電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップ  戻る   前のNLP研究会 / 次のNLP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


非線形問題研究会(NLP) [schedule] [select]
専門委員長 佐野 雅己
副委員長 引原 隆士
幹事 小西 啓治, 矢内 浩文
幹事補佐 薄 良彦, 片山 統裕

回路とシステム研究会(CAS) [schedule] [select]
専門委員長 西谷 隆夫
副委員長 金子 峰雄
幹事 阿部 正英, 中村 祐一

日時 2005年 9月15日(木) 12:40 - 17:30
2005年 9月16日(金) 09:30 - 17:30
議題 一般 
会場名 長岡技術科学大学 マルチメディアシステムセンター 
住所 〒940-2188 新潟県長岡市上富岡町1603-1
交通案内 JR長岡駅 大手口 7番バス乗り場より30分
http://www.nagaokaut.ac.jp/j/access/koutsu.html
会場世話人
連絡先
工学部電気系 坪根 正
0258-47-9558
他の共催 ◆長岡技術科学大学後援
お知らせ ◎15日の研究会終了後 17時40分より懇親会を予定しておりますのでご参加ください。

9月15日(木) 午後 
12:40 - 17:30
(1) 12:40-13:05 AWE法における非線形計画法を用いた安定化 鈴木五郎堀口和己北九州市大
(2) 13:05-13:30 平坦群遅延特性を有する逆チェビシェフ型IIRフィルタの設計 相澤正智長岡技科大)・張 煕電通大)・吉川敏則武井由智杉田泰則長岡技科大
(3) 13:30-13:55 パス追跡回路を用いた可変利得ニュートンホモトピー法のSPICE上への実装 黒木 渉・○山村清隆中大)・井上靖秋早大
  13:55-14:10 休憩 ( 15分 )
(4) 14:10-14:35 厳密解を有する不均一伝送線路の体系的導出 - 第2報 - 加藤文夫北海道東海大
(5) 14:35-15:00 阻止域と通過域の両方が同時に等リプル特性になるRCポリフェーズフィルタの素子値設計法と素子値広がりの検討 田邊寛朗谷本 洋北見工大
(6) 15:00-15:25 Modeling the Effective Capacitance of Interconnect Loads for Predicting CMOS Gate Slew Zhangcai HuangWaseda Univ.)・Atsushi KurukawaSTAC)・Yasuaki InoueWaseda Univ.
  15:25-15:40 休憩 ( 15分 )
(7) 15:40-16:30 [招待講演]中越地震・豪雪複合災害から見るレスキューRTの可能性 木村哲也長岡技科大
  16:30-16:40 休憩 ( 10分 )
(8) 16:40-17:30 [招待講演]産業応用をめざしたロボット技術 中嶋新一新潟工科大
9月16日(金)  
09:30 - 17:30
(9) 09:30-09:55 スイッチングの遅れを伴う区分的に滑らかな系の解析 坂本浩二高坂拓司福山大)・馬 躍徳島大
(10) 09:55-10:20 Bifurcation and Ideal Decomposition of Harmonic Balance Equations for Periodic Oscillation using Ideal Quotient Masakazu YagiTakashi HisakadoKyoto Univ.)・Kohshi OkumuraHiroshima Inst. of Tech.
(11) 10:20-10:45 On Control of Phase Patterns in Pulse-Driven Star-Coupled LC Oscillators Seiichiro MoroKeisuke HamamotoUniv. of Fukui)・Tadashi MatsumotoFukui Univ. of Tech.
  10:45-11:00 休憩 ( 15分 )
(12) 11:00-11:25 経済時系列のフラクタル補間法 千葉隆司松葉育雄千葉大
(13) 11:25-11:50 Improved Security for Chaos-based Stream Cryptosystems by Multi-layer Synchronization Systems Thang Manh HoangToan Minh DoMasahiro NakagawaNagaoka Uni. of Tech
(14) 11:50-12:15 魚の運動の環境負荷依存性に対するカオス・フラクタル解析 野口和博中川匡弘長岡技科大
  12:15-13:15 昼食休憩 ( 60分 )
(15) 13:15-13:40 脳表層におけるヘモグロビン濃度変化のカオス性 松下 晋中川匡弘長岡技科大
(16) 13:40-14:05 脳波のフラクタル次元解析を用いたヒューマンインターフェースの検討 飯塚拓也中川匡弘長岡技科大
(17) 14:05-14:30 事象関連電位のフラクタル次元解析に基づいた脳機能計測 江谷俊祐中川匡弘長岡技科大
  14:30-14:45 休憩 ( 15分 )
(18) 14:45-15:10 カオス状態にある位相同期ループにおけるホワイトノイズの発生 高田明雄函館高専
(19) 15:10-15:35 IIRフィルタを用いたウェーブレット基底のヒルベルト変換対の設計 河田邦洋長岡技科大)・張 煕電通大)・吉川敏則武井由智杉田泰則長岡技科大
(20) 15:35-16:00 複素全域通過フィルタによるロスレス画像ウェーブレット符号化 福田法旦長岡技科大)・張 煕電通大)・吉川敏則武井由智杉田泰則長岡技科大
  16:00-16:15 休憩 ( 15分 )
(21) 16:15-16:40 回路理論を利用した層幅変調超格子のバンド構造の推定法 浅倉邦彦米子高専)・小栗栖 修金沢大)・真田博文北海道工大)・鈴木正清北見工大
(22) 16:40-17:05 ジャンプ過程を含む変動要因で記述される確率モデルのImportance Samplingによるティル分布推定とその応用 譚 康融久留米大)・岸川善紀秋田県立大)・○時永祥三九大
(23) 17:05-17:30 遺伝的プログラミングによる階層的ルール生成を用いたクラスタ検索システムの構成 呂 建軍九大)・岸川善紀秋田県立大)・○時永祥三九大

講演時間
一般講演(25分)発表 20 分 + 質疑応答 5 分
招待講演(50分)発表 40 分 + 質疑応答 10 分

問合先と今後の予定
NLP 非線形問題研究会(NLP)   [今後の予定はこちら]
問合先 矢内浩文(茨城大学工学部メディア通信工学科)
TEL 0294-38-5097, FAX 0294-38-7148
E-: imxiba
小西啓治(公立はこだて未来大学システム情報科学部複雑系科学科)
TEL 0138-34-6123, FAX 0138-34-6301
E-: kn 
CAS 回路とシステム研究会(CAS)   [今後の予定はこちら]
問合先 中村祐一(NEC)
TEL 044-431-7541, FAX 044-431-7589
E-: iazc 


Last modified: 2005-07-27 11:41:34


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会資料(技術研究報告)の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[CAS研究会のスケジュールに戻る]   /   [NLP研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のNLP研究会 / 次のNLP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会