電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


ソフトウェアサイエンス研究会(SS) [schedule] [select]
専門委員長 関 浩之 (奈良先端大)
副委員長 中島 震 (NII)
幹事 高田 喜朗 (高知工科大), 満田 成紀 (和歌山大)
幹事補佐 鷲崎 弘宜 (早大)

日時 2012年 3月13日(火) 09:00 - 18:00
2012年 3月14日(水) 09:00 - 12:30
議題 一般 
会場名 てんぶす那覇(那覇市ぶんかテンブス館) 
住所 〒900-0013 沖縄県那覇市牧志3-2-10
交通案内 国際通り沿い(南側),ゆいレール牧志駅から西400m。
http://www.tenbusu.jp/shisetsu_riyou/access/index.html
会場世話人
連絡先
奈良先端大 関 浩之
お知らせ ◎13日研究会終了後,懇親会を予定していますのでご参加ください。
「あんつく」(那覇市牧志1-7-1)19時〜
下記Webページにて参加登録をよろしくお願いいたします。
http://www.info.kochi-tech.ac.jp/sigss/konshin/?id=1203

3月13日(火) 午前 
09:00 - 18:00
(1) 09:00-09:25 ソースコード中に出現する動詞-目的語関係を利用したメソッド名の命名支援手法 鬼塚勇弥阪大)・早瀬康裕筑波大)・石尾 隆井上克郎阪大
(2) 09:25-09:50 共用変数によるバインド機構を用いた組込みシステムの開発手法について 荻原剛志京都産大
(3) 09:50-10:15 日本語シナリオからのシーケンス制御プログラム生成支援 塩田英二・○大西 淳立命館大
(4) 10:15-10:40 ソフトウェアFMEAの一手法とプロダクトライン開発におけるその利用 中西恒夫久住憲嗣福田 晃九大
  10:40-10:50 休憩 ( 10分 )
(5) 10:50-11:15 ソースコード中の繰り返し部分に着目したコードクローン検出手法の提案 村上寛明堀田圭佑肥後芳樹井垣 宏楠本真二阪大
(6) 11:15-11:40 大規模ソフトウェア群に対するメソッド単位のコードクローン検出 石原知也堀田圭佑肥後芳樹井垣 宏楠本真二阪大
(7) 11:40-12:05 近傍ハッシュ法を用いた2段階のクラスタリングに基づくNear-missクローンの検出 吉岡俊輔吉田則裕伏田享平飯田 元奈良先端大
  12:05-13:05 昼食 ( 60分 )
(8) 13:05-13:30 Alloyを用いたRuby on Railsアプリケーションの開発支援 水谷浩明結縁祥治名大
(9) 13:30-13:55 制約記述言語OCLとJMLのモデル駆動開発技法に基づいた双方向の変換手法の提案 榛葉浩章花田健太郎岡野浩三楠本真二阪大
(10) 13:55-14:20 SMTソルバーとPDG作成ツールを用いたJavaのテストケース自動導出手法の提案 佐々木幸広小林和貴岡野浩三楠本真二阪大
  14:20-14:30 休憩 ( 10分 )
(11) 14:30-14:55 プログラミング演習における受講生支援のためのコーディング過程可視化システムの提案 齊藤 俊山田 誠東京工科大)・井垣 宏楠本真二阪大)・井上亮文星 徹東京工科大
(12) 14:55-15:20 プログラミング演習における初学者を対象としたコーディング傾向の分析 伏田享平奈良先端大)・玉田春昭京都産大)・井垣 宏阪大)・藤原賢二吉田則裕奈良先端大
(13) 15:20-15:45 マイクアレイネットワークを用いたホームネットワークサービス向けハンズフリー音声インタフェース 祖田心平中村匡秀まつ本真佑松原典行久賀田耕史和泉慎太郎川口 博吉本雅彦神戸大
(14) 15:45-16:10 ホームネットワークシステムにおけるパーソナルリモコン作成実験 徳田啓介稲田卓也まつ本真佑中村匡秀神戸大
  16:10-16:20 休憩 ( 10分 )
(15) 16:20-16:45 Ajaxアプリケーションの複雑性メトリクスの提案とツールの試作 加賀谷有紀海谷治彦海尻賢二信州大
(16) 16:45-17:10 ソフトウェア変更に対するバグ予測モデルの精度評価 亀井靖高鵜林尚靖九大
(17) 17:10-17:35 プログラムの構造に着目したFault-Localizationとデバッグ支援 下條清史坂本一憲鷲崎弘宜深澤良彰早大
(18) 17:35-18:00 関数の実行時間予測法と分散コンピューティング環境における応用 栗原 協杉山安洋日大
3月14日(水) 午前 
09:00 - 12:30
(19) 09:00-09:25 決定性線形トップダウン木変換器における問合せ保存の決定可能性 澤田龍太阪大)・橋本健二奈良先端大)・石原靖哲藤原 融阪大
(20) 09:25-09:50 Combining the tractability of duplicate-free DTDs and disjunction-capsuled DTDs for XPath satisfiability with sibling axes Yasunori IshiharaOsaka Univ.)・Shogo ShimizuAIIT)・Kenji HashimotoNAIST)・Toru FujiwaraOsaka Univ.
(21) 09:50-10:15 ソフトウェア進化研究に関する動向調査 〜 IWPSEシリーズを題材に 〜 大森隆行丸山勝久立命館大)・林 晋平東工大)・沢田篤史南山大
(22) 10:15-10:40 ソフトウェアプロジェクトにおけるtraceabilityの確立 〜 実プロジェクトへの適用 〜 宮下 学海谷治彦海尻賢二信州大
  10:40-10:50 休憩 ( 10分 )
(23) 10:50-11:15 CodeForest: ソフトウェア構造・特性・依存の視覚化によるプログラム理解支援 轟 大樹大森隆行丸山勝久立命館大
(24) 11:15-11:40 多層システムのための形式概念分析に基づくFeature Location手法の提案 風戸広史NTT)・林 晋平東工大)・岡田 敏宮田俊介星野 隆NTT)・佐伯元司東工大
(25) 11:40-12:05 リポジトリマイニング向けドメイン専用言語の設計と実装 山下一寛山本大輔亀井靖高久住憲嗣鵜林尚靖九大
(26) 12:05-12:30 実行トレース解析のためのデザインパターンに基づくオブジェクトグルーピング 戸田達也小林隆志渥美紀寿阿草清滋名大

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
SS ソフトウェアサイエンス研究会(SS)   [今後の予定はこちら]
問合先 高田喜朗(高知工科大)
TEL 0887-57-2207
FAX 0887-57-2220
E-: a- 
お知らせ ◎最新の情報はSIGSS研究会ホームページでご確認ください.
http://www.info.kochi-tech.ac.jp/sigss/


Last modified: 2012-02-22 17:59:07


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会資料(技術研究報告)の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの目次)]
 

[SS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会