電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のET研究会 / 次のET研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


教育工学研究会(ET) [schedule] [select]
専門委員長 宮寺 庸造 (学芸大)
副委員長 中村 勝一 (福島大)
幹事 東本 崇仁 (東京工芸大), 森本 容介 (放送大)
幹事補佐 中山 祐貴 (早大), 倉山 めぐみ (函館高専)

日時 2018年 3月 3日(土) 10:00 - 16:35
議題 電子教科書・e-Learningの標準化と利活用/一般 
会場名 高知工科大学 永国寺キャンパス 
住所 〒780-8515 高知県高知市永国寺町2番22号
交通案内 高知龍馬空港→永国寺キャンパス ・車/タクシーで約40分 ・空港連絡バスで約50分 「はりまや橋」または「JR高知駅」下車→車/タクシーで約5分、または徒歩約15分
https://www.kochi-tech.ac.jp/about/facility/eikokuji.html
会場世話人
連絡先
高知工科大学 妻鳥貴彦
088-821-7200
他の共催 ◆IEEE Education Society Japan Chapter協賛
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(ET研究会)についてはこちらをご覧ください.

  10:00-10:05 委員長挨拶(A会場) ( 5分 )
  10:05-10:10 会場移動 ( 5分 )
3月3日(土) 午前  A1 会場:A210
座長: 國宗 永佳(千葉工大)
10:10 - 11:30
(1) 10:10-10:30 階層型読解モデルに基づいた論文読解支援システム 西村弘太小尻智子関西大
(2) 10:30-10:50 メロディー音抽出によるギター演奏支援システム 伊藤 遼小尻智子関西大
(3) 10:50-11:10 身体スキル獲得におけるピア・アセスメントを取り入れたPDCAサイクル支援システムの構築 詫間風人小尻智子関西大
(4) 11:10-11:30 リハーサル差分データの提示にもとづくバックレビュー支援システムの開発と評価 小池柾伎岡本 竜高知大)・柏原昭博電通大
  11:30-12:30 昼休憩 ( 60分 )
3月3日(土) 午後  A2 会場:A210
座長: 後藤田 中(香川大)
12:30 - 14:10
(5) 12:30-12:50 ゼミの実態調査を通したゼミ形態の分類の検討 保坂明子早大)・木下 涼電通大)・谷田貝雅典共立女子大)・米谷雄介香川大)・永岡慶三早大
(6) 12:50-13:10 ゼミナール形態による共同体意識形成要因の比較検討 森下瑞季早大)・米谷雄介香川大)・谷田貝雅典共立女子大)・木下 涼電通大)・永岡慶三早大
(7) 13:10-13:30 大学研究室における研究活動の多様性を考慮した管理支援システムの開発 大浦拓馬佐藤克己森本康彦学芸大)・中山祐貴早大)・中村勝一福島大)・宮寺庸造学芸大
(8) 13:30-13:50 kintoneによる卒業研究指導システム運用と成果達成のコンピテンシー 山田耕嗣青沼亮太大嶋智子高橋 徹阪産大
(9) 13:50-14:10 自己調整活動を促進する研究活動支援システムにおける活動状況把握支援機能の改善 廣村槙太郎信州大)・國宗永佳千葉工大)・新村正明信州大
  14:10-14:25 休憩 ( 15分 )
3月3日(土) 午後  A3 会場:A210
座長: 中村 勝一 (福島大)
14:25 - 16:35
(10) 14:25-14:45 階層性を考慮したトピックモデルに基づく潜在ニーズ可視化エージェントの構築 米谷雄介香川大)・佐藤 敬北九州市大
(11) 14:45-15:05 ウェアラブルカメラ及び360°カメラを用いた野球走塁における状況判断指導の提案 佐々木遼太早大)・谷田貝雅典共立女子大)・米谷雄介香川大)・木下 涼電通大)・永岡慶三早大
(12) 15:05-15:25 個別フィードバックを有するオンデマンド教材を用いたソフトボール・スローイング指導の可能性の検討 半澤春奈早大)・谷田貝雅典共立女子大)・木下 涼電通大)・米谷雄介香川大)・永岡慶三早大
