電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップ  戻る   前のCS研究会 / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


通信方式研究会(CS) [schedule] [select]
専門委員長 横谷 哲也 (金沢工大)
副委員長 中里 秀則 (早大)
幹事 牟田 修 (九大), 藤原 正満 (NTT)
幹事補佐 金井 謙治 (早稲田大), 原 一貴 (NTT)

光通信システム研究会(OCS) [schedule] [select]
専門委員長 森田 逸郎 (KDDI総合研究所)
幹事 山本 義典 (住友電工), 木坂 由明 (NTT)

日時 2018年 1月29日(月) 12:55 - 17:55
2018年 1月30日(火) 08:50 - 14:20
議題 コア・メトロシステム,海底伝送システム,光アクセスシステム・次世代PON,イーサネット,光伝達網(OTN),伝送監視制御,光伝送システム設計・ツール,モバイル光連携,一般 
会場名 愛媛大学 総合情報メディアセンター 
住所 〒790-8577 愛媛県松山市文京町3
交通案内 https://www.cite.ehime-u.ac.jp/
お知らせ ◎懇親会情報:
日時:1月29日(月) 18:30~
場所:愛媛大学校友会館1階フリーニ(愛媛大学生協)
会費:3500円程度を予定

ご参加をご希望の方は 2018年 1月18日(木)までに
CS研究会幹事 (_nieice) 宛にお知らせ下さい。
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費についてはこちらをご覧ください.参加費のお支払いが必要な研究会は,CS研究会, OCS研究会です.

1月29日(月) 午後  CS1
座長: 牟田 修 (九大)
12:55 - 14:15
  12:55-13:00 開会の挨拶 ( 5分 )
(1)
CS
13:00-13:25 技術標準の異なる電力線通信システムのUDP通信時IP通信品質 上村 綾内田誠人喜田健司東洋大)・石川博康日大)・篠永英之東洋大
(2)
CS
13:25-13:50 MIMO技術を用いたWDM-OFDM可視光通信の検討 薮内 潤大村成勲大柴小枝子京都工繊大)・岩松隆則富士通テレコムネットワークス
(3)
CS
13:50-14:15 Price-based Pilot Sharing for Spectrum Sharing Massive MIMO Networks Wanming HaoOsamu MutaKyushu Univ.
  14:15-14:30 休憩 ( 15分 )
1月29日(月) 午後  OCS1
14:30 - 16:10
(4)
OCS
14:30-14:55 マイクロ波帯光ファイバ無線システムにおける光変調歪の波長分散による補償 ~ OFDM無線伝送の性能改善について ~ 遠藤 駿カリヤワサム インディパラゲ アミラ サムパット前田譲治東京理科大
(5)
OCS
14:55-15:20 半導体光増幅器とファブリペロエタロンを用いた波長再利用WDM-PON ~ エタロンの自動同調と双方向伝送実験 ~ 泉澤拓弥池田吉輝カリヤワサム インディパラゲ アミラ サムパット前田譲治東京理科大
(6)
OCS
15:20-15:45 TWDM-PON用10Gb/s-EML駆動時の波長ドリフトに関する一検討 川中啓敬芦田哲郎吉間 聡石田和行三菱電機
(7)
OCS
15:45-16:10 光注入同期を用いたモバイルフロントホール用80 Gbit/s, 256 QAMデジタルコヒーレント伝送 葛西恵介王 怡昕吉田真人廣岡俊彦岩月勝美中沢正隆東北大
  16:10-16:25 休憩 ( 15分 )
1月29日(月) 午後  特別招待講演 CS
座長: 横谷哲也(金沢工大)
16:25 - 17:55
(8)
共通
16:25-17:10 [特別招待講演]光ファイバ伝送における非線形シャノン限界 丸田章博阪大
(9)
共通
17:10-17:55 [特別招待講演]IoT時代のPLC技術の展開とSmart EMCの提案 都築伸二愛媛大
1月30日(火) 午前  OCS2
08:50 - 10:05
(10)
OCS
08:50-09:15 適応等化フリーコヒーレント光受信器のためのディジタル信号処理 西山智貴袁 帥五十嵐浩司阪大
(11)
OCS
09:15-09:40 並列化処理による適応等化の性能劣化 五十嵐浩司阪大
(12)
OCS
09:40-10:05 ニューラルネットワークと搬送波位相同期光源を用いたXPM及びFWMによる波形歪み補償 大脇翔太郎中村守里也明大
  10:05-10:20 休憩 ( 15分 )
1月30日(火) 午前  CS2
座長: 藤原 正満 (NTT)
10:20 - 12:00
(13)
CS
10:20-10:45 MIMO fronthaul compression inspired by parametric stereo audio coding Paikun ZhuGPI)・Yuki YoshidaNICT)・Ken-ichi KitayamaGPI
(14)
CS
10:45-11:10 プロアクティブ制御によりオーバーシュート抑圧を可能にしたメトロ網向けバースト光増幅技術 益本佳奈中川雅弘恩田英俊片山 勝松村和之NTT
(15)
CS
11:10-11:35 C-RANにおけるフロントホール向けWDM-PONシステムの遠隔監視制御方法 曽根恭介中川剛二富士通)・小田祥一朗富士通研)・廣瀬佳生星田剛司富士通
(16)
CS
11:35-12:00 5G評価条件を考慮した高密度セルを収容するTWDM-PONシステム 平野幸男名倉健一小崎成治三菱電機
  12:00-13:00 休憩 ( 60分 )
1月30日(火) 午後  OCS3
13:00 - 14:20
(17)
OCS
13:00-13:25 Kramers-Kronig法による直接検波器を用いた偏波多重伝送に関する一検討 増井柊一阪大)・吉田悠来NICT)・丸田章博阪大
(18)
OCS
13:25-13:50 直接検波システムにおける帯域制限耐力及び波長分散耐力の向上に向けた符号化PAM方式の検討 増田 陽山本秀人河合伸悟福徳光師NTT
(19)
OCS
13:50-14:15 マルチコアファイバを用いた56 Gbaud-PAM4伝送とC-WDMおよびLAN-WDMによる大容量化 別府翔平高橋英憲KDDI総合研究所)・権田智洋今村勝徳渡辺健吾杉崎隆一古河電工)・釣谷剛宏KDDI総合研究所
  14:15-14:20 閉会の挨拶 ( 5分 )

講演時間
一般講演(25分)発表 20 分 + 質疑応答 5 分
特別招待講演(45分)発表 40 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
CS 通信方式研究会(CS)   [今後の予定はこちら]
問合先 CS研幹事
E-: _nieice 
お知らせ ◎最新情報は,CS研究会ホームページを御覧下さい.
http://www.ieice.org/cs/cs/jpn/
OCS 光通信システム研究会(OCS)   [今後の予定はこちら]
問合先 山本 義典 (住友電工)
TEL: 045-853-7172 FAX: 045-851-1565
E-: oinfoi

木坂 由明 (NTT)
TEL: 046-859-3036 FAX: 046-859-5541
E-: a 
お知らせ ◎OCS Webページ:http://www.ieice.org/~ocs/jpn-new/index.php
◎OCS研究会では、2007年より「光通信システム研究会 奨励賞」および「光通信システム研究会 論文賞」を設立しました。毎年9月~翌年8月のOCS研究会に投稿・発表された講演を対象に選考し、翌年12月の光通信システムシンポジウムにて表彰します。詳しくはOCS Webページをご覧下さい。


Last modified: 2017-12-13 20:28:31


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会資料(技術研究報告)の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[CS研究会のスケジュールに戻る]   /   [OCS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のCS研究会 / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会