電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップ  戻る   前のNC研究会 / 次のNC研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


ニューロコンピューティング研究会(NC) [schedule] [select]
専門委員長 酒井 宏 (筑波大)
副委員長 岡田 真人 (東大)
幹事 山内 康一郎 (中部大), 花沢 明俊 (九工大)
幹事補佐 酒井 裕 (玉川大), 三浦 健一郎 (京大)

日時 2010年10月23日(土) 10:55 - 17:15
議題 ニューロコンピューティングの実装とシステム化,一般 
会場名 九州工業大学 若松キャンパス (大学院生命体工学研究科) 
住所 〒808-0196 北九州市若松区ひびきの2-4
交通案内 JR折尾駅西口から北九州市営バス15分または東口からタクシー10分
http://www.lsse.kyutech.ac.jp/lsse_j/access/index.html
会場世話人
連絡先
花沢 明俊
093-695-6111
他の共催 ◆日本神経回路学会;IEEE Computational Intelligence Society Japan Chapter共催

10月23日(土) 午前  一般講演
10:55 - 12:20
(1) 10:55-11:20 明期ラット海馬スライスにおいてカルバコール誘導β振動は出にくくなる 中司弘樹夏目季代久九工大
  11:20-11:30 休憩 ( 10分 )
(2) 11:30-11:55 メキシカンハット型相互結合を持つXYモデルの解析 木本智幸大分高専)・上江洌達也奈良女子大)・岡田真人東大/理研
(3) 11:55-12:20 複数三次元物体の認識を実現する神経回路モデル 樋口靖晃朝倉暢彦乾 敏郎京大
  12:20-13:30 昼食 ( 70分 )
10月23日(土) 午後  ニューロコンピューティングの実装とシステム化
13:30 - 17:15
(4) 13:30-14:20 [招待講演]人-ロボット相互作用に向けた脳型システムのリアルタイム実験系の構築 我妻広明九工大
  14:20-14:30 休憩 ( 10分 )
(5) 14:30-14:55 バイポーラ型抵抗変化メモリ素子を用いたSTDPシナプスデバイス 赤穂伸雄浅井哲也北大)・柳田 剛川合知二阪大)・雨宮好仁北大
(6) 14:55-15:20 パルス論理による閉ループ回路を用いた状態機械の設計 山崎優作長井啓一関根優年東京農工大
(7) 15:20-15:45 集積回路実装に向けた大局的画像領域分割のための領域ベース結合MRFモデルのパラメータ制御 梁 海超松坂建治中田一紀九工大)・岡田真人東大/理研)・森江 隆九工大
  15:45-16:00 休憩 ( 15分 )
(8) 16:00-16:25 FPGAによる2変数神経細胞モデルの数値計算とその分岐特性 立野勝巳九工大
(9) 16:25-16:50 ネオコグニトロンのGPU実装 吉塚武治九州産大)・宮本弘之九工大
(10) 16:50-17:15 GPGPUによる運動および視差エネルギーモデルの実時間融合実装 花沢明俊九工大

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
NC ニューロコンピューティング研究会(NC)   [今後の予定はこちら]
問合先 花沢 明俊 bink 


Last modified: 2010-10-01 15:27:27


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会資料(技術研究報告)の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[NC研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のNC研究会 / 次のNC研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会