(13) 15:25-15:45 学習者に対し熟達者の動きの認識を目標に共有された試技動画およびセンサを活用した学習環境 中原 輝蓮井宏輔石岡匠也後藤田 中香川大)・國枝孝之リコー)・松浦健二カルンガル ステファン徳島大)・米谷雄介林 敏浩八重樫理人香川大
(14) 15:45-16:05 スポーツオノマトペの直感的な意図を表現するコミックフォントを用いた運動学習支援システム 蓮井宏輔中原 輝後藤田 中香川大)・國枝孝之リコー)・松浦健二カルンガル ステファン徳島大)・米谷雄介林 敏浩八重樫理人香川大
(15) 16:05-16:25 インシデント対応におけるリスクアセスメント過程認識のための可視化・伝達を支援するシステムの開発と評価 山崎勇二後藤田 中米谷雄介林 敏浩八重樫理人最所圭三香川大
  16:25-16:35 会場校挨拶(A会場) ( 10分 )
3月3日(土) 午前  B1 会場:A213
座長: 谷田貝 雅典(共立女子大)
10:10 - 11:30
(16) 10:10-10:30 E-Learning教材に汎用的に組み込める学習技能指導モジュールの設計 井出未来松田稔樹東工大)・小杉直美北翔大
(17) 10:30-10:50 教科等を横断して汎用的資質・能力を育成するための模擬授業ゲーム 松田稔樹東工大
(18) 10:50-11:10 AIと共存する力を養成する教育プログラムの提案 高野敦子兵庫大
(19) 11:10-11:30 教育・学習分野の先進的研究課題 ~ 次に繋がる研究の視座を求めて ~ 渡邉豊英名古屋産業科学研
  11:30-12:30 昼休憩 ( 60分 )
3月3日(土) 午後  B2 会場:A213
座長: 倉山 めぐみ (函館高専)
12:30 - 14:10
(20) 12:30-12:50 多地点遠隔講義環境におけるつぶやき共有手法に関する提案 原 智英長谷川 忍北陸先端大
(21) 12:50-13:10 情報技術演習における演習状況可視化手法の提案 横山貴志信州大)・國宗永佳千葉工大)・新村正明信州大
(22) 13:10-13:30 情報システムの設計・特性・社会的影響の相互関係を理解させるゲーミング教材の開発 金井文哉松田稔樹東工大
(23) 13:30-13:50 セキュリティ対策を通じて多様な良さの実現とトレードオフ解消を考えさせる情報科用ゲーム教材の開発 坂 直樹松田稔樹東工大)・近藤千香東工大附属科学技術高
(24) 13:50-14:10 ネットワーク構築演習の作成と改良 ~ 構造調査とアンケートによる評価 ~ 松永統真白石啓一高城秀之粂川一也村上幸一香川高専
  14:10-14:25 休憩 ( 15分 )
3月3日(土) 午後  B3 会場:A213
座長: 森本 容介(放送大)
14:25 - 16:35
(25) 14:25-14:45 アルゴリズムの動的提示を使ったコーディング演習 大城正典永井保夫東京情報大
(26) 14:45-15:05 LEGO Mindstormsマイコンの走行体を用いた制御系のJavaプログラミングの演習支援 ~ 総合課題におけるUMLモデリング設計と模範コードおよび採点指針 ~ 劉 世博辻 健人中矢 誠富永浩之香川大
(27) 15:05-15:25 プログラミング作問学習の例題・問題間の状況差異推定機能における抽出品詞の検討 牧野拓也信州大)・國宗永佳千葉工大)・新村正明信州大
(28) 15:25-15:45 ソフトウェアメトリクスを用いた高可読性コーディング能力の定量的評価 中村優太上野秀剛奈良高専
(29) 15:45-16:05 ハッカソンを用いたプログラミング初心者と経験者の協調学習方式の提案 吉井秀平早大)・米谷雄介香川大)・谷田貝雅典共立女子大)・木下 涼電通大)・永岡慶三早大
  16:25-16:35 会場校挨拶(A会場) ( 10分 )
3月3日(土) 午前  C1 会場:A214
座長: 米谷 雄介(香川大)
10:10 - 11:30
(30) 10:10-10:30 拡張・絞込み方針の意識促進を考慮したローカル領域とWeb空間を跨いだページ間関係視覚化システム 荒川大祐福島大)・中山裕貴早大)・大沼 亮神長裕明福島大)・宮寺庸造学芸大)・中村勝一福島大
