ先端技術)・林 晋平小林隆志東工大)・大島剛志宮田俊介夏川勝行星野 隆NTT)・佐伯元司東工大
7月26日(金) 午前 
09:30 - 11:00
(11) 09:30-10:00 例外処理を含む関数型プログラム停止性証明のための条件付き依存対法 濱口 毅酒井正彦名大
(12) 10:00-10:30 [奨励講演]C言語初学者向けツールC-Helperの予備評価 内田公太権藤克彦東工大
(13) 10:30-11:00 Malbolgeのワード長の拡大とそのプログラミング支援ツール 加藤起騎酒井正彦坂部俊樹草刈圭一朗西田直樹名大
7月26日(金) 午前 
11:10 - 12:10
(14) 11:10-11:40 初学者を対象としたユースケース記述の自動評価による学習支援 松井駿介野呂 惇岡田康治加藤 真渡辺大貴松浦佐江子芝浦工大
(15) 11:40-12:10 セキュリティモデルのための文脈の表現とその利用 飯島 正慶大
7月26日(金) 午後 
13:10 - 15:10
(16) 13:10-13:40 モデル検査技術の開発現場への適用 〜 仕様とソースコードの齟齬の発見 〜 青木善貴日本ユニシス)・松浦佐江子芝浦工大
(17) 13:40-14:10 UML要求分析モデルへのモデル検査技術適用による実現可能性の検証 青木善貴日本ユニシス)・小形真平信州大)・松浦佐江子芝浦工大
(18) 14:10-14:40 PBLへのDaaS開発環境の導入事例 細合晋太郎亀井靖高大迫周平九大)・井垣 宏阪大)・鵜林尚靖福田 晃九大
(19) 14:40-15:10 数理計画モデルを用いたコードレビュー計画に対するフィルタリングの効果について 井上慎也阿萬裕久愛媛大
7月26日(金) 午後 
15:20 - 17:20
(20) 15:20-15:50 一時変数除去の自動化によるメソッドの抽出リファクタリング支援 田島香織大森隆行丸山勝久立命館大
(21) 15:50-16:20 修正実績に基づく重複コード除去支援の試み 肥後芳樹楠本真二阪大
(22) 16:20-16:50 CRDの類似度に基づくコードクローン追跡手法 堀田圭佑肥後芳樹楠本真二阪大
(23) 16:50-17:20 任意粒度機能モデルに基づくコードクローン検出手法の大規模プログラムへの適用に向けた改善 神谷年洋公立はこだて未来大

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 10 分

問合先と今後の予定
SS ソフトウェアサイエンス研究会(SS)   [今後の予定はこちら]
問合先 鷲崎弘宜 (早稲田大学)
TEL: 03-5286-3272
FAX: 03-5286-3272
E-:  
お知らせ ◎最新の情報はSIGSS研究会ホームページでご確認ください.
http://www.washi.cs.waseda.ac.jp/sigss/
KBSE 知能ソフトウェア工学研究会(KBSE)   [今後の予定はこちら]
問合先 松浦佐江子(芝浦工業大学)
E-: ubau-it 
お知らせ ◎最新の情報はKBSE研究会ホームページでご確認ください.
http://www.sayo.se.shibaura-it.ac.jp/kbse/


Last modified: 2013-07-24 15:42:21


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会資料(技術研究報告)の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの目次)]
 

[SS研究会のスケジュールに戻る]   /   [KBSE研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のSS研究会 / 次のSS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会