電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップ  戻る   前のSS研究会 / 次のSS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


ソフトウェアサイエンス研究会(SS) [schedule] [select]
専門委員長 中島 震 (NII)
副委員長 結縁 祥治 (名大)
幹事 鷲崎 弘宜 (早大), 高田 喜朗 (高知工科大)
幹事補佐 小林 隆志 (名大)

知能ソフトウェア工学研究会(KBSE) [schedule] [select]
専門委員長 松浦 佐江子 (芝浦工大)
副委員長 飯島 正 (慶大)
幹事 猿渡 卓也 (NTTデータ), 櫨山 淳雄 (学芸大)
幹事補佐 粂野 文洋 (日本工大), 竹内 広宜 (日本IBM)

日時 2012年 7月27日(金) 11:00 - 17:50
2012年 7月28日(土) 09:00 - 16:20
議題 一般 
会場名 公立はこだて未来大学 
住所 〒041-8655 北海道函館市亀田中野町116番地2
交通案内 http://www.fun.ac.jp/acces/index.html

7月27日(金) 午前  一般
11:00 - 12:00
(1) 11:00-11:30 アスペクト指向ワークフロー変換 〜 オブジェクト指向ペトリネットによるワークフロー表現への適用 〜 飯島 正慶大
(2) 11:30-12:00 Simulinkモデルにおけるグラフに基づく非完全一致モデルクローン検出 鷲崎弘宜村上真一深澤良彰早大
  12:00-13:00 昼食 ( 60分 )
7月27日(金) 午後  一般
13:00 - 14:30
(3) 13:00-13:30 例外イベント列の正常シナリオへの組み込み支援手法 大西 淳立命館大
(4) 13:30-14:00 UML要求分析モデルとコモンクライテリアに基づくセキュリティ要求分析の統合手法 野呂 惇芝浦工大)・小形真平信州大)・松浦佐江子芝浦工大
(5) 14:00-14:30 多数決手法によるError Prone予測手法の評価 高橋利英大西達也小形真平海谷治彦海尻賢二信州大
  14:30-14:40 休憩 ( 10分 )
7月27日(金) 午後  一般
14:40 - 16:10
(6) 14:40-15:10 エンドユーザ主導開発のためのビジネスロジックの定義方式の提案 中所武司明大
(7) 15:10-15:40 スーパーコンピュータ運用手順に対するディペンダビリティの確認手法の提案 高間翔太松野 裕山本修一郎名大
(8) 15:40-16:10 エンタープライズ系システム開発で生産性を最大化するためのTOC/CCPM適用方法について 〜 合流チェーン上の要員の稼働率向上により、全体の生産性向上を実現するマネジメントシステムの提案 〜 副島千鶴NTTデータ
  16:10-16:20 休憩 ( 10分 )
7月27日(金) 午後  サーベイ・解説
16:20 - 17:50
(9) 16:20-16:50 アシュアランスケースへの構造化文書の適用に関する調査 松野 裕ヴァイセ パトゥ山本修一郎名大
(10) 16:50-17:20 A proposed research framework for "Dependability Science" based on assurance cases Vaise PatuYutaka MatsunoShuichiro YamamotoNagoya Univ.
(11) 17:20-17:50 ディペンダビリティケース作成法に関する一考察 山本修一郎松野 裕名大
7月28日(土) 午前  一般
09:00 - 10:30
(12) 09:00-09:30 ロールプレイ演習における学習者の行動とスキルとの関係分析 立川結貴丸山 広東京工科大)・高嶋章雄湘北短大)・中村太一東京工科大
(13) 09:30-10:00 細粒度プロジェクトモニタリングのためのDaaSを利用したソフトウェア開発PBL支援環境の提案 眞鍋雄貴井垣 宏阪大)・福安直樹和歌山大)・佐伯幸郎高知工科大)・楠本真二井上克郎阪大
(14) 10:00-10:30 Alloyによるリポジトリマイニング向けドメイン専用言語の構築支援 黄 長贇中城亮祐山下一寛亀井靖高久住憲嗣鵜林尚靖九大
  10:30-10:40 休憩 ( 10分 )
7月28日(土) 午後  一般
10:40 - 12:10
(15) 10:40-11:10 プログラム構造の簡略化によるメトリクス計測方法の改善 佐々木 唯石原知也堀田圭佑畑 秀明肥後芳樹井垣 宏楠本真二阪大
(16) 11:10-11:40 ソフトウェアの機能に対応する実装構造の抽出と可視化手法の提案 風戸広史NTT)・林 晋平東工大)・岡田 敏宮田俊介星野 隆NTT)・佐伯元司東工大
(17) 11:40-12:10 動的解析を用いたコード移動リファクタリングの支援 木村秀平肥後芳樹井垣 宏楠本真二阪大
  12:10-13:10 昼食 ( 60分 )
7月28日(土) 午後  一般
13:10 - 14:10
(18) 13:10-13:40 On Extending Matching Operation in Grammar Programs for Program Inversion Minami NiwaNaoki NishidaMasahiko SakaiToshiki SakabeKeiichirou KusakariNagoya Univ.
(19) 13:40-14:10 コメント記述量の増加傾向とフォールト潜在との関係に関する定量分析 浅野遼平阿萬裕久愛媛大
  14:10-14:20 休憩 ( 10分 )
7月28日(土) 午後  学生及び若手(パラレルセッション:実装)
14:20 - 16:20
(20) 14:20-14:50 配列の次元を考慮した大域ロード命令集約 澄川靖信滝本宗宏東京理科大
(21) 14:50-15:20 サブシステム境界情報に着目したSimulinkモデルの構造評価手法 小林孝壽小林隆志名大)・久保孝行アイシン・エイ・ダブリュ)・阿草清滋京大
(22) 15:20-15:50 スライスに基づく凝集度を用いて自動分割を行うプログラム理解支援手法 平山力地吉田則裕飯田 元奈良先端大
(23) 15:50-16:20 Objective-Cによる文脈指向プログラミングの実現手法 鈴木将哉渡部卓雄東工大
7月28日(土) 午後  学生及び若手(パラレルセッション:設計他)
14:20 - 15:50
(24) 14:20-14:50 ユースケース記述における初学者特有の問題点への系統的な改善方法 松井駿介奥田博隆式見 遼野呂 惇岡田康治芝浦工大)・小形真平信州大)・松浦佐江子芝浦工大
(25) 14:50-15:20 エンタープライズ・アーキテクチャに対するディペンダビリティケース作成法の提案 徳野達也松野 裕山本修一郎名大
(26) 15:20-15:50 ModularGSNの定式化 猿渡卓也名大/NTT)・松野 裕名大)・星野 隆NTT)・山本修一郎名大

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 10 分

問合先と今後の予定
SS ソフトウェアサイエンス研究会(SS)   [今後の予定はこちら]
問合先 鷲崎弘宜 (早稲田大学)
TEL: 03-5286-3272
FAX: 03-5286-3272
E-:  
お知らせ ◎最新の情報はSIGSS研究会ホームページでご確認ください.
http://www.washi.cs.waseda.ac.jp/sigss/
KBSE 知能ソフトウェア工学研究会(KBSE)   [今後の予定はこちら]
問合先 松浦佐江子(芝浦工業大学)
E-: tuubau-it 
お知らせ ◎最新の情報はKBSE研究会ホームページでご確認ください.
http://www.sayo.se.shibaura-it.ac.jp/kbse/


Last modified: 2012-07-14 14:45:58


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会資料(技術研究報告)の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの目次)]
 

[SS研究会のスケジュールに戻る]   /   [KBSE研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のSS研究会 / 次のSS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会