(31) 10:30-10:50 探索方針の考察促進のための閲覧履歴のネットワーク分析に基づいた未知ページの性質示唆 天野 崇大沼 亮福島大)・中山祐貴早大)・神長裕明福島大)・宮寺庸造学芸大)・中村勝一福島大
(32) 10:50-11:10 学習者の動作およびページ移動履歴の分析 (第2報) 渡邊栄治甲南大)・尾関孝史福山大)・小濱 剛近畿大
(33) 11:10-11:30 Web教材の品質管理のための学習ログ収集の機能強化と学習者の特徴分析 池田瑞穂関西学院大
  11:30-12:30 昼休憩 ( 60分 )
3月3日(土) 午後  C2 会場:A214
座長: 東本 崇仁(東京工芸大)
12:30 - 14:10
(34) 12:30-12:50 感性洗練のための嗜好整理と嗜好発見支援システム ~ 写真を対象として ~ 上坂誠信小尻智子関西大
(35) 12:50-13:10 グループ分け反転授業の実授業への適用 梅澤克之小林 学湘南工科大)・石田 崇高崎経済大)・中澤 真会津大短大部)・平澤茂一早大
(36) 13:10-13:30 高等学校商業科目の能動的学習を図る効果的なコンテンツと指導方法 森 友寿鹿島台商業)・秋月 治宮城大
(37) 13:30-13:50 学寮における外泊欠食申請システムの汎用化に関する研究 片岡莉菜・○福田尚也松島由紀子津山高専
(38) 13:50-14:10 3DCG映像を活用した介助技術の習得支援Web教材の開発 江藤 香高瀬浩史松田 洋日本工大)・山崎敦子芝浦工大)・吉田廣子板橋ロイヤル訪問看護ステーション)・伊藤きよみ東本町訪問看護ステーション)・荻原美智恵自由が丘訪問看護ステーション)・佐伯喜久子板橋中央看護専門学校)・清水暁彦板橋中央総合病院
  14:10-14:25 休憩 ( 15分 )
3月3日(土) 午後  C3 会場:A214
座長: 中山 祐貴(早大)
14:25 - 16:35
(39) 14:25-14:45 ソーシャル・ネットワーキング・サービスのデジタルノートとしての利用についての調査・分析 飯高敏和熊本学園大
(40) 14:45-15:05 Moodleの利用状況把握を目的としたログ解析プラグインAliroStatsの開発 小林康太森川 一旭川高専
(41) 15:05-15:25 スマホによる同期が可能なHMD式VRを用いたeラーニング教材の試作 中村修也赤倉貴子東京理科大
(42) 15:25-15:45 e-Testingにおける静的情報を用いたテキスト独立型筆記認証の検討 川又泰介清水創太赤倉貴子東京理科大
(43) 15:45-16:05 特異項目機能分析によるライティング・ルーブリックの評価 石川勝彦山梨学院大)・○野津昭文大分県立看護科学大
(44) 16:05-16:25 ラーニングレコードを用いた学習者の習熟度時間変化モデルの構築 児玉 翠秦 崇洋社家一平NTT
  16:25-16:35 会場校挨拶(A会場) ( 10分 )

講演時間
一般講演発表 13 分 + 質疑応答 7 分

問合先と今後の予定
ET 教育工学研究会(ET)   [今後の予定はこちら]
問合先 東本 崇仁(東京工芸大学)
E-: tt-ugei 
お知らせ ◎研究会発表の第1著者は、1研究会あたり1件までです。
◎原稿締め切り日までに原稿がアップロードされない場合には、自動的に発表キャンセルとなります。原稿がない発表は原則認めていませんのでご注意ください。
◎原稿は,4または6ページでお願いいたします。
5ページは極力お避け下さい。
3ページ未満,7ページ以上は認められません。◎本研究会の取り組みなど、詳細は教育工学研究会ホームページをご覧ください。http://www.ieice.org/iss/et/
◎当日の発表時間は,進捗により多少ずれることがありますので,予めお含みおき下さい。


Last modified: 2018-02-16 16:19:56


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[ET研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のET研究会 / 次のET研